ぶるすけっ太のぶるマガ

感想解説:魔女の旅々

2017/11/06 18:55 投稿

  • タグ:
  • ラノベ
  • レビュー
  • 感想
  • ぶるすけっ太
  • 読書感想
  • 雑記
  • 解説

こんばんワン。ぶるすけっ太です。
今回は



ラノベ「魔女の旅々」

自称ラノベソムリエが職場にいるのですが
話の種に「何作品かおすすめ教えて」ってお願いしたら
普段の仕事の資料より手の込んだ「おすすめラノベ50選」
大変ありがたく受け取りました。
よくよく出版連載状況調べたら書籍化されてない作品もあったので
とりあえず書籍化されてる物で面白そうなの消化しようかなと
無視するのもこっちから聞いた手前ね・・・。
さすがに50作品全部のレビューはしないと思います。

タイトル通り魔女が旅する物語です。
元々売れてるようなので犬一匹が何か言ったとこで
益も害もないでしょうから書きますが正直あんまりでした。
銀河鉄道、キノ、星の王子の流れでよくある
旅先で出会った人や国を通しての実社会への皮肉みたいなのが薄いなあって。
起承転結しっかりしてますし、単純に旅する日常を描いている
と見れば面白い物語だとは思います。

ただいかんせん主人公のイレイナの性格が好きになれないところが
多分ぶるさんの最初のつまずきだと思います。
年齢のわりに少し曲がってるというか何というか。
もう少し真っ直ぐ素直か曲がるにしてももう少し理知的な曲がり方なら
好きだったかも。
出てる4巻まで買って読みましたけど・・・うーん。
好きな人は好きだと思います。
イラストはかわいくて好きです。
でわしーゆー。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事