Emperor光晴のブロマガ

簡単【ドラム/Chapter3】フィルインに向けての基礎練習①//Easy[Drum/Chapter3] Basicpractice for fill-in①

2020/10/12 22:22 投稿

  • タグ:
  • Drum
  • ドラム譜
  • 音楽
  • E先生
Step1
ドラムセットの構成

・・・
ドラムは叩くところが沢山あります。その中でも一番使用頻度が高いのが
スネア、バスドラム、ハイハット」です。16ビート系ではこの3点さえあれば極端な話、充分と言っても良いかもしレません。ジャズ(4ビート)系ですと、これにライドシンバル(トップシンバル)が必要になります。ジャズ(4ビート)系は、トップシンバルとハイハットシンバルがリズムの基本になります。

Step1
Drum set configuration
・ ・ ・
There are many places to hit the drums. Among them, the one that is used most frequently
"Snare, bass drum, hi-hat". In the 16-beat system, it may be said that these three points are an extreme story, enough. If it is a jazz (4 beat) system, a ride cymbal (top cymbal) is required for this. In the jazz (4 beat) system, top cymbals and hi-hat cymbals are the basis of the rhythm.



基本4点セットのセッティング
自分が一番叩きやすいようにセッティングすれば良い。

Basic 4-piece set setting
You can set it so that you can hit it most easily.



ドラムスローン(ドラマーが座る椅子)の調節とスネアドラムの高さ
股関節から膝までの角度が少し下方する位で少し浅めに座るのが基本
スネアドラムの高さは股関節とおへその中間位が良い。

▶▶ Adjusting the drum sloan (chair on which the drummer sits) and the height of the snare drum
Basically, sit a little shallower so that the angle from the hip joint to the knee is slightly lower.
The height of the snare drum should be between the hip joint and the navel.



▶ハイタムとロータム
タムタムの位置は手を伸ばした時に軽く肘が曲がる位が良い。

▶▶ High tom and rotam
The position of Tamtam should be such that the elbow bends lightly when reaching out.




▶クラッシュシンバル
クラッシュシンバルは主に、アクセントを強調するときに使う。肘が少し曲がる程度が良い。
シンバルを鳴らした後の響きをカット(止める)動作。

▶▶ Crash cymbal
Crash cymbals are mainly used to emphasize accents. The elbow should bend a little.
The action of cutting (stopping) the sound after sounding the cymbal.



▶ライドシンバル
ライドシンバルはハイハットと同様に主にリズムを刻む時に使う。
特に4ビートジャズではライドシンバルの刻み(レガート)が大変重要。

▶▶ Ride cymbal
Like the hi-hat, the ride cymbal is mainly used for rhythm.
Especially in 4-beat jazz, the notch (legato) of the ride cymbal is very important.



ドラム譜の読み方
 ドラムと言う楽器は本来は音程が関係ないのでドラム譜上の音符の位置はあくまでも
便宜上のものであって音の高低を表しているのではない。特に「こう書かないといけない」と
いうものではない。演奏者が初見でわかりやすいであれば、それで良いと思う。
 現場では基本的に演奏者のフィーリングに任されてるのがほとんどです。
譜面が読めないプロミュージシャンは山ほどいます。
だからと言って読めないよりは読めた方が良い。Chapter3では最低限必要なこと覚えましょう

How to read the drum notation
The pitch of an instrument called a drum is not related to the pitch, so the position of the notes on the drum staff is just
It is for convenience only and does not represent the pitch of the sound. Especially, "I have to write like this"
It's not something like that. If the performer is easy to understand at first glance, that's fine.
In the field, it is basically left to the feeling of the performer.
There are tons of professional musicians who can't read the music.
That said, it's better to be able to read than not to be able to read. Let's remember the minimum required in Chapter 3



Twitter⬇
https://mobile.twitter.com/Emperor98673293
Instagram⬇
https://www.instagram.com/emperormituhal/
YouTube⬇
https://www.youtube.com/channel/UCuLaYqLShhdffM8J1gLOIFA?view_as=subscriber




コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事