Behoimi Direct -ベホイミ ダイレクト-

【ベホイミのグルメ】これぞ中国伝統の味。東京・新宿「純中国伝統料理四川料理 芊品香」の麻辣刀削麺

2017/05/11 23:00 投稿

コメント:5

  • タグ:
  • グルメ
  • 料理


飯屋巡りを趣味としてから、3年は経過しただろうか。
「美味しい店をどうやって見つけてるの?」と時々質問されるが、なんてことはない。
ネットニュースや各種グルメサイトで見つけた話題の店を訪れているだけ。
人より情報収集に少し熱心なだけである。

井之頭五郎のように気になった店にふらっと入るわけではない。生き様に憧れはするが、あの飯屋の巡り方は時間と場所に縛られない特殊な職種故の特権であろう。

いわば「お墨付き」の店を回っているわけだから店選びに失敗することは少ないのだが、選んだメニューを後悔するケースは非常に多いのである。
「次に来るのはいつになるか分からないから」と欲を出し、「大盛」「トッピング追加」「もう一品」「辛さアップ」などなど、つい攻めのメニュー選びをしてしまうのが主な原因だ。「ぶたがダブってしまった」など日常茶飯事である。
歳をとったからかそろそろ大盛はキツくなってきた。この悪癖は直さねばなるまい。

さて、メニュー選択に失敗した中で特に印象に残っていた店。



それが九段下の中華料理屋
「純中国伝統料理四川料理 芊品香(センピンシャン)」
だ。

ネットニュースで取り上げられていた「石焼麻婆豆腐」が気になって去年の3月に訪問。
麻婆は辛くなくては!と「極辛」を初見で注文したのが問題だった。「石焼」による強力な熱エネルギーが加わることで感じる辛さが増幅され悶絶。

水を飲むとかえって舌が敏感になるので、辛旨グルメを味わう時はあえて飲水を控えるのがコツなのだが、この麻婆豆腐の場合「熱い」のでそういうわけにもいかない。
飲水が胃袋に負担をかけ、満腹感も早くから襲ってくる。

……あれは食事というより戦いであった。
完食はしたものの、辛くて味どころの話ではなかったというのが正直なところ。
この上に「地獄」という辛さの極地があるという……想像できない。

「この店にはまた訪れて別のメニューを試そう」
とその時は思ったのだが、九段下で降りる用事が無いので中々叶わない。
いつの間にか1年が過ぎてしまったのだが、思わぬ形でリトライのチャンスが巡ってきた。
新宿西口に支店がオープンしたのである。




「芊品香 新宿店」
まだ5月上旬だというのに、この日の東京は最高気温28℃という夏日であったのだが、店の外には行列が出来ていた。支店は今年2月にオープンしたばかりのはずだが、確実にファンを増やしているようだ。



今回の目当ては「完全手作り刀削麺」だ。
前回は「極辛」を頼んで失敗したわけだから、今回は「中辛」を頼もう……








ちくしょう!極辛を頼みやがった!
お前はいつもそうだ。誰もお前を愛さない。
……大盛にした上に無料という言葉に釣られて半ライスまで付けてしまった。猛省。





「痺れる麻辣刀削麺 極辛」

写真は普通盛のものなので注意。
「大盛は少々お待ちください」と言って去っていく店員。待てとは……?
写真を撮りながら待っていると、別皿に麺だけ入れたものを持ってきてスープにドボン。
替え玉方式!?
この上に麺が乗っかって、二郎用語で言うところの天地返しみたいな状態に。



予想外の展開に面食らってしまったが、流石「純中国料理」を掲げるだけあってかなりのクオリティ。生地を細長く削ぎ落として作る刀削麺は、写真のように三角形の断面になり独特の食感を生み出す。ツルツルモチモチの食感に箸が止まらない。

「生地を削ぐ」「削がれた麺を鍋で茹でる」を同時に行う刀削麺なので、生地を削ぐ作業に時間をかけると湯で時間が伸びてしまう。だから大盛は別添えだったのだろう……と後から考えて思う。

問題の「極辛」はというとむしろ少し物足りないくらいであった。
10数種類の香辛料を使ったスープは複雑で飲み干したくなる出来であったが、もっと山椒が効いていた方が好み。「地獄」がちょうど良かっただろうか?
パクチーが主張しすぎている感はあったが、パクチニストなのでむしろ大歓迎である。
ちなみに注文段階でパクチーは抜けるので苦手な人は安心して欲しい。



スープの出来が非常に良いため、無料の半ライスを付けたのも大正解。
麺を食べた後のスープをおかずに食べる白米が美味しすぎる。



かくしてリトライは大勝利に終わったのであった。
次はよだれ鳥を食べに来よう。
芊品香 新宿店
住所:東京都新宿区西新宿7-9-12 鈴和ビルB1
営業時間:11:30~15:00、17:00~23:30(L.O.23:00)
定休日:なし
→食べログを見る
▼辛旨めし巡りシリーズ
次→麻婆欲を居酒屋で満たす。東京駅八重洲北口「もつ焼き栄司」麻婆マルチョウ定食
前→悪魔と相乗りする勇気、あるかな?東京・神田「鬼金棒」カラシビ味噌らー麺


コメント

まさ
No.3 (2017/05/12 01:30)
こんな時間に読むんじゃなかった…
めっちゃお腹すいちゃう
altira
No.4 (2017/05/12 02:26)
ぐあああ!またやっちまった!こんな深夜にっっw
ほんと覚えてろよコノヤロウw
くらくら
No.5 (2017/05/12 05:49)
お尻へのダメージが心配になっちゃいますが美味しそうですね!
多く注文してしまって後悔するのはわかりますw
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事