bluendorangeのブロマガ

おれがe-Taxで確定申告してみるそうです

2014/03/08 21:27 投稿

  • タグ:
  • 確定申告
  • フリーランス
----------------------------------------------------------
今日は
新人フリーランスのお前ら(おれも)にひとつ教えてやる。

俺がメッポウはまっていた(悪い意味で)
"e-Tax"
そのやり方だ。

コレさえできればスーパースター!だ。
----------------------------------------------------------
先に書くと【やよいの青色申告】を使用します。
※これで書き出したファイルを使うためです。

また、税務署から利用者識別番号と暗証番号が届いている必要がありますよー。

先に主な流れは国税庁のHPを参考にしてください。


【手順】

①・住基カード(電子署名付きの方)取得 ¥1000
②・住民基本台帳用 ICカードリーダ購入 ¥2500くらい
③・e-Tax開始届出のためのツールのインストール
④・e-Tax開始届の登録
⑤・JPKI のインストール
⑥・e-Taxソフト のインストール
⑦・e-Taxソフトで使う利用者識別番号と暗証番号の取得
⑧・e-Taxソフトで確定申告書類の送信

【準備】
1・区役所に行って①を購入。「電子署名付き」にして貰いましょう。
 ⑤のJPKIで使う4桁の暗証番号を決めます。
 住基カードの「公的認証 署名用パスワード」という部分です。

2・Amazonで②を購入。Win7 64bitだと動かないものもあるので注意。
 自分はこれをズバっとポチりました。

3・下の2つをこのページからダウンロードしてインストール
【ルート証明書・中間証明インストーラ】
【信用済みサイト登録ツール】
 
4・このページから開始届を登録。
 フリーランスは【個人の方】になります。
 ※登録した数日後に、税務署から封書で16桁の番号と暗証番号の通知があります。
  これがe-Taxソフトで使う利用者識別番号と暗証番号です。

5・①の住基カードをカードリーダに入れてPCに繋げます。
 JPKIをインストールして【自分の証明書】をクリックして4桁の暗証番号を入れます。

【送信】
1・e-Taxソフトを入れて起動させます。
 手元に利用者識別番号と暗証番号が無いとダメです。

さて、ここからが肝心な話なんですが
サビも無いのでゆっくりやっていきましょう。

e-Taxソフトを起動すると、初回はこのようにインストールを求められます。
(2回目以降は2つめのウィンドウで【OK】をクリック)
PCを変えた時は当然再度インストールしてね!

[共通]→【プログラム】
[申告]→[所得税]→【平成XX年分】
この2つにチェック。


②[利用者選択]→[新規作成]で利用者識別番号と暗証番号を入力。
※1回目だけがここまでの手順を踏みます。
当然だけどPC変えた時は再度入力だよ。


③[作成]→[申告・申請等]→右下の[新規作成]をクリック。
   [税目]→【所得税】
   [年分]→【平成XX年分】
この2つを選択。


④【所得税申告】
    L【確定申告書B】
        L【青色申告書】
            L【第一表・第二表】
             【平成 年分の所得税及び~】
             【平成 年分の申告書送信(兼)送付書】
             【平成 年分の青色申告決算書】
この3つにチェック。

※追記2015/2/14
2年目以降はここから少し異なるのかな?
この手順の次が住所入力に移行しました。
といっても納税地、住所などにカナを振るだけです。


⑤ここは【弥生の青色申告】画面も併せています。
【弥生の青色申告】→【e-Taxデータの書き出し】を実行する際、
利用者識別番号を入れます。
ピーンと来てると思いますが、
この番号が違うと送信出来たように見えてもエラーになってしまいます。


⑥【申告・申請等名称】→【平成25年分確定申告】を選択→
 【組み込み】をクリックすると上記ウィンドウが出るので、
 【平成25年分確定申告】と入力。
 この名前は自由ですが、分かりやすいものが良いですね。


⑦【電子署名】→【平成25年分確定申告】を選択→【署名】

 →⑤で決めた名前のファイルを選択→

 →【ICカードを利用】

 →認証局サービス名→【公的認証サービス】
 ※ここで平成28年から【公的認証サービス_個人番号】も増えましたね。
  おれは【公的認証サービス_住基カード】を選びました。

 →【ログイン】で4桁の暗証番号を入力。


このメッセージが返ってくればOK。もうちょいですよ。
還付金を想像しながら入力しましょう!


⑧【送信】→⑤で決めたファイル名を選択→【送信】
これで送信出来たはずですが、安心してはいけません(←おれはしました)
ちゃんと受付して貰ったか確認してみましょう。


⑨【メッセージボックス】→ここで利用者識別番号と暗証番号を入力。


無事【受付】が確認出来ました。
ダブルクリックすると内容が出ます。

以上で終了です。
お疲れ様でした。

他に書類の提出はありませんが、
税務署から要請があった時だけ提出します。

おれは間違えて印刷したものも出してしまったんですが、
そうなると重複処理になって、還付が遅れます。


70歳のご老人やPC初心者の幼女でも分かるように書いてみましたが如何でしょうか。
間違いなどがあればご指摘下さい。

----------------------------------------------------------
CMとかでe-Taxは簡単だといってますが
簡単だと思ったことは
一切無し!

ってことで。

いいつつ2年目は結構簡単かも知れないね。
----------------------------------------------------------

元ネタはこちらです。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事