未麗由 のコメント

未麗由
No.15 (2014/04/01 23:03)
UPお疲れ様です^^

当日、おそらく更新したてに読んでいたのにコメント遅れました><
まとめきれなかったので進行順に書いていきます^^;本当に長いですのでご注意ください。

前回の浦野さんの提案、ずいぶん本格的なものになっていったんですね!
地域企業も一緒になってのレベルはちょっとすごいです。
…少なからず、先生・生徒・卒業生の中に現在の学校運営に疑問を持った方がいたのでしょうね。
そしてこの事件と生徒会長の呼びかけをきっかけにして本格的に動いた…
浦野さんの言葉はそれだけ多くの人に響いたのですね^^

そして文化部代表のぐーちゃんとみらいさん、
ぐーちゃんの積極性とみらいさんの指摘の鋭さが冴えそうですね!

そしてでかミクさんの坂道を上るシーン…
この場所どこかで…と思ったら第一回に(あ、0話でしたねw)ぐーちゃんが歩いていた坂だったんですね。
…なんだか懐かしさすら感じてしまいました。

それと指輪の『from Y to Y』本名も気になるところですが自分は
「数えきれない程の罪を重ねてきた、その手に触れた事、君の隣でそっと、生きようとしたこと」
のフレーズと過去話の『先生』の話が重なりました。
そしてそこにちびミクさんの言葉
「本当に今は、過去じゃなくて未来を見ようとしてると思うョ。」
でこの歌の最後のフレーズ
「飾らない気持ちでまた出会えたらいいね…そして手をつなごう、その時まで、またね…」
これが、「未来を見ているせいたかさん」と重なりました。
本来の歌詞の意味とは違うのかもしれませんけど、自分にはそういう印象が感じて取れたもので^^;
スミマセンここは完全に深読みですね><

一ヶ月…そう、一ヶ月なんですねこの物語は。
そう考えるとホントに一ヶ月の間に色々あったんですね。
いい意味でとても濃い、そして物語に出てきた誰もが忘れられない一ヶ月になったことでしょう^^

逆に言えば、人が変わっていくには十分な時間だったともいえますね。
でかミクさん、ぐーちゃん、みらいさん、氷先生、流川先生、そしてちびミクさんとせいたかさん。
みんなそれぞれが出会い、ふれあい…そして成長し、大きく変わっていきましたね。
そして最後は学校まで変わっていく…
この物語のキーワードの一つは「出会いと成長」かな?と個人的には思っています^^;

で、でかミクさん!
大胆にもプロポーズとは…読んでいて「言ったーー!」と思わず口走ってしまいましたw
その本気さ、十分に伝わったようですね^^せいたかさんあっけにとられちゃってます。
…「せいたかさん、おじいちゃんになっちゃうまでにはそうしてね♪」
の後のやり取りはどこかで聞いたことあるなあどこだったでしょう^^;思い出せないw
最後のせいたかさんの「…考えとく」はあの時の『先生』の言葉とシンクロしてるのでしょうねw
あの事件の時もせいたか先生は『先生』とでかミクさんを重ねていましたし、そしてそこにプロポーズしたでかミクさんと当時の自分が重なった…だから、固まってしまったのかな?と個人的に深読みしてます^^

最後に…でかミクさんの最後の笑顔がとてもとても…素敵です。
いい笑顔、これまでに見た中でも一番の笑顔がここにありますね。
そして「また新しい目標ができた!」は最終回でありながら…また新たな物語の始まりがそこにはあるんだなと思いました。
ぐーちゃんにみらいさん、氷先生に流川先生、そしてでかミクさんとせいたかさん&ちびミクさん。
ここが一つのゴールでもあり、そしてまた新たな物語の幕開け…
この最終回を言うならば「終わりとはじまりの物語」ですね^^

さて…長々と書いてきました^^;
まとめ位簡潔に行きます!この物語を読んできた自分なりの三つのまとめは以下!

①成長とつながりの物語
人と出会うことで成長し、その過程で学んでいくことはとても貴重で大切な事なのだなと思いました。

②「学ぼうという気持ちがあるなら遅いという事は無い」
『先生』を通してせいたか先生、三人娘、はては氷先生までに伝わった言葉、言葉のまま…今の自分にはたと気づかせてくれた言葉です、そう、大事なのは学ぼうという気持ちがそこにある事。

③人の心に触れることの大切さを学ぶ。
①と少々かぶってますが、話を聞いてあげたり、聞いてもらったり…そういやって人とつながり、心で触れ合っていくことで、その人だけじゃなく、自分の成長や変わるきっかけにもなる。
ひとりで抱え込んでいるだけじゃなくて、その気持ちを伝えることはとても大切な事ですね^^


…全然簡潔じゃないまとめでしたorz…ホントはもっとあるのですが書ききれません><
それこそブログが書けてしまうレベルw

最後に…
いつもこのような長いコメントを丁寧に返していただきありがとうございました。
この物語の世界と出会えて、いろんなことを感じ楽しみ、そして学ばせていただきました^^
終わってしまうのは少々さびしくはありますが、これもまた一つの始まり…
なんてかっこいい言葉を言ってみても似合いそうにありませんね^^;

長い間、本当に素敵な物語を描いてくれて本当にありがとうございます^^
今後の作品「静画」等も楽しみにしています!そしてこれからも頑張ってください!応援してます!^▽^/

このコメントは以下の記事についています