帽子と眼鏡の色々ブロマガ

全国麻雀試験対策其の弐 待ち当て問題について(中級編①:人名待ち)

2014/01/25 03:20 投稿

コメント:4

  • タグ:
  • 麻雀
  • 全国麻雀試験
  • ニコ生

全国麻雀試験の待ち当ての問題の中には、ニコ生試験勢の方々の名前が付いた形があります。
名前の由来は様々ですが、試験の問題として比較的出てくるという証拠でもあります。
今回はその形を紹介していきましょう。

※ここでの紹介に当たり本人の方に直接許可は取っておりません。よって今回紹介する待ちの名前は個人で楽しむに留まり、決して無関係な人の枠でコメントはなさらないようにお願いします。加えて、待ちの名付け親の方から苦情等をいただいた場合は本記事を即刻破棄いたしますのでご了承ください。



①★あげは待ち
 ★あげはさんが好きな待ちと聞いております。試験問題ではかなりの頻度で登場します。
 ex 1.) 22334455m56788s
  A 1.) 25m8s
 一盃口の形が基本ですが、隣に対子が付いた場合その対子のスジと雀頭が待ちになります。
 この★あげは待ちには応用があり、これも試験にはよく出てきます。

 ex 2.) 2233445566m678s
  A 2.) 2356m
 先ほどの応用ですが、この場合22334455と33445566の2つの★あげは待ちにとることができるため、25と36の待ちがあります。


②ちゃd待ち
 ちゃdさんに関係する待ちですが、命名の詳しい経緯は存じません。
 ex.) 3444555p456678s
  A.) 2345p
 前回紹介した3444の形にさらに5の暗刻が付いています。
 これでは4が見えませんが、これも前回紹介した煙突待ちで4の待ちが説明できます。
 4を雀頭と見た場合、34555+44という煙突待ちが見え、4がみえます。
 しかし、この説明では3を見落としてしまうので、暗記してしまうのが一番かと…。
 単騎+暗刻+暗刻の場合、単騎の隣から4種というのが基本になります。
 もっといい説明思いついたら修正します。


③皇帝待ち
 えんぺらーさんの放送中に突如出現した待ち。えんぺらーさん自身が名付け親ではない上に待ち当ての問題では出現しないため、今のところあまり浸透していない待ちでもあります。
 ex.) 1112344m345p888s
  A.) 14m
 煙突待ちの雀頭が待ちに被ってしまった形です。
 この待ちは主に点数計算のときに出てきますが、あまり気にしない方が多いと思います。
 しかし、実践では結構間違えそうな印象を受けます(※個人の感想です)。
 また符計算の際に4の単騎に取らないといけない場合があるので点数計算の際は特に注意して覚えた方がいいでしょう。


④兎待ち
 因幡の赤兎さんが名付け親です。本人曰く兎が飛び跳ねている形と聞いております。
 試験での出現頻度はかなり高いです。
 ex.) 33444555m23477p
  A.) 36m7p
 一盃口の抜くと36mが見えますが、3mと7pのシャボ待ちにも見えるという形。
 実践ではシャボ待ちが先に見えてしまい6mを見落としそうですね。


以上が現在確認できた人名待ちの形となります。
ここからは私が個人的に好きな待ちを紹介します。出現頻度はやや低いですが、初見では間違いやすいので覚えておいて損はないでしょう。


 ex 1.) 3334555m555p678s
  A 1.) 23456m
 3334と4555の形が同時に見えるかがポイントです。
 試験で出た場合は暗記してしまった方がいいでしょう。

 
 ex 2.) 4445566m345p222s
  A 2.) 4567m
 4を雀頭とすると45566で47待ちが見えますが、加えて56のシャボ待ちもある形。
 この形だけだとわかりやすいですが、周りに牌がくっつくと途端に見えにくくなる形です。

この待ちに新たな名前が付く日を心待ちにしています。


 因みに、まだまだ典型的な待ちは沢山あります。
 しかし、ここまでの内容を覚えてしまえばおおよそ6割は解けるんじゃないでしょうか。
 残っているのは一盃口形、槓子使い形、ノベタン+α形位がぱっと出てきます。

 次回はその辺を紹介したいですが、理解し切れてないので記入漏れ多々あると思います。
 「へーそんなまちがあるんだー」くらいの軽い気持ちで見てもらえると助かります。
 もっと複雑な待ちを知りたい場合は他の方のブロマガを見たり、自分で調べるといいでしょう。


 次回に続きます。
 ではでは~


コメント

帽子と眼鏡 (著者)
No.2 (2014/02/27 00:51)
>>1
兎さん
個人的には、人名待ちの多くが単体ではなく他の面子と複合することで難易度が格段に上昇するという印象です。
一貫性と呼べるかはわかりませんが、それだけ強い印象が残るいい待ちだなーという感じです。
コメントありがとうございました。
ととま~る
No.3 (2014/03/17 20:14)
こんにちわ。

>>ex 1.) 3334555m555p678s
>>  A 1.) 23456m
この待ちは井出洋介さんの本によると「サンドイッチ待ち」と呼ぶそうです。

他に井出さんの本で載ってる形だと、
ex3)2223334m
A3)2345m
というのがあって、これを「オープンサンド形」というらしいです。

帽子と眼鏡 (著者)
No.4 (2014/03/17 22:33)
>>3
ととま~るさん、情報ありがとうございます。
実はサンドイッチ待ちは何度か本で見かけたことがあります。
しかし、この記事では一般的な名称は極力紹介していません。
ここにある人名待ちは一部の人々の「愛称」に過ぎません。
どうかご理解の程よろしくお願いします。

私個人の方針として、この記事ではニコニコ内で命名されたものを主に紹介しています。
情報は大変ありがたいですが、この記事ではサンドイッチ待ちとして紹介しない予定です。
すいません。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事