DHCテレビブログ

3月3日(木)「やらまいか」第12回レポート(ゲスト:阿比留瑠比、テーマ:「歪曲報道」メッタ斬り!)

2016/03/06 21:03 投稿

  • タグ:
  • 北朝鮮
  • 水爆
  • 原爆
  • ミサイル
  • 実験
  • 討論
  • 水爆実験
  • DHCシアター

先日3月3日(木)に『やらまいかー真相はこうだ!』をニコニコ生放送で配信いたしました。
「やらまいか」とは、毎月第一木曜日に放送される、様々な論客が"真相"を語る討論番組です。

今回のテーマは「『歪曲報道』メッタ斬り!」。
レギュラーの8人、ゲストに産経新聞論説委員兼政治部編集委員の阿比留瑠比氏をお迎えし、各々が印象に残っている「歪曲報道」の実例を紹介しながら、マスメディアの問題点について議論が行われました。
b32501263a2e6da2dacdeaebfdffe52ee5192bae


まず、「歪曲報道:巨大メディアの『騙しの手口』」の著者でもあるジャーナリストの高山正之氏が朝日新聞の「一連の原子力報道」の問題点を言及。ニューヨーク・タイムズのニコラス・クリストフ記者の「人肉報道」では、歪曲を明らかにしたのが阿比留氏であったことが紹介され、阿比留氏の口から「真相」が語られました。a708d4d16b5fe9b6fe71396c702255f13c3dce53

続いて、元駐ウクライナ大使の馬渕睦夫氏は、「プーチン悪者説」に立った報道は、日本に限らず世界中の報道が偏っていると指摘しました。
これに対し、司会の堤堯氏はクリミア占領後の2014年9月号に出た外交専門誌「フォーリン・アフェアーズ」に掲載されたシカゴ大学ジョン・ミアシャイマーの「悪いのはロシアではなく欧米だ」というタイトルの論文を紹介し、アメリカの言論の多様性について言及しました。

ゲストの阿比留氏は「ダブルスタンダードによるレッテル張り」として、マスメディアや野党は印象操作とレッテル張りしかしないと鋭く批判。民主党政権の発言を引用しながら、高市早苗総務大臣の「電波停止」発言に関する問題点についても解説しました。
dc2b79015b4a3585b376756c634c7fbd90e1fcb5


評論家の西尾幹二氏は朝日新聞やTBSの2002年の北朝鮮拉致報道で、実際にどのような報道がなされたのか紹介しました。

ノンフィクション作家の関岡英之氏は、NHKの番組を取り上げ、「電波停止に抵触してもおかしくなかった」と指摘。
24de11dc1cd3c3585b2c410c9952fedcdf26058e


このように数々の「歪曲報道」の実例が紹介された上で、ジャーナリストの福島香織氏はジャーナリストは自分に都合のいい情報を集めがちな実態に触れた上で、影響力の大きい公共放送やマスメディアは「歪曲報道」をしないよう気をつけなければならないと問題提起を行いました。

また、番組中に紹介された福島氏の新書『SEALDsと東アジア若者デモってなんだ!』に関連して、フジ産経グループが行った世論調査、SEALDsのデモに共感するか否かというアンケートで、一番共感すると回答したのが60代男性で、一番共感しないと回答したのが20代男性だったと、驚きの結果を阿比留氏が紹介しました。

番組の後半では、西尾氏が最大の問題は「テレビを新聞社が握っている」ことだと指摘。

一方、高山氏は、過去にワイドショー番組に出演した際の自身のエピソードを披露。「過激な」発言をすると、テレビ局に対してFAXや電話で組合団体から抗議が殺到し、局員は通常の仕事ができなくなったと紹介。テレビ局も被害者の一面があると指摘しました。

番組の最後には視聴者アンケートを行いました。質問は「歪曲報道を繰り返すマスメディアにはどうすべきか?」。選択肢は3つ、「国家による制裁が必要」「不買運動など国民による制裁が必要」「マスメディア自らが襟を正すべき」。アンケートの結果は、ぜひ動画で確認してみてください!(1:27:30頃)

ちなみに、今回の番組冒頭で堤氏は、日露戦争当時、伊藤博文の直令で渡米した金子堅太郎のエピソードを紹介。金子が面会したルーズベルト大統領は「アメリカで最大の権力者は誰だか知っているかね?それは「新聞」だよ」と語ったという。

これを受けて番組終盤で馬渕氏が「(ルーズベルトの言葉は)世の中の本当の支配者が誰かという指摘摘。そしてそれはむしろ強くなっている」「本来のメディアは、我々を洗脳する機能を持っているということを認識し自衛すること」が肝要と深い問題提起を行いました。

この発言を受けて、番組最後に阿比留氏は、いち新聞記者として僭越と前置きをしながらも「読者や視聴者の方にもメディアリテラシーを持って頂きたい」と語りました。

「歪曲報道」の数々の実例や、その原因など、マスメディアの問題点について深く掘り下げた今回の放送のタイムシフト期間は3月10日(木)23時59分までとなっております。ぜひこの期間にご視聴ください!


◆『やらまいか―真相はこうだ!』第12回
生放送日時:201633日(木)1630分~18
テーマ:「『歪曲報道』メッタ斬り!」
ゲスト:阿比留瑠比(産経新聞論説委員兼政治部編集委員)
レギュラー:堤堯(ジャーナリスト・元文藝春秋編集長)、
日下公人(評論家・日本財団特別顧問)、志方俊之(軍事アナリスト)、
関岡英之(ノンフィクション作家)、高山正之(ジャーナリスト・元産経新聞記者)、
西尾幹二(
ドイツ文学者・思想家・評論家)、福島香織(ジャーナリスト・元産経新聞記者)、
馬渕睦夫(元駐ウクライナ大使・元防衛大学校教授)

ご視聴URL:http://live.nicovideo.jp/watch/lv253868820

タイムシフト期間:310日(木)2359分まで

88fbc906441112d332e2cebe4de5ebc6de207e74

 2016年3月6日(日)DHCシアター

ブロマガ会員ならもっと楽しめる!

  • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
  • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
    • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
    • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。

DHCテレビブログ

DHCテレビブログ

月額:¥550 (税込)

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

DHCテレビ

DHCテレビ

月額
¥550  (税込)
このチャンネルの詳細