主婦と悪魔

合理的思考の台頭

2021/01/05 20:05 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • 主婦と悪魔
  • 漫画
  • マンガ
  • 科学
  • 多様性
  • 保守
  • リベラル

前回の続きになります。

part1
part2
part3
part4
part5
part6

part7
part8
part9(前回)











































 次回(最終章)に続く




本編補足

P9の4,5コマ目の妙子のセリフ

「人間が意識的にコントール可能な範囲は…物理的に複雑な現象だけでなく…心的構築物にも届きうるかもしれないってことか」

 これは少し過大な予測かもしれない。心的構築物は前回の話でも言及したように、物質的な構築物と違い目に見えず、かつ、物質的構造物のように各部品がはたしている機能が明確なわけでもない。さらに、心的構築物を意識的に変更しようとすること自体が、心的構築物に影響を与える可能性もある(物質的な構築物の場合、人の変更しようとする意志自体がそれに影響を与えることはない)。とはいえ、心的構築物についての研究はこれからも進み、その理解も深まっていくだろう。




 各ページで使用した画像一覧
(ストックフォトサイトから購入したもの、クレジット不要なものは除く)

1p, 3コマ目:
ムーアの法則をカーツワイルが拡張したものの画像:wikipedia掲載画像
ファイル名:PPTMooresLawai.jpg
作者名:Courtesy of Ray Kurzweil and Kurzweil Technologies, Inc.

2, 1コマ目:
平賀源内作のエレキテル(複製)の画像:wikipedia掲載画像
ファイル名:Elekiter replica.jpg
作者名:Momotarou2012

万年自鳴鐘の画像:wikipedia掲載画像
ファイル名:Myriad-Year Clock, made by Hisashige Tanaka, 1851, with western and Japanese dials, weekly, monthly, and zodiac setting, plus sun and moon - National Museum of Nature and Science, Tokyo - DSC07407.JPG
作者名:Daderot

小型の交換台の画像:wikipedia掲載画像
ファイル名:Switchboard 2 TMW.agr.jpg
作者名:ArnoldReinhold

IBM PCの画像:wikipedia掲載画像
ファイル名:IBM PC 5150.jpg
作者名:

日本のダイヤルパルス式の黒電話(壁掛け型)の画像:wikipedia掲載画像
ファイル名:Kuroden(black telephone).jpg
作者名:Tomomarusan

ジャンボジェット機の画像:wikipedia掲載画像
ファイル名:ANA B747-400D(JA8960) (9105867227).jpg
作者名: Kentaro IEMOTO

デスクトップパソコンの画像:wikipedia掲載画像
ファイル名:Desktop.jpg
作者名:EroticDesktops

4p, 3コマ目/5p, 5コマ目:
典型的な動物細胞の模式図の画像:wikipedia掲載画像
ファイル名:Biological cell.svg
作者名:MesserWoland および Szczepan1990

8p, 1コマ目:
ブエノスアイレスのスラム街の画像:wikipedia掲載画像
ファイル名:Villamiseria4.JPG
作者名:Kakidai

六本木ヒルズから見た東京タワーの画像:wikipedia掲載画像
ファイル名:Tokyo Tower at night 8.JPG
作者名:Bo yaser









コメント

ガスト
No.1 (2021/01/11 09:13)
今回もとても面白く、興味深く、為になりました。
最終回がまだですが、今回のお話の焦点は「環境としての人」だったように思います。
昨今環境問題が叫ばれる中、つい私も「環境」というものを「人間以外のすべて」という定義で使ってしまいがちです。
大気、海、動植物、そしてウイルス。これら全ては私達人間と直接作用を及ぼす因果であり、其々が其々にとって環境である一方で
私達が生み出した文化や思考様式は、直接作用を及ぼすのは人間だけで、それ以外の全ては人間を通じて間接的に作用を及ぼす相関であるという点が、やや異なるように見えます。
そういう意味では、「人間」を独立変数として考えられるなら(目には見えませんが)、後者の方がまだ現代の私達の論理的思考能力で手が届きそうな気がいたします。

さて、そうなると文化・価値観と私達の関係を、つい「花々とミツバチ」、「イソギンチャクとクマノミ」のような共生関係だと思い込み、古... 全文表示
yume (著者)
No.3 (2021/01/17 13:18)
>>1
ガストさん、コメントありがとうございます。
今回の話は、基本的には「ヒトとは何か?」という話ですが、話がかなりとっ散らかってますので、どういう話なのかは自由に解釈してもらって大丈夫です。

>そう思うと、最後にツァトゥグァちゃんが「絶えるべきでもない」と言った理由が
>よくわかりません。
>主に「誰視点でなのか」という点が、です。

一応、ツァトグアは人類視点で言っています。
後は、このセリフは理論的な話というよりも、社会制度や慣習の多様性の確保が集団の生存戦略上必要だろうという話ですね。
人類の特徴(ヒトとは何か?という問い)や、今後進んでいく(もしくは進んでいくべき)社会の方向などを、人間は(この漫画も)考えてしまうし、考えるべきだと思うのですが、しかしながら、それは... 全文表示
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事