ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

カリヲのブロマガ

儚い女性下着履かない

2014/06/12 23:42 投稿

コメント:51

  • タグ:
  • 女性
  • 衣服


 これは個人的偏った思考の意見であり、社会一般常識もしくはデータ計測上に基づくものでもないということをご理解頂き、読み進めていって欲しいと思う。


 女性服、といっても今ではあらゆる型や物が存在する。女はスカート!という絶対的な観念上の考えだけではなく、スーツや私服などでも女性用のズボンやユニセックススタイルの衣服は多々存在している。しかしながら、いわゆる『制服』と呼ばれるものでは、女性はスカート、男性はズボン、女性は赤で男性は黒といったような衣類性差別的な社会は多い。性差別が全て悪いと言っている訳ではなく、もともと構造が違う生き物である故、差別があって当然であるとは思う。しかし、私の言いたいのは服のセクシャリティのことではなく制服、とくに作業服の効率性について述べていきたいと思う。効率性というよりも、効果性と言うべきか。

 例えば同じ業種で男女の制服が性差別型(形が異なる)ものとしよう。男女で同じ業務内容をこなす上でそのそれぞれの服の形式が異なるというのはいささか何故なのであろうか?一般的に日本社会においてのオフィス関係の制服で最大にして異なる点といえば、『リボンとネクタイ』『スカートとズボン』『丸みを主張としたラインと、角ばったライン』といった点だろう。中でも構造的に左右するものでいえばスカートとズボンである。スカートでもプリーツのもの種類は様々だが、例えばタイトスカートである場合は、極端に大股を開くことができない構造であり、ここに行動の制限が生まれる。私自身がよくタイトスカートを履いたままマウンテンバイクにまたがりスカートを幾度と廃棄送りにしてしまったのは今でもいい思い出である。タイトスカートでなかったにしろ、スカート最大の難点といえば、『中を見せないようにかばう』につきるであろう。それと同時に中身はおろか、『脚をみせる』という観点もセットでやってくる。ここで言う脚とは太ももから足先まで含めた脚のことを言う。

 制服がスカートの場合、布で覆っていない脚部分は自己の判断で補う必要が出てくるのだ。

そこでまず素肌を隠す『タイツ又は靴下』などが発生する。効果としては脚の露出を抑え、清楚観としたたかさを強調させる。足元、履き物においては、制服に規定がない場合、この場においてはオフィスの制服だ とすれば、ヒールのある靴(パンプス)を履く女性も多い。作業に支障がある為、通勤だけオシャレ靴で仕事時は履き替えるというパターンもあるが、ヒールを履いての動作は平底のものと比べ、あきらかに安定感がなく脚にも負担がかかり不自由感は否めない。まるで中国の纏足(テンソク)のように女性の脚を折り曲げ、女性の行動を制限し、人形のような存在にするといったものと類似しているようにも見える。ヒールを履くことの効果(利点)においては、かかとを高くすることによって尻が高くなり見栄えがし、注意してゆっくり脚を運ぶ動作が動作美(したたかに見える)に繋がる。スカートもこれと同時に、中身が見えないように(ロングの場合は裾が汚れないように等、裾をかばう動作などは着物の仕草などにもみられる)足癖に気をつけ、しゃがみ方、階段の登り方がズボンの時より大人しくなることが考えられる。服装により、行動が制限され、そしてその行動に新たな効果が生まれる。ここに男性と差別化された女性服には、男性のような効率的ではない、新たな効果を生む為のだということがわかる。運動能力に限定していえば、身体の構造が元々違う為、同じ水準で女性と男性を同等として測るとうことこそ無理な話であり、男女差別というものは少なくとも運動能力の面に関しては不可欠なものであると考える。それと同時に女性は男性と違う面での必要性や能力を問われる。それが、見られること。それは腕力を持ち合わせない故に培った魅力という能力の武器である。それは遺伝的に天性で持ち合わせていいる能力に限らず、工夫や鍛錬によって得られる魅力もある。それが化粧や衣服、装飾だったりするのだ。仕事において(制服をまとっている時以外)でも自分から意図的にスカートやヒールなどお洒落を決め込むというのは、少なくとも人に自分を「みせる」という意識を持ってそう振る舞っているにすぎないのだと考えられる。

