@○のブロマガ

『ラーメンは、雑炊まで楽しもう。』

2013/04/29 06:11 投稿

  • タグ:
  • めしばな刑事タチバナ
  • ラーメン
  • 雑炊
  • あいがみ
  • とある魔術の禁書目録
  • -エンデュミオンの奇蹟-
  • 三澤紗千香
(*とある魔術の・・・の映画や各種ドラマなどのネタバレなど含むため注意)





「シメの雑炊まで、作ろう。」



●ラーメンは、シメの雑炊まで作って、本物。



ドラマ『めしばな刑事 タチバナ』


で、袋入りラーメンについてタチバナさんがしゃべりまくってた。


好きなことしゃべってるだけで金になるなんて

いいなと思います。


歌手と同じ。


逆に、金になるようなレベルまで高めたから、

好きなことしゃべってるだけでも金になる。


人は最終的にそこを目指さないと。


つまり、やるなら金になるくらいなことをしろと。


好きなことをすると人は才能やエネルギーをいちばん発揮しやすい。


けど、宇宙や他人から見たら、

やるなら金になるレベルのをしてくれたほうが助かる。


アニメも、やはり地上波なんかでやってるやつは金になるけど、

だからおもしろい。


無料のとはやはり気合いが違う。


『劇場版 とある魔術の禁書目録-エンデュミオンの奇蹟-』

はオススメです。


何回か見たくなれます。


美術関連なんかが気合いが入ってて、

目の保養になります。


天下の三澤紗千香さん演じる、アリサちゃんが歌う劇中歌も


すごい。


映像と合わせると鳥肌たつくらい。


ランカちゃんや某シェリルさんに負けないか超えてます。


それにインデックスちゃんやアリサの入浴シーンもあり、

作画がそこがいちばん気合い入ってるだろというくらい良く、

色々いい。


監督さんが意識して「スピード感」というか

最後まで一気に駆け抜ける、アニメ映画の定番的な要素を意識して作られたからか、

最後までスッと一気になかだるみしないで見れます。

BDやDVDが売り始めたらすぐ買うか、レンタルか、


無料動画でもいいから見たほうがいいと思います。

ステマじゃないです。


でもおもしろい。


人は、良いと思ったものはしゃべらずにいられないから、

そのくらいな、しゃべりたくなるような良いものをつくらないと。


そのほうが、宇宙や他人、本人にとってもWinWinで

良い。


みんなが得する。



みんながハッピーになれるやりかた、関係性があります。


間。ま。


この間(ま)や関係性だと

みんながハッピーになる、な解、答えがある。



とりあえず書くなら

そこらへんのプロとかベストセラーとか

「この本がすごい!」

とかなやつよりおもしろいのを書いていたいです。


たとえ誰に知られなくても、


あんなんじゃ自分が書いたやつのほうがおもしろい、と思えるものを作っていたいです。


プロより歌がうまい素人は、カラオケにいけばたくさんいます。


うまいね、プロより!と言うと、

本人は「そんなことないよ」と言いますが、


本音では「わたしのほうが○○なんかよりうまいのにな。」

と思ってます。


実際、コンテストで歌わせたら、その人のほうがプロの○○さんより勝つでしょう。


でもプロの人は実際にデビューしてるから、プロ。


ただその差。


ニコ生とかは

プロよりおもしろいのに、まだ露出してない素人さんを見つけるのに適してる。


表現の場としても。



プロと素人の境目がなくなった時代。


今は、プロより素人のほうが実力がある。



よく、FX商材を売ってるような人より、

名もない個人トレーダーや

FX生主さんのほうが実際に稼いでたりします。


有名人より、


裏でひっそりJKやJC、JSをナンパして食いまくってるようなナンパ師や、

ガテン系な人なんかのほうが

性的な意味などいろんな意味で、よほど豊かな暮らし。

人生を楽しめてる。



セイコウとは何かといえば、

成功者より性交者のほうが若干うらやましいです。


1兆円稼いだ大富豪より


超かわいいJKとトイレでやりまくったことがあったり

セフレにJKやJCなんかがたくさんいるほうが


真の勝ち組な気がします。


金だって貢いでもらえてそうです。


ある本に、


ヒモをやって暮らした人の話があった。


会社経営みたく

10人くらいの女性から貢いでもらい、

自分は働かない。


なんで俺様が働かなきゃいけないんだ、

金は女が貢ぐもの、みたいな気持ちいい俺様論な話でした。


実際、歌手や色んなビジネスも


ただ色んなお客様、つまり女性から貢いでもらってるヒモと同じです。


某、鬼なんとかな冷徹さん?のマンガに


「鬼もオシベも人も、オスの行き着く先はみな同じ。」

なんて言葉がありますが、


人がやってることなんて


身分や肩書きに関係なくだいたい同じです。


服を着たサルが

より良い遺伝子を残そうと

日夜、モテるため、つまりヤるため、


性交するため、


生で入れて中出しして受精させるため。


より良い情報を残すため。


だからべつに性交しなくても

いろんな情報が触れあい、

さらに良い情報を宇宙にばらまけたら、セイコウ。


情報が人間を操り、より良い情報を宇宙に広めてるともいえる。


ニコニコ動画やらも。


いろんな動画ができて

より良いものが広まってく。


こうして情報、ひいては宇宙が進化してく。


全てのものは結局、宇宙を進化させるためにある。


情報が、宇宙。


いろんな情報が集まったのが宇宙。


いろんな言葉があつまったのが、辞書。


で、性交が大事というのは、

みんな、成功とか使うが

本当はただ性交したいだけです。


セイコウ。


恥ずかしいから成功、な字を使ってるだけ。


本当は性交をしたいだけ。


