ōrz のブロマガ

sm24038720のステージ窓と外の仕組み 説明

2014/07/29 05:25 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • MikuMikuDance
コメントで褒めていただいたので説明しちゃおうかなと思いまして・・・


この動画はMMD9.10で背景などは
ステージ(モデル)2種類、スカイドーム(アクセサリー)2種類を使って作りました。
場面が7つ切り替わります。
場面1 内側 モデル 舞踏会風ステージ(舞踏会風ステージ Ver2.0:まきがね様)
    窓外 アクセサリー 宇宙(無駄に壮大な超ド級アクセサリのP様)
    (場面3の予告)
場面2 内側 舞踏会風ステージ
    窓外 アクセサリー 湖畔(スカイドーム 湖畔:額田倫太郎・猫々様 )
    (場面4の予告)
場面3 内側 宇宙(回転モーション プラネタリウム風)
    窓外 湖畔
場面2に戻り4へ変化
場面4 内側 窓外ともにアクセサリー湖畔
場面5 内側 湖畔
    窓外 モデル ケロリン町(ケロリン町2.0:BTA/kerolin jo様)
    (場面6の予告)
場面6 内側 ケロリン町
    窓外 湖畔
場面7 内側 舞踏会風ステージ
    窓外 湖畔
   (場面2と7は同じ)

これを1つのpmmで実現しています。(場面ごとに分けて出力後編集の方が楽ですが)
AviUtlは字幕追加とx264GuiExのエンコードで使用

モデル改造は2種類 舞踏会風ステージに全材質透明化モーフを追加したこと(重要)
と 付属の窓_ガラス戸.pmxを アクセサリーxとしてエクスポートしたことです。
そして種は 窓_ガラス戸(pmx2つ,x1つ)を3つ使っていることです。
窓の透明化モーフ(2つ)は元々のものを使いました。
同じモーフを舞踏会風ステージ.pmxに全材質を指定して(IDを-1にする)追加しました。

基本事項として
1.材質の非透過度(アルファ)は 0~1が有効で0の時に透明(透過状態)になります。
2a. MMDでのモデルの非透過度の制御は[表示IK外観スイッチ]と
  モデルの(に追加した)[透過度モーフ]で制御できます。
2b. MMDでのアクセサリーの非透過度の制御は[表示スイッチ]と
  Tr指定値(非透明度)で制御できます。
3.全材質が透明な(非透過度0)モデルやアクセサリーは描画順を考慮されず
 そのモデルが無い(非表示と同じ)とみなされます。
 (最初気づかないで時間がかかりました)
4.(存在する)透過状態のモデルやステージの透明材質の向こう側に見えるのは
 描画順が先の(リストで上の)アクセサリーやステージとなります。
 カメラから見て窓の向こう側の座標にあるものです。

描画順



さて基本事項と上の描画順を見ていただければ大体わかると思います。
(試行錯誤したので必要以上に手間のかかることをしているかもしれません)
補足
1.場面1で宇宙が窓の外に見えているのは窓を全部非表示にして舞踏会風ステージの
  窓部分の材質のない所(当然描画順は関係なく)に宇宙(Siを100で一番遠い)が
  見えています。透過関係なし
2.場面3で内側に宇宙が見えているのは今度は舞踏会風ステージが非表示だからです。
  あるいは全材質非透過度0で透過関係なし
3.その他の窓の外は透過による描画順と非表示の組み合わせです。
4.材質モーフに干渉するエフェクトは使っていません。

これで説明できていると思いますが説明が間違ってるかも(すでにうろ覚えなので)しれません。ご質問いただければ更に説明を追加します・・・




コメント

そらっち
No.1 (2014/07/29 06:14)
なるほど!!ありがとうございました^^
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事