おちんちブログ

4月1日、超絶美少女の彼女が出来t

2014/04/01 21:37 投稿

コメント:4

  • タグ:
  • ネタ
  • その他
  • エイプリルフール
天井を見上げて、俺は呟いた。
「まだ火曜日か・・・」

朝にも関わらず、脳内には『今宵の月のように』が流れていた

------------------------------------------------------------------------------------
春の日差しも麗らかな快晴のある日、俺は駅に向かって歩いていた。

はあ、今日も仕事がんばるかぁ~・・・と士気の感じられない雰囲気を出しながら歩く。
あたりには、夢と希望に溢れた学生たちが和気藹々とはしゃいでいる。
俺にもあんな時代があったんだなぁと感慨に耽っていると、ふと気がついた。

俺の横に寄り添うように、黒髪ツーサイドアップにブレザー&ニーソックスという
完璧な装備を着こなした美少女が居たのだ。
どこかのボーカロイドのようなその子に目を奪われた俺は、チラチラと見ずには
いられなかった。

傍から見れば、怪しい兄ちゃんと超絶美少女という組み合わせに事案発生な状況なのだが。
チラチラと見ていると、彼女と目が合った。
ヤバイ!と思った俺はとっさに目をそらす。すると彼女から声をかけてきたのだ。

「お兄さん、おちん○んさんですよね(///)」

俺は驚いた。ここだけの話だが、俺は以前『おち○ちん』というマジキチな名前で
活動していた。それ以前にもいろんなハンドルネームがあったのだが、あまりに黒歴史
すぎてとてもじゃないけど発表なんてできない。

「あたし、Z子って言います。女子校生です(///)」

なんだ女子校生か。大丈夫だ、問題ない。

TIPS--女子校生
・漢の免罪符。制服着てても女子高生じゃないからね。仕方ないね。



俺は「フラグ立ったアアアアアアア!」と脳内で叫びながらも、いたって普通を装った。
十代美少女とお話するとか、もはや縁が無いとも思っていた。

「ちんちんさんの住所は東京都×××ですよね(///)」
「ちんちんさんの電話番号は080-xxxx-xxxxですよね(///)」
「ちんちんさんの本名はxxxxですよね(///)」
「ちんちんさんの実家の犬の(ry」

あれ?なんでこの子知ってるの?どういうことなの?
あれ?もしかしてストーカーなの?

だがちょっと待ってほしい。
こんな美少女に好かれるなんて神がくれたチャンスである。
そして、もてない俺にとってこんな娘は逆にありがたい存在である。
俺は意を決した。

「俺と付き合おうぜ」
「わ、わたしでいいんですか?キャーキャー(///)」

俺は会社に電話をして、急病で休むことを伝えた。
そして超絶美少女のZ子とともに家に帰った。

そして夜が明けた。

俺はベッドの中からリモコンのスイッチを押す。
ここまで全部ウソなのだが、グッド!モーニングの松尾アナの声が耳に響く。

天井を見上げて、俺は呟いた。
「まだ火曜日か・・・」

朝にも関わらず、脳内には『今宵の月のように』が流れていた

かつて日本を支えたサムライの子孫たちは、
アメリカ型経済大国日本でもがき苦しんでいる・・・・・・



おわり



















Q「黒髪ツーサイドアップ&ブレザーニーソの美少女はどこなの?」
A

コメント

くろとりP (著者)
No.2 (2014/04/02 00:25)
ぼくのかのじょは右手です^q^
ケンタロウ
No.3 (2014/04/02 00:46)
衛生兵・・・衛生兵ーーーーーー!!!
偽火剣
No.4 (2014/04/11 16:52)
相変わらず面白い人だ(白目
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事