cacoのブロマガ

天体のメソッド 第6話「本当の友達」

2014/11/15 16:58 投稿

  • タグ:
  • アニメ
  • 天体のメソッド
  • 感想
←前話:第5話「光の花」   次話:第7話「私のなくしたもの」→
第6話のあらすじ
  • 商店街の福引に参加する乃々香とノエル。ノエルは一等の温泉宿泊券、乃々香は三等の圧力鍋を欲しがっていたが、当ったのは二等の円盤クッション。
  • 自宅の店の手伝いをしていた柚季。帰ってきた湊太は、柚季がもらった温泉宿泊券に興味を示すが、柚季は「湊太の分は無い」と突っぱねる。そのあと柚季は何か思いつき、こはるに電話をかける。
  • 宿泊券が手に入ったから次の休みに温泉に行こうと乃々香を誘うこはる。「誰かは言えないけど、真っ直ぐで分かりやすい子」からの誘いという。(たまたま話を聞いた風の)柚季も含め、3人で行くことになった。
  • 乃々香は余った宿泊券を持ってノエルを誘おうとするが、ノエルは「次の休みに汐音と温泉に行ける事になった」と嬉しそうに話すので諦めることに。
  • 宿泊券が1枚余ったということで、誘われる事を期待するような素振りを見せる湊太。夜、こはるから「次の休み空いてる?」と電話がかかってきた。
  • 宿泊当日のホテル前、最初に来ていた柚季は2番目に来た乃々香に対して「先に言っておきたいことがある」と言うが、こはるが来てしまったため言えず。
  • 店の手伝いはどうしたのか聞かれたこはるは、手は打ってあるという。しいはら本舗のレジには湊太の姿。
  • 3人はすぐ温泉に入ろうとするが、清掃中で入れず。ゲームコーナーでパンチ力を測るゲームをした後、こはるの応援を受けた柚季は乃々香に話をしようとする。しかし、乃々香が柚季をはるかに上回るパンチ力を見せた事に怖気づき、話すことは出来ず。
  • それでも、「後回しにはできない」と乃々香を湖畔に連れて行く。乃々香にしてしまったひどい事を許してくれるのなら、自分のことを殴って欲しいと頼む。
  • 乃々香は柚季の頬に軽く手を乗せるだけだった。「本気を出したら不公平でしょ?」と言う。
  • 露天風呂に入る柚季とこはる、後から入ってきた乃々香は「誘ってくれてありがとう」と2人に伝えた。そして、「今度はノエルや戸川さんも一緒に」と。
  • 部屋で3人並んで布団に入ってしばらくしてから、柚季は乃々香に対して「ありがとう」と伝える。
  • ノエル・汐音組も同じホテルに泊まり、乃々香たちの行動をなぞるかのような行動をしていた(ただし神回避連続で一度も鉢合わせない)。ノエルとのやり取りを通じ、汐音は次第に柔らかい表情になっていく。
  • 露天風呂でのノエルが「一緒だと楽しい」と言うが、汐音は「誰かと一緒だと何だっていうの?」と言う。それに対しノエルは「ぽかぽかする」と答えた。
  • 翌朝、北美行きのバスを待つ汐音とノエル。「ノエルと汐音は友達だよね?」というノエルに対し、汐音は「勝手に決めつけないで」と突き放す。しかし、ノエルは構わず円盤クッションを渡す。汐音はちゃんと受け取って持ち帰った。
  • 家に帰った乃々香。母・花織の写真を居間へ移した父・修一に対し、「お願いがある」と言う。

考察のようなもの
第6話は新たな展開への布石回。後で振り返った時に色々掘り出せそうな気配です。
一方、気楽に見られる息抜き回あるいは温泉回と言う名のテコ入れでもありました。

正直助かりました。4話・5話の密度が続いたら体力が持ちませんw
というわけで、今回は短めに済ませます。
  
第6話のクライマックスは、柚季が乃々香に「私を殴って」とお願いするシーン。結局乃々香は柚季の頬に軽く触れるだけでした。彼女の言う「全力でやったら不公平でしょ?」というのは、前のシーンでのパンチ力の差、という事だけではないでしょう。乃々香自身が7年前の大切な思い出を色々忘れていたこと、それに対して「おあいこ」という意味合いが大きいと思います。
もう一つポイントとして挙げるなら、布団に入ったまま柚季が「ありがとう」と言う場面。どことなく2話の「ありがとう」(円盤反対に協力するという乃々香に対しての言葉)と重なるものがありました。これでようやく、7年の時を越えて本当の友達になれたといった所でしょうか。
今回、柚季は本質的にはとても素直な子だというのが際立っていました。

  
一方、ノエルと汐音です。誰に対しても心を開こうとしない態度の汐音ですが、ノエルに対する時は随分と柔らかい物腰になっていきました。
みんな(視聴者含む)を笑顔にする、ノエルの力は凄まじいなと思います。

次回以降への伏線について
①「ありがとう、か…」
 
ホテルの部屋の窓際で物思いにふける乃々香。
ラストシーンで母・花織の写真を持って来た父・修一に「お願いがある」と言ってる所につながると考えるのが自然でしょう。
そして、柚季の「ありがとう」に対する何らかの答えとしての行動という気もします。
7話以降でまずは、母親絡みのエピソードへと繋がっていきそうです。

②「友達なんて、もう二度と作るつもりは…」
  
汐音はずっと友達を作ることを忌避してきた様子。恐らく7年前、「乃々香に裏切られた」と思ってしまう出来事があったのでしょう。果たしてそれは?
しかし、ノエルとのふれあいで友達の良さを思い出しているようでもあります。
このあたりが①に次ぐエピソードになってきそうです。

③湊太はもうすぐ留学
  
湊太のこはるに対する思いはどんなもんなんでしょうか。
こはるの方はなーんにも思って無さそうですが。
ラブコメの波動を感じます。

④「ノエル=円盤」の真意
  

この点については、3話でノエルが乃々香に明かして以来、全く触れられていません。乃々香が完全にスルーしちゃってます。今回も特に。
しかし、汐音が毎日円盤を撮影して記録していることなど、今後何らかの展開がありそうな雰囲気ではあります。
汐音がノエルの写真は結構たくさん撮っている=観察対象と捉えている、と考えてみたら・・・

その他諸々

温泉の作画いいですよね
  
  
邪な心抜きで純粋に「美しい」って思ってしまいました。
月と円盤に照らされた露天風呂の情景。
乃々香たちの本当に気持ち良さそうな表情としぐさ。
洞爺湖温泉に行きたくなってきます。
 
そういえば提供絵も良かった。
乃々香とこはるの表情w

汐音の初笑顔(回想除く)
 
デレたら絶対かわいい(確信)
乃々香さん早く攻略してください

なんという制服
  
5話の次回予告見て学園祭の衣装か何かだと思ってたら。派手すぎるでしょこれw

今週のノエルのテーマは「ぽかぽか」
  
温泉に入り、汐音と友達になり、身も心もぽっかぽかです。
視聴者もぽっかぽかです。

当ページの画像は著作権法第32条に基づき『天体のメソッド 第6話「本当の友達」』より引用しています。
画像の著作権は各権利者に帰属します。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事