新!世田谷コーヒー宣言

2021年 3月のおすすめセット

2021/03/04 08:15 投稿

  • タグ:
  • コーヒー
  • マンデリン
  • コスタリカ
  • インドネシア
  • カフェテナンゴ


創業以来、一度も販売したことのないインドネシア豆を限定で販売する。
インドネシアコーヒーといえば『マンデリン』。スマトラ島で収穫されるアラビカ種を指すブランド名である。
なのでこのビートルもマンデリンという名前で販売しても差し支えないのだが、それは古い売り方なので、現代的にロット名での販売にした。

一般的に深煎りにされて販売されることが多かった為、「苦い」というイメージが定着している。
とても特徴的なコーヒーで、草っぽく、食用ビーツのようなアーシーさに加えて小さな赤い果実を思わせる甘い香りがある(良品に限る)。20年くらい前はよく飲んでいたので、最近のマンデリンはどんなものかという個人的な興味とスタッフ達の勉強のために今回限定で仕入れを決定。

ちなみにビートルという名前は、このコーヒーが取れるリントン地区で良く見られるカブトムシから取っているそうだ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
生産国:インドネシア
エリア:北スマトラ、リントン
品種:ジェンベル、シガラルタン etc.
標高:1200~1300m
精製:スマトラ式
生産者:ドロッサングールの小生産者

焙煎度:R:3 or R:5

<フレーバーコメント >
クルミ、シーダー
生クリーム

おすすめセットの購入はこちら




カンデリージャは、創業前からずっとお世話になっているマイクロミル。ビッグサイトでコーヒーの展示会に来ていたオーナーのリカルドと名刺交換をしたのが始まりで、その時からずっと仲良くしている。

リカルドは、コスタリカで3本の指に入る巨大な農協のトップを務めていたので一時期カンデリージャを離脱していた。2年前に農園を訪れた際には、カンデリージャに戻っていたが、もう実務は息子に任せているようだった。
栽培から精製までコーヒーに関しては本当のプロで、マイクロミルのコンサルタントをやっていたこともある。
私はリカルドに連れられてマイクロミル立ち上げの現場に連れて行ってもらったこともある。

コスタリカの中でも特にタラス産のコーヒーを愛してやまないのは、このカンデリージャこそが私にとってのコスタリカマイクロミルの原点だからだ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
生産国:コスタリカ
農園:ラ・カンデリージャ
品種:カツーラ
標高:約1450m
精製:フリーウォッシュト
オーナー:リカルド・エルナンデス

焙煎度:R:2

<フレーバーコメント >
アプリコット、オレンジ
メロン、ジューシー
蜂蜜、メープルシロップ
ヘーゼルナッツ



おすすめセットの購入はこちら

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事