ぶるぼんの日常【仕事・遊び】

なぜ今更、旧作ルパンを使ったのか。ある意味嬉しいのだが。

2016/09/22 17:17 投稿

  • タグ:
  • ルパン三世
  • 旧ルパン三世
どーも。
ぶるぼんです。

ディスカウントストアの入口で子供が指さして一言。
「あっ!ルパンだ!」

ルパンファンの私としては何!とすぐさま気になったが、普通に考えてルパン対コナンか
もしくは今のSP番組ルパンだな・・・と思った。
私はルパンファンで一応作品は見ているが、旧作と最新TVシリーズが好きなのだ。
マモーとの対決も好きなのだが、間違ってもあのキャラが一般受けするとは思えない。

もしかして、新作TVシリーズの可能性は捨てきれないのと、ちょっと古いものが倉庫から
出てきた可能性も捨てきれない。人がいなくなったのを見計らって猛ダッシュで確認。

「はぁ?」

「なんだっこれは・・・」

速攻で購入しました。



新品タオルで、旧作ルパンのキャラデザインのバスタオルですよ。
これは何かの嫌がらせなのか?と思うぐらいです。
調べてみると、間違いなく公認の正規品でした。
ここのメーカーは色々なキャラグッズの制作もしており、このほかにもデズニ、トトロ
など数多くのグッズを正式に販売してます。

大判バスタオルは70×140というでっかいサイズですが、イラストはかなり引き延ばした
感じがします。調べてみると、小型バスタオルで同じ柄が使われてました。
同じデザインでした(ルパンのイラストだけ。デザインは違う)
どちらも旧作で作成されてますね。当然だけども。

なにがそんなに不思議?と思うかもしれませんが、これだけルパンキャラが多く存在し、
グッズ用のイラスト提供や使用許可と考えると、あえて旧作をもってくるのか?
そんなこと考えたわけです。
旧作とは限らないとも言えますが、厳密にいえば旧作の原画ではないしね。
全体像では旧作の設定に忠実に描かれたものといえばいいのかもしれません。

特徴は目の大きさと鼻の形、これは旧ルパン設定資料の表情衆での注意ポイントが
しっかり描かれてる。目の下のほほの斜線も書かれている。
旧作ルパンでは色分けとかではなく原画で頬は斜線で描かれている。

特徴はルパンの手とワルサー。これも大塚作画ならではの特徴がある。
しかしこのようなポーズでワルサーを抜くシーンはなかったと記憶している。
ルパンの全体像で若干違うのでは?(旧作ではないかなと思う部分)と感じるのは
腰から足の部分、赤ジャッケトルパンのような感じもある。
旧作ルパンは大人のルパンであまりポーズはつけないのだ。
ワルサーを抜くときはしれっと・・殺す時で、ももちのおやじやクラリスの原型を拉致った
おやじを殺すときである。
どちらもポーズや状況が違う。
しかしながら、あごの線や手の書き方などは十分すぎるぐらい大塚作画を周到している。

いままでも、ルパンタオルやマグカップなど製品はあるが旧作モチーフは初めてだ。
スタイリッシュルパンは赤ジャケットのルパン三世80からですからね。

いまではよくわからん名探偵とのコラボやパチンココラボなので、販促品でも
ルパンキャラは今風でぴんと来ない。
しかしこれは・・・おっさんホイホイはかなりときめきますね。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事