BOSEのブロマガ

怪物の世紀・・・

2016/11/16 16:15 投稿

  • タグ:
  • 大谷翔平
  • 二刀流
  • 北海道日本ハムファイターズ
なぜ今こんなバケモノが日本球界に現れたのだろう!?



あの2年連続トリプル・スリーの山田すら霞んでしまう、あの野村御大にスーパースターと言わしめた北海道日本ハムファイターズの二刀流、大谷翔平。

 投げてはMAX165キロの豪腕、打っては誰よりも遠くに飛ばすそのバッティング、その走力や驚異的なストライドの美しいフォーム。
まるで野球の神様が今までの野球の常識を凌駕させるためにあえて甲殻機動隊なみの擬態を与えてるんじゃないのってくらいw他の野球選手が並に見えるほどの能力をたった一人に詰め込んだようなその超人的能力。
 僕など彼を見るためだけに札幌ドームに通っているようなものw
あんな類まれな能力がなんで今なの?
 たったひとつでも球界のスーパースターになれるような能力をなぜ大谷翔平という22歳の若者にぶちこんだの?それも今。なぜ今、こんな怪物が現れたの?
阪神の藤波が努力に努力を重ねれば165キロのストレートをモノに出来るかもしれない。
DeNAの筒香が松井並のバッティングセンスを磨けば50本塁打を打てるかもしれない。
しかし、藤波が50本打てるか? 筒香が165MAXのストレートを投げれるか?
もちろん否である。
 しかし、僕たちはすでに確信している!?
大谷翔平ならそのどれも持ち合わせていると・・・。
 今年の中田翔の成績が揮わなかったのも大谷が三番でその超絶な能力を目の前で見ていたからではないのか?
 元巨人の(元ヤンキースのというべき?)松井も言っていたが、打者なら誰もが一度はHRバッターにあこがれる。あこがれない打者などいない。
 しかし、いつか気づくのだ。自分はHRバッターではないと・・・ボールを遠くに飛ばす能力は努力して身につくものではなく、もって生まれた才能であると・・・。
 HR30本は努力である。しかし、年間55本ものHRを量産できるのは才能なのだと、
大谷は松井の能力を持ちながら、ダルビッシュを凌駕する投手の才能を併せ持つ。
まさに無敵状態である。
 しかし、またまた疑問が? なんでこんな怪物が今、この日本に現れたの!?

 成熟し倦怠期に入り人気低迷の日本プロ野球界の救世主なのか?大谷は?
しかし、他の選手との能力があまりにも違いすぎないか、こいつw
あまりによくできたシナリオである。ファイターズの今期の優勝を含めて・・・まるで優秀なシナリオ・ライターが書いたドラマじゃないの、これ?

 大谷はポスティングシステムを利用してすぐにでもメジャーにいくべきである。
日本で長く大谷の一挙手一投足を見ていたいのは山々であるが、栗山監督がいみじくも言っていたようにポスティングの契約金の枠をとっぱらって500億もらってそれで、大谷翔平スタジアムを日本球界にプレゼントする・・・なんてのもいいんじゃないの、などというおふざけが案外現実に起こるんじゃないの・・・そう思わせるくらい大谷翔平は現実離れした、規格外なのだ。
常識の通用しないマンガをも超越する世界へ・・・ようこそ。
 しかし、なんで今こんな怪物現れたんだろう?





 

 

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事