DHCテレビブログ

4月1日(金)8時「虎ノ門ニュース8時入り!1周年記念 青山繁晴×百田尚樹 対談SP」【放送直前!特別レポート】

2016/03/29 22:38 投稿

  • タグ:
  • 北朝鮮
  • 水爆
  • 原爆
  • ミサイル
  • 実験
  • 討論
  • 水爆実験
  • DHCシアター
20154月から「DHCシアター」で放送開始した、手練れの論客たちが日替わりで繰り広げる生放送のデイリーニュースショー『虎ノ門ニュース 8時入り!』

毎週、月曜日から金曜日の朝8時からお送りしている当番組は、お陰さまでこの度、放送開始1周年を迎えることとなりました。

これを記念して、ちょうど1周年の日となる41日(金)の放送で、番組レギュラーコメンテーターの青山繁晴氏と百田尚樹氏による、スペシャル対談をお送りすることになりました!

去る315日に番組初となる公開収録が行われ、観客の方々が熱く見守る中「日本が世界のリーダーになる日」をテーマに、熱い熱い対談が繰り広げられました。今回は、41日の放送に先駆けて、その内容を少しだけご紹介いたします。

fef77d7c60a146a6fd156087cd2a239670a05c39


日本がリーダーに!
冒頭、青山氏が「トランプ現象で分かるように、アメリカ一人の時代は終わる。日本に限らず複数のリーダーが出てくる時代になる。特に中国が影響力を増しているアジアでは、日本がリーダーになることを求められる。」と指摘、対談の口火を切りました。

一つ目の対談テーマは「改憲」。
安倍政権が今年夏参院選の争点として挙げている憲法の改正。敗戦後、GHQが作成した草案を受け入れてできた日本国憲法は戦後70年を過ぎた今も当時のままです。果たして安倍政権下で憲法は改正されるのか。最も注目されるのは憲法第9条です。日本が世界のリーダーになる上で第9は改正すべきか否か?両氏の見解はいかに…?

改憲は当然!
百田氏は間髪入れずに「改正すべきに決まっている!当然です、議論の余地なし!」と強く主張。日本国憲法の成り立ちや今まで戦後一度も憲法改正を行えなかった背景を説明しながら「改憲って実際に出来るんだと(国民が思う事が大切)。戦後70年経って一歩踏み出した、という(実感)が前進に繋がるのではないか、というのが僕の考え方。」と語りました。

33e5abf882ea3316d1c0ceb802de1b4152006104

一方、青山氏は現行憲法の問題点を指摘し、「(憲法について)安倍総理と野党と若い学生と、みんなの目の前で議論をすれば良い。」「日本人は決めたことを変えるのは不得手。急に9条を改正しろと言っているのではなく、リアルな政治論として(問題点を)舞台のうえに上げて見せるべき。」と主張。憲法改正をするために、どこから変えていくべきか、どうすればいいのか、激論が交わされました。

89db848f437d8b327a33cd15c55c486847451abf

 

二つ目の対談テーマは「外交」。
諸外国との問題が山積みの日本。例えば、北朝鮮の日本人拉致問題や中国との南沙・西沙諸島に関する問題、ロシアとの北方領土問題、そして今年行われるアメリカ大統領選で日米関係の今後も不安視されています。また国連の分担金がアメリカに次いで2番目に多い日本ですが、未だに非常任理事国の日本。果たして日本がこれからアジア、そして世界に対し取るべき外交政策とはどういったものなのか?両氏がこの問題に深く切り込みます。

a98135fdd70540887a2a24dcdfc8d771652e4775


アメリカが終わり『模範解答無き』世界になる?!
百田氏は冒頭から「日本の戦後の外務省・外交官は酷かった。今も酷いのは続いているが、戦後、これだけ日本が貶められているのは、外務省の責任は物凄く大きい。何とかならないのか?」と強く批判。

一方青山氏は、オバマ大統領の登場をアメリカ終焉の象徴と分析し「アメリカが終わるという事は『模範解答無き』世界に入るということ。」「官民交流制度をアメリカに倣って取り入れれば、外務省は音を立てて変わる。敢えて言うと、外務大臣は民間が良い。」と指摘しました。

これを受けて百田氏は「全官僚に当てはまるが、彼らは20歳で上級国家公務員試験を受けるが、20歳なんてガキも良いところ。世の中の事知らない。そういう20歳がそのまま官僚になる。彼らは答えのある問題を出すのが強い、つまりマニュアル。『模範解答』が頭に入っているから。しかし、経済、外務、国際問題は答えが無い。上手くいっているとき官僚は良いが、一旦トラブルがあると、マニュアルに強い官僚は太刀打ちできない。そういう時に強いのは現場で揉まれている民間人。」と問題点を指摘しました。

 

「慰安婦」杉山審議官発言は公式発言ではない?!
また、青山氏は慰安婦問題に対して国連の女性差別撤廃委員会で反論した杉山晋輔外務審議官の発言を受けて、「あれは国連の中では記録されていない。杉山審議官も分かってやったのは、あれは杉山さんが勝手に言っただけ。だからアメリカのメディアも報道しようがなかった。日本は反論したことにはなっていない。」と明かし、「メディアが責任を果たしていない。産経新聞は大好きだが、あの報道で『日本政府がちゃんと反論したんだ』と誤解を与えるのもメディアの害としては、余り変わりはない。」と言及しました。

5c93bc47ca182cf2a690e3e6568cdb98d113d3c2

日本は世界のリーダーになれるか?
終盤では、今回のテーマである「日本が世界のリーダーになる日」に関して、「それにはアピールとロビー活動が必要。だがまったくなっていない」と百田氏。青山氏もこれに同意し、「ロビー活動が弱いじゃなくて、 (やって)ない。ロビー活動とは『汚い金』も使うということ。それを日本国民が認めて権限を与えないと」「その権限を与えるのは、安倍晋三総理ではなく、私たちである。」と述べ、ロビー活動に対する国民のあるべき姿勢を提示しました。

「日本が世界のリーダーになる日」をテーマに、2時間に渡って行われた1周年スペシャル対談は4月1日(金)朝8から放送ですYouTubeニコニコ動画AmebaFRESH!ネット配信するほか、スカパー!プレミアムサービス547ch.「DHCシアター」で放送いたします。ぜひご視聴ください!

=========================================

◆『虎ノ門 ニュース8時入り!』1周年スペシャル対談
◆日時:2016年4月1日(金)午前8時〜10時 ※この番組は録画放送です。
◆テーマ:日本が世界のリーダーになる日
◆出演者:青山繁晴(独立総合研究所社長)、百田尚樹(小説家・放送作家)
      
MC:居島一平米粒写経)

◆「虎8チャンネル」(ニコニコ生放送)  http://ch.nicovideo.jp/tora8
◆「DHCシアター Youtubeチャンネル」 https://www.youtube.com/c/dhctheater
4/1オープン!「虎ノ門ニュースチャンネル」(AmebaFRESH!) https://amebafresh.tv/toranomonnews
◆虎ノ門ニュース8時入り!番組ページ www.dhctheater.com/movie/12529

 
2016年3月29日(火)DHCシアター

ブロマガ会員ならもっと楽しめる!

  • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
  • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
    • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
    • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。

DHCテレビブログ

DHCテレビブログ

月額:¥550 (税込)

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

DHCテレビ

DHCテレビ

月額
¥550  (税込)
このチャンネルの詳細