生主さんも結局、認知度を上げたりして

気のあう異性や、イケメン、いい女を見つけるための出会い系みたいなもん。


悪い意味ではなく、実際、客観的に見たらそう。


雑談をして、いろんな考え、概念、情報が混ざると

あたらしい情報、より良い情報、エネルギー、常識が生まれる。


異性に出会いたいというより、広く言えば、


より良い情報、


かんたんに言えば

「なんかもっと面白いもん」

を探してる。


その意味でいうと、

ドラマ『めしばな刑事 タチバナ』は、面白い。


いちばんおいしい袋入りラーメンはこれだ、とタチバナが

ある会社の醤油ラーメンを選ぶ。


決め手は、シメに使える残り汁。


勝負は、メインディッシュより、

デザートや帰りに食べるシメのソバやラーメンで決まります。


タチバナは、


その醤油ラーメンをたべるとき、


メンを食べたら、


残り汁をふたたび鍋に入れ、そこに

ひとつかみのごはんを入れます。


さらにたまごを入れ、

たしかかき混ぜてた。


ひと煮立ちさせ、


雑炊をつくります。


残り汁と、たまごの味を吸ったごはんが

最高においしくなっている。


レンゲで
おもむろにハムハム食べてたタチバナさんの顔も幸せそう。



なにか材料に出会ったら、


シメの雑炊まで作って、それを楽しみきりましょう。



結局、人生は


どれだけのものに出会ったか、とか

どれだけのものを持ってるかじゃなく、

出会ったもの、与えられたもの、

持ってるものをいかに楽しめるか。


楽しみ尽くせるか。


会話のリアクションや、エッチで言えば感じ方が豊かな人は、面白い。

人生も楽しんでるなと感じる。


あるアニメや話を見て、

色々たのしめる人もいれば、

つまらないとおもう人もいる。


ラーメンをただ食べるか、

シメの雑炊にまで昇華させ、メインのーメン以上においしくできるか。

本来の楽しみ方以上に楽しめるか。


ジブリ映画が金曜ロードショーでやってると、

1、またか

2、また見れる。なんか見るたびに新しい発見がある。ありがとう。


どちらかに分かれます。


2、がタチバナさんみたく、シメの雑炊まで作って楽しめるタイプ。


会話で、ある題材について

「つまらない」とか

ポワーンとしたリアクションしかできないのは

1、の「またか」タイプ。


ジブリ映画を何回みても、一生、ひとつの感じ方しかできないままです。


それよりは、

見るたびに新しい発見ができたり、

映画から派生してイラスト書いたり、二次作品を作り、

うすい本をコミケに出したり、つまりシメの雑炊まで作って、


あらたな何か、スピンオフ作品にまで昇華させたほうが楽しい。


お得。



スピンオフ作品、シメの雑炊まで作りたくなる、作れる、


おもわず作りたくなるのが名作、良いモノとも言える。


それはつまり、シメの雑炊まで作れる、見る目や

感受性ある人だけが

本当に良いモノ、人、情報に出会えたり、

生かせる、たのしめるということ。


いいモノに出会えるよう、自分を磨くとは、


単なるレベル上げの他に、

良いモノに出会った際に、その良さを見逃さないように、気づけるように

自分の審美眼や楽しみ方、

おもしろがりかた、リアクションの豊かさ、感受性を磨いておくということ。


そうすることで、良さをわかってくれる人を待ってる、真に面白い人やモノ、良いモノからお声がかかったり、出会える。

RPGは、レベルが上がると、前に行った町でも、あたらしいイベントが起きたり、あたらしい店を見つけれたりする。

自分のレベルが上がると、出会える事象、情報も変わる。


それまでもあったけど、レベルが達してないと、それに気づかない。

そこにあったのに。

それに気づけるようになるためには、袋入りラーメンをシメの雑炊まで作れるようになること。

実はあのドラマはすごい。

宇宙、人生で大切な真理を教えてくれてる。


150円でタイに行けるような、

某、ツナとタイカレー?みたいな名作カンヅメみたいに。


カンヅメについても、このドラマでは話してた。


タチバナさんは仕事もデキますが、

つまりそれは仕事がデキるようになるには

普段から、ラーメン作るなら、シメの雑炊まで作れるようになればいい。


そんな日常の小さな習慣、行動、選択が、あらゆることに波及する、連動するから、

結果的に、仕事や恋愛もデキる人になれます。


シメの雑炊にはそんな人生の極意が隠されてる。


奥が深い、ベストセラー本や

インフォトップなんかの高額商材より優れた本物のテキストなのです。


だから面白いとかんじる。


面白いとかんじるものには、かならず学びがある。


人は面白いとかんじるものからしか学べない。


だから学校で習った大半忘れてしまいます。

必要ないからです。


それよりは、いいアニメをたのしく見たほうが、楽しみながらもよほど勉強になります。


アニメ好きな人は、塾に行かなくても

アニメ見てるだけで、宇宙の真理から、人生で必要な全てまで学べます。


学びを得るにも、シメの雑炊まで作り、味わえる感受性やクリエイティビティが大切。


実際、雑炊を作ってみると、おいしくてハマります。

身近メシで言えば、生主の
あいがみさんなんかも
楽しい食べ方を実践、提案してくださってます。

あたためたお茶に山盛り5杯くらいの砂糖を入れ、飲むなど。

動画やなにかで紹介したいくらいです。

するかもしれません。


しかもかわいいという。

天は2物以上も平気で与えてくれるんだと思います。


●シメの雑炊まで、つくろう。


*とある魔術の・・映画の動画↓(予告映像)



*もう一個、いいシーン(名曲)のシーン(アニメ本編のシーンも混じってるみたいだけど)


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事