素晴らしき新世界

海外のタトゥー事情について

2016/12/08 21:34 投稿

  • タグ:
  • イギリス
  • タトゥー
  • フィリピン
少し忙しくてご無沙汰しています。一応次のイギリス飯企画は1月には投稿できるかと…。



 っで海外でタトゥーを入れるのが普通のことかどうかということに関してですが、ぶっちゃけ人によります。イギリスなんかだと上流階級では聞いたことが無いですが、中流以下だとわりとままある気がします。動画内でクリスチャン云々という話が出てきますが、宗教も関係あるかも。でもこれも宗派とかによるとしか言えないですし、キリスト教関連のモチーフのタトゥーは珍しくもないですし。
 私の肌感覚としては『推奨されるほどではないけど、目くじら立てるほどではない』ような扱いですかね。特に小さいのとかはとくに気にもされていないですし。確かに若い世代の間で特に考えずに入れる傾向はありますけど、数年前にスウェーデン人のルームメイトと議論したことがありますが、私の説明(体に傷をつける行為だとか)はどうしても相手に理解されなかったっぽいですね。
 もっとタトゥー関連で衝撃的な体験は数年前、フィリピンでとある英語の試験を受けた時のことです。数万円するかなり高い英語の試験でスピーキングの面接官がやばかったです。ネイティブでも試験管になるのが難しいレベルなので相応の学歴なりキャリアの人なのでしょうが、中年のいかついハゲのおっさんが現れました。
 それ(ハゲとか年齢)はいいんですが、まずランニングシャツ、肩から腕にかけてでっかいタトゥー、さらに態度がめっちゃ悪い。こっちっがスピーチしてるのを遮ってくるし。ちなみにこっちはスーツ。もう、かなり怖い体験でしたよ。
 ただ、その人は私の欲しかったスコアをくれたので、結果発表後は怖いどころか、キスしてもいいぐらいな気分でしたがw。





コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事