Behoimi Direct -ベホイミ ダイレクト-

【ベホイミのグルメ】疲れを肉とビールで癒やす。東京・大門「ザ・ロワーライト」

2018/07/27 23:00 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • グルメ
  • 料理
  • クラフトビール

7月下旬、ベホイミは限界だった。
ただでさえ暑いにも関わらず、「エンジニアが焼きそばを焼く」かのような専門外な仕事が続いたことで疲労困憊。疲れた身体と心が、肉と酒を求めている……!!

……同じことを去年も言ってたような気がする。



というわけで仕事帰りに電車を乗り継ぎ、降り立ったのは浜松町。モノレールへの乗り換えのため、来ること自体は多々あるが、周辺を散策したことは意外となかったかもしれない。

以前紹介したシカゴピザとクラフトビールの店「デビルクラフト」の支店が浜松町にあるのだが、胃袋が万全の体制でないと一人で訪れるのはキツイため、今回は見送り。



今回の目的地はここ。
クラフトビールが飲める肉バル「ザ・ロワーライト」だ。
平日の夜だったがほぼ満席(テラス席もあるのだが酷暑のため利用客はいなかった)



メニューはこんな感じで1枚に集約。



流石肉バルだけあって、メニューの殆どを肉料理が締めている。



その肉への情熱たるや、ポテサラにまでベーコンが添えられている程だ。
余計な物が入らないシンプルなポテサラ、好きです。



ビールはベルギーと国産中心に揃えられていた。
この日の1杯目はアメリカの定番クラフトビール「グース IPA」
ガツンとくるホップの苦味。肉料理とのペアリングも申し分なし。



「お肉たっぷりミートソーススパゲティ」。茹で加減はバッチリ、アルデンテ。
写真では分かりにくいがこの皿かなりの深さ。この下にはスープのごとくミートソースが溜まっていて、トロトロに煮込まれた肉がたっぷり入っている。名前に偽りなしだ。



この店の名物らしい「熟成子羊のロースト」
迸る肉汁!そしてこの厚切り!こういう肉らしい肉、大好物だ。



北海道・網走ビールの「流氷ドラフト」。その名の通り流氷を仕込み水に使ってるらしい。
透き通った青色に似合うサッパリした味わい。



他にもメニュー盛り沢山。
丼もの、パスタ、ステーキなどはランチとしても提供されているので是非に。
「山芋とろろステーキ丼」が気になる……夏にはぴったりだ。


ザ・ロワーライト
住所:東京都港区浜松町2-1-20 SVAX大門ビル ディング BF1
最寄り:都営大江戸線大門駅から徒歩ですぐ
営業時間:[ランチ]11:30~15:00 [ディナー]17:00~24:00
定休日:不定休
→食べログを見る
▼クラフトビールが飲める店シリーズ
次→焼鳥に本気で取り組む店。東京・三鷹「焼鳥山もと」のおすすめ七本コースと絶品親子丼!
前→国内外のクラフトビールが40種類!東京・渋谷「Goodbeer faucets」

コメント

altira
No.1 (2018/07/28 18:37)
さっそくバテて毎日そうめんですわ・・・。肉食えるスタミナが羨ましいぜぃ
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事