Central Cooking Club

茹で汁まで無駄なく!茹で塩豚◎

2014/03/09 23:46 投稿

  • タグ:
  • 一人暮らし
  • 茹で塩豚
  • 塩豚
  • おつまみ
  • お弁当
  • お花見
  • お酒のお供
  • スープ
もう3月ですね。次第に日が長くなってきて、
春もあと少しの所まで来ているかな?と
感じられるようになってきましたね。

時期にお花見シーズン到来ですね!!
今日はお弁当やお酒のおつまみにもぴったりな一品を紹介します。

茹で汁まで無駄なく!茹で塩豚◎



豚バラブロック   400g
塩         山盛り大匙1

…食材はなんとこれだけ笑
この量で我が家は(20代男女1名ずつ)で、
3日程おかずとして食べられました♪

深めの蓋付き鍋もあるとよいです。
あと、キッチンペーパーとサランラップも必須ですのでご注意を!
それでは、作り方。

1.豚ブロックの表面に塩をまんべんなくすり込む
※手が汚れるため、肉をポリ袋などに入れてやると楽ちんです!
2.1をキッチンペーパーできっちり包む
※2重に包んでください
3.2をサランラップできっちり包み、ポリ袋に入れる
4.3を冷蔵庫へ入れ、一晩寝かす
5.深鍋にサランラップとキッチンペーパーを外した3を入れ、
3が浸かる位の水を入れる
6.火をつけ、沸騰したら蓋をして20分そのまま茹でる
7.肉の上下を返し、さらに10分蓋をしてそのまま茹でる
8.竹串かつま楊枝(細めのおはしでも◎)で肉を刺し、透明の肉汁が出てきたら完成!
9.そのまま放置して冷ます

食べる際は、5mmほどにカットしてお好みのソースや調味料でどうぞ♪
一番シンプルでおすすめの食べ方はわさび醤油です!
私は小葱+ごま油+ごま+しょうゆ+豆板醤のソースを作っていただきました。
配合はお好みで。

このレシピ、すごいのが茹で汁までも活躍する!
正直、かなりの茹で汁ができます。
でも塩で味付けされただけの豚でできた茹で汁だから、
とっても良いダシがとれているんです。

ここにコンソメやウェイパァを足して、
沸騰させ、溶き卵を入れて乾燥わかめやネギでトッピングしたら
わかめ卵スープのできあがり★*+゜
次の日は冷ご飯を入れておじやにしました!
これもまたおいしかったです。

少し手間がかかりますが、その分、日持ちしますし、
ソースや調味料を変えれば飽きずに何日でも食べられる一品です★
茹で汁も、まだまだアレンジのしようがあるはずですので、
ご自分だけのレシピなんかも編みだしてみてください。

↓次回の料理教室は3月23日(日)@桃園区民活動センター@中野で行います↓





コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事