 余談だが、作業効率においてだけでなく「みせる」「みられる」という要素が女性に架せられることで、一見、見えない部分も次第に気にするようになる。例えば、見られないように隠していたスカートの中身が、もし見えてしまった場合、その時にパンツが見られるという現状が恥ずかしいというだけでなく、例えばゴムの伸びたゆるゆるのパンツだったり、染みったれたものなど、さらに恥をかかないように、外面的を見られない部分にまで気を使うようになる。もっといえばブラジャーなどは風のいたずらでつい見えてしまうなどということはほとんどない。しかし、意図しても見えない部分にも美意識を持てば、ゆるゆるのパンツなど履かない、ブラとパンツのデザインは上下で、会わせるなど、気を持って努力するようになる。ブラジャーなどは一般に洗濯すると型くずれする為、30回つけたら廃棄にするであったり、物によってはストッキングなどはすぐ伝線してしまうため一回履いたら廃棄など、見せる為の衣類装飾品は耐久性が低く、頻繁に買い替える必要性も出てくる。この服に合うスカートを、合わせる色のアイシャドーを、ネイルを、靴を、アクセサリーを、髪型を、、、こだわり出したらきりがない。金銭的に、時間的に、労力的に、、、


魅力という能力は、言葉の通り爪を磨くように作っていくものである。

少しでも永く、いい形のブラをつける為に、今日もロックマンの武器エネルギー回復アイテムのような形をしたブラジャー専用洗濯ネットに入れて、下着を洗う日々は続く。






はじめまして、つたない画家を営んでおりますカリヲと申します。この場をお借りしてご挨拶と紹介をさせて頂きます。私的な文章の他制作などもちょこちょこしております。よろしければサイト等にごアクセス頂きお目通り頂けましたらと存じます。

最近HPができました。http://qariwo.jimdo.com

Twitterアカウント、@qariwo 、作品アカウント@taturou62 、@caliwOX

ブログhttp://blogs.yahoo.co.jp/kario4970






ロックマン 10 ゴム製キーホルダー エネルギータンク 北米正規品 http://ichiba.nicovideo.jp/item/azB005JL3CQY


ロックマン 10 ゴム製キーホルダー 北米正規品 Megaman Running http://ichiba.nicovideo.jp/item/azB005JL3D8G

図説 小学校制服百科 http://ichiba.nicovideo.jp/item/az4344824407

全国企業アルバイト制服図鑑〈PART1〉 http://ichiba.nicovideo.jp/item/az4812415667

女子高生制服型録 No.1 (EICHI MOOK) http://ichiba.nicovideo.jp/item/az4754251954

ビジネスファッションルール 武器としての服装術 http://ichiba.nicovideo.jp/item/az4799313150

洗濯ネット ブラジャーネット azB00J7LKZQChttp://ichiba.nicovideo.jp/item/azB00J7LKZQC

C-Princess ランドリー洗濯袋 洗濯ネット レック角型洗濯ネット http://ichiba.nicovideo.jp/item/azB00G2UD97I




ナルエー:お洒落な下着専用 洗濯ネット【ランドリーケース】メール便OK! 10P3Aug12

価格:1,296円
(2014/9/3 13:44時点)
感想(2件)

【レビューを書いてメール便送料無料】洗濯ネット かわいい水玉柄 円柱 ブラ下着)【10P01Feb14】【RCP】

価格:186円
(2014/9/3 13:47時点)
感想(1件)

ロックマン 10 ロックマン キーホルダー (北米版 03)

価格:990円
(2014/9/3 13:49時点)
感想(0件)

ロックマン 10 ラッシュ キーホルダー (北米版 03)

価格:1,350円
(2014/9/3 13:50時点)
感想(0件)

コメント

あまみん
No.51 (2014/06/16 03:34)
ノーパン談義かと思ったら割とまともだったww
服部ジライヤ
No.52 (2014/08/11 21:53)
 ホムペ拝見しました。「水囊」という衝立がものっそい欲しい・・
うちわも素敵なデザインですね。モノトーンが涼しげで、眺めているだけで
暑さが和らぎそうです。まさに「効果性」を付与されていますね。
シンプルでそれほど大きい絵でもないのに鑑賞に耐えうるところが流石、画
家さんの描く絵なんだなぁとひどく感心してしまい、しばらく画像を見入っ
ていました。

 静画も拝見しましたが、精緻さ・繊細さの集積によるものなのか 静かな
迫力を感じます。

 過去記事も少し読ませていただきました。ユニークな視点からの思索をあ
えて硬質な文章で表現することで、なにか凄味のある可笑しみに変異してま
すね。まさか最後に「ロックマンのアレ」みたいな単語が飛び出すとは思わ
なかったw
 
 初コメにて長文失礼しました。
・・・なんか無性に日本画展とか行きたくなった。
カリヲ (著者)
No.53 (2014/08/13 06:22)
服部ジライヤさま

Webサイトご覧いただきありがとうございました。(^ω^)
まだまだサイト編集も文章も拙いものですが、素敵なご感想いただきとても嬉しいです。
最近はあまり更新できておりませんが、 また皆さんに喜んでいただけるようなものをあげていけたらと思っています。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事