CASUI(セメント)のブロマガ

Aviutlのビデオフィルタ順序

2020/09/12 12:00 投稿

コメント:6

  • タグ:
  • Aviutl

順序を変えることでサイズ変更したときの挙動が変わります

本体の上部タブにある設定からフィルタ順序の設定->ビデオフィルタ順序の設定を選択してフィルタ順序の設定を行うことができます。



また、サイズの変更も同じく上部タブにある設定から行えます。ここで変更できるサイズは最終的に出力(エンコード)する動画のサイズになります。



Aviutl本体の環境設定で予め解像度リストを乗せることで、自分がよく使う動画のサイズを選択することができます。数字と小文字のx カンマを使い、 横のサイズx縦のサイズ, と全て半角で入力します。



フィルタの順序を設定する画面では、それぞれのフィルタを上下に移動させることで優先順位を変更します。(追加でフィルタを導入するとここで調整可能なフィルタの数は増えます)上に行くほど優先順位が上がります。サイズの変更と拡張編集の優先順位を変更することで、サイズの変更を行ったときの挙動が変わります。


上の図の通り最初にサイズの変更を行ってから拡張編集を適用する場合

上の図の通りの設定にした上で、拡張編集で1920x1080(FullHDという規格で、現在普及している高画質なサイズ)のプロジェクトファイルを作成し、本体の方でサイズの変更を行います。(拡張編集のサイズとAviutl本体のサイズが別々に存在するので注意してください。)

画像サイズを小さくすると、元の画質は維持されますが画像の一部がカットされるため、見かけのサイズが大きく見えます。また、画像サイズを大きくすると見かけのサイズは小さくなり、余白(黒ですが)が追加されます。



イメージとしては下の図のようになります。Aviutlはまず最初にダミー動画を作成します。次に動画のサイズを小さくしてから、相対的に大きい拡張編集の画像をはめ込むので、さっきの結果になるわけです。



最初に拡張編集を行ってからサイズの変更を適用する場合

次は拡張編集とサイズの変更の優先順位を入れ替え、同じ条件でサイズの変更を行いました。ご覧の通り、サイズの変更を行っても見かけのサイズは変わりません。ただし、640x480は縦横比が異なるため、それに合わせて画像が歪んでいます。

サイズを小さくした場合は画質は当然低下しますが、サイズを大きくした場合は画質はそのままです。別に高画質になるわけじゃないのでサイズを大きくするのは全くの無意味ですが。



イメージとしてはこんな感じです。先に拡張編集を適用してから動画のサイズを変更するので、拡張編集の画像も一緒に変更されます。



余談ですが、Aviutlで4Kサイズの動画を編集するのは、ソフトウェアの性能的に厳しいと思います。

画像サイズを変えた時に挙動がおかしいと思ったときはビデオフィルタの順序を疑ってみてください。

追記

二ノ瀬さんの情報によると、ビデオフィルタ順序の設定で拡張編集よりもサイズの変更の優先順位を上げた際に、拡張編集に読み込む動画の横幅が縮む事があるみたいです。サイズの変更の優先順位を下げることで改善するとのことですので、参考にしてみてください。

コメント

二ノ瀬泰徳
No.4 (2020/09/14 10:45)
サイズ変更と拡張編集の順番だけが問題で
サイズ変更が拡張編集で上にあると起こります。
私の動画サイズは1920×1080で
拡張編集の方のサイズ設定は空白のままです。

その状態で拡張編集の方に
画面端まで映像があるようなMP4を入れると
左右の端が合計5%くらい縦長に圧縮されたようになります。

私の環境だけかもしれませんが
AVIUTLのサイズを変える前は起きていなかったので
AVIUTLのサイズを変えるとフィルターの順番も
気にしないといけないかもしれないという可能性を
感じました。
CASUI(セメント) (著者)
No.5 (2020/09/14 21:22)
>>4
困ったわ。やはり自分ではどうにも再現できない。今までそういう現象が起きたことは無かったから、これについては内部で何が起こっているのか皆目見当がつかないです。ただ、Twitterで見たところ、読み込む動画によってはそういうことはあり得るようです。(ツイートのリプライが非公開になっているので、細かいことまでは分かりませんが何かの仕様?らしいです)一応頭の中に置いておきます。
二ノ瀬泰徳
No.6 (2020/09/16 12:24)
aviutlの方の選択サイズが1980×1080に誤入力されていたせいで起こっていた現象でした。
お騒がせいたしました。

今回の失敗で分かったaviutlの仕様ですが
1980で投稿した動画はyoutubeでは上下に黒い隙間ができます。
でもaviutlのディスプレイ再生では黒い隙間はできませんでした。

それは私がサイズ変更にチェックを入れていたために
1980の誤設定に1920を入れると画像を歪めてでも合わせてくるのです。
サイズ変更が拡張設定より優先されてると拡張設定も巻き込んで引き延ばされていたわけです。

サイズ変更はむやみにチェック入れておくと危ないかもしれないですね。
サイズ間違っても知らん顔して合わせてきます。便利ですが。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事