ボカネのブロマガ

S10 最高1890到達 鋼統一構築

2018/07/11 20:05 投稿

  • タグ:
  • 鋼統一
  • ポケモンSM
復帰シーズンに新しく鋼統一を組み、自身最高レートを更新できたので、記録として残そうと思います。
惜しくも初1900には到達できませんでした。

画像は、撮り忘れの為、1回目の1900チャレンジ画像です。



クレッフィ@食べ残し 特性:いたずらこころ



性格:穏やか 努力値:H244 D252 余りC
技:めいそう、電磁浮遊、身代わり、マジカルシャイン

元々ポリゴン2が重く、食べ残しドリュウズ(角ドリル)の枠をどうせなら、ポリゴン2、ゲッコウガ
等低火力特殊アタッカーを軒並み起点にでき、無振りサザンドラや、ジャラランガをキッチリ確定1に出来る事に魅力を感じて採用。

PT単位で重たいサンダー、ゲッコウガ、ジャラランガの回答にはなり、3縦もそれなりにしてくれるすごいやつ。

半面技範囲がせまく、鋼、炎、毒には全く有効打は無かった為、技範囲を広くするか、毒を巻いた方が仕事できると思った為、もう少し型については考察が必要。

エアームドー@飛行Z 特性:がんじょう



性格:意地っ張り 努力値:A252 S252 余りH 
技:剣、挑発、ボディーパージ、ブレイブバード

馬車対策に採用。

対面から飛行Zを打って倒したり、初手カバルドンに合わせて挑発からボディーパージを打って2縦を狙います。馬車入りには起点に出来るポケモンの前で如何にボディーパージを打てるかを考えながらプレイしてました。

炎タイプがバンバン後投げもされるので、迷ったらボディーパージ押した方が良いです。
剣打って、何回も負けました・・・・サンダー入りには出せません。

ヒードラン@ふうせん 特性:貰い火


性格:控えめ 努力値:D92 S252 余りC 
技:火炎放射、台地の力、がんせき封じ、ステルスロック

リザードンX・Y対策 最初はCSで使用していましたが、臆病リザードンの気合ボールで出オチ、負けが何度かあった為確定耐えまでDに割きました。

それでも、地震やら、めざ地やら、気合ボールやら必ず飛んでくるので最低限仕事出来るように岩石封じを採用しました。

封じの枠はマンダに強く、浮いている状態でランドロスも見れるめざ氷と選択かなと思います。
あれば、勝てる試合が何度かあり、マンダの裏もドランが刺さる場面多かったです。
挑発も試しましたが、打つ暇あるなら、殴って負担かけたほうが強いと結論に至りました。

カミツルギ@スカーフ  特性ビースト・ブースト



性格:ようき  努力値:A252 S252 余りH 
技:リーフブレード、叩き落とす、聖なる剣、やつあたり

始めは鉢巻ナットを採用していましたが、遅い・やけどになるが嫌になり、足りないSを補う為スカーフ持ちで採用。

初手で来る水タイプや、舞ったリザードンを止めるストッパーとして活躍してくれました。
グロスや、ガルドで削ってカミツルギで上から叩く事が多かったです。

ギャラがメガの場合構築上、誰も勝てないので相手のPTにギャラがいる場合は必ず選出していました。

あくZも試しましたが、ギルガルド相手にしか打たない持ち物よりも一貫作って通りの良い技選択して
上から負担かけた方が何倍も強かったです。

ギルガルド@気合の襷



性格:うっかりや 努力値:C252 S252 余りA
技:シャドーボール、影うち、聖なる剣、めざ氷

ゴーストZ→物理鋼Z→ACブッパ襷ガルド→CS襷ガルドと型を変えて襷に落ち着きました。
ガルド対面でガルドに処理される事が多く、身代わり持ちにビビッて返り打ちに合う事が多かったので、強気に動ける襷強ない?て事で採用。

ACガルドも強かったですが、メガハッサムに上から叩かれて負ける場面に遭遇した為、CSに変更しました。

ゴーストZ読み身代わり、化けの皮を盾にした剣の舞等はアドバンテージに変わる為、強気のプレイングが出来るのが最大の強みです。

半面サイクルが出来ず、本来有利なグロスやルカリオ等にも安定して後投げ出来ない、瞬間火力はゴーストZと比較すると全くないと欠点もありますが、それを差し 引いても強かったです。

間違いなく今シーズンのMVP

メガメタグロス@メガストーン



性格:ようき 努力値:H124 A180 B4 D4 S196
技:冷凍パンチ、地震、思念の頭突き、バレットパンチ

Sはようきガブ抜き、耐久は特化ランドロスの地震確定耐え、特化マンダのA+1地震耐えです。
鋼統一で結果を出している方からそのまま調整を使用させて頂きました。

ASベースで初期は潜っていましたが、ランド、メガマンダに倒される事が多く、S252振るメリットが
そこまでないのと、リザードン、ガブリアス、霊獣ボルト位抜けて、耐久に振った方が強いと
思ったのが変更理由です。

PT単位でマンダが重かったのも有り、潜っていると準速メガマンダ抜きまで振った方が良いかな?
と思う場面が多々ありました。

技構成はヒードラン、ボーマンダのサイクルに負けるまではカグヤ対策に雷パンチを採用していましたが、結局カグヤを処理できるとは限らなかったので、ヒードランや、ミラー意識で地震採用に至りました。

今シーズンから、casを初め多くの方が夜遅い時間でも毎回来てくれる事もあり楽しくポケモン出来ました。

ドリュウズを使った運ゲーに頼る時期もあり、上達してから使用した方が良いとアドバイス頂き、
電気技一貫するとか無理wwとか思った時期もありましたが、抜いたからこそ試行錯誤を繰り返し
た結果自己最高レートを更新する事が出来ました。

来シーズンは鋼統一界隈に戻って来る方も多いので、1900、2000目指せるよう切磋琢磨していきたいです。






コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事