bouの駄文庫

魔法少女モノは人生でおジャ魔女以来

2013/02/21 00:29 投稿

  • タグ:
  • 漫画

 マジカルシェフ少女しずるという漫画を買いました。

 何で買ったかといいますと、最近イチ押しの漫画であるデンキ街の本屋さんというと同じ水あさと先生の漫画だから。





   ↓↓ここから、読了後の感想↓↓






     ................................................................................なんじゃこりゃ?






   ↑↑ここまで、読了後の感想↑↑





 ぽかーんってなりました。デンキ街の本屋さんとかの作風から、直球の魔法少女モノでなく、変化球のギャグ路線なのだろうと予想していたのですが、予想以上に読者を置いてきぼりにするレベルの化物でした。

 なんといいますか、「前コマシュールボケ、ツッコミ不在」という表現がしっくりきます(褒め言葉)。
突っ込みどころ満載の超展開がひたすら続く中、登場人物の誰一人としてその展開に疑問を抱かずに真面目にストーリーが進んでいきます。超展開に次ぐ超展開のため、ストーリーの進むペースも超ハイペースでして、「あれ、この漫画って1巻限り?」という疑問さえ抱いたほど(夏にしっかり2巻が出る予定みたいです)。

 まぁなんといいますか、志村新八のいない銀魂でも面白いと思えるなら買いの漫画です(どっちかというと銀魂よりもギャグマンガ日和のノリのほうが近いかも)。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事