kazu2 のコメント

kazu2
No.17 (2014/04/03 21:58)
執筆お疲れ様でした。
かなり遅くなってしまいましたが、感想書きたいと思います。

静雅女子高の改革はかなり早く進みそうですね。
これだけ迅速に動いているということは、理事会の強引なやり方は、
かなり反感を買っていたということでしょうね。
でも、理事会の力が強すぎて、誰も言いだせなかったと。
近隣住民などもすぐに協力してくれたということは、
実は、良くない噂は流れてたのかなと思いました。
流氷ペアの告発で明るみに出たことで『これじゃダメだ』と皆が気が付いたと。
(2枚目の3人娘がカッコ良いと思いました)

『from Y to Y』・・・最後でこの名曲を出してくるのは反則ですよ。
個人的にジミーサムPさんがかなり好きなボカロPって言うのもありますが。
あの曲は好きだけど、別れざるを得なくなったカップルの歌なので、
そこもせいたかさんと『先生』の関係性を表しているな~と思いました。
でかミクさんの中では会ったことは無いですけど『先生』の存在もかなり大きくなっているんだなと思いました。
今や、『先生』はせいたかさんの中では『かつて愛した人』の範疇を超えて、『心の一部』になってる訳ですし。

看護婦さんの『入れ替わり立ち替わり~』のセリフで少し安心した自分がいました。
せいたかさん人と関わることを避けていた割には、心配されているな~と。
ちびミクさんもせいたかさんが人付き合いを避けるようになったのは自分のせいだと思っているんじゃ
ないかと思っていたのでちびミクさんも安心したんじゃないかと。

せいたかさんはこの町を離れるんですね。
『先生』のことを話していた回で、ちびミクさん共々やけに寂しそうにしていたので、
『別にこれっきりもう会えなくなる訳じゃないのに・・・』と思っていたんですが、
そういう事情があったんですね。

最後はでかミクさんの成長ぶりに驚きました。
一か月前には本人ですら想像出来なかった姿でしょうね。
人は学ぼうとする意欲があれば、いくらでも成長出来る、それがせいたかさんがこの作品で
伝えたかったことなのかなと思いました。

さて、毎回私の長い感想に丁寧なコメントを返して頂きありがとうございました。
私の場合は感想に加えて途中から曲紹介もあったので更に長く・・・(汗)
第3章に合いそうな曲を選んでいたつもりですが、いかがだったでしょうか?
もし作品執筆の参考や息抜きになっていたとしたら、幸いです。
個人的には『存在証明』(挫折P)さんと『またあした』(ふわりP)さんはかなり合ってたと思います。
『存在証明』は今にして思うとかなり的確にせいたかさんと『先生』の関係性を歌っていた歌だなと。
余談ですが、せいたかさんに指摘されて自分でも『いろんなジャンルの曲を聞いているな~』と思いましたw

これからはまた静画を楽しみたいと思います。
曲紹介も良い曲があったらニコレポのコメント欄に書きたいと思いますね。
静画の第3章ネタとして、『でかミクさんの花嫁修業』とか見たいですねw

それでは、今まで本当にお疲れ様でした。
素晴らしい作品をありがとうございました。あるのならば続編?も楽しみにしてますね!!

このコメントは以下の記事についています