ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

惰性で生きるくわマンのブロマガ

全部あいつのせい

2015/02/15 01:02 投稿

  • タグ:
  • 映画
  • アゲイン
  • 中井貴一
『アゲイン 28年目の甲子園』っていう映画を観てきた。

良かった。ただ、野球映画というよりは人間関係に重きを置いてるね。『KANO』みたいなのを期待してると、肩透かしをくらうかも。
それでも、『バンクーバーの朝日』よりは全然良かったよ。

居酒屋のシーンがすごく好き。
44~45のオッサン具合がやけにリアルだなぁと。
ていうか、その歳で無職ってマジで笑えないぞ、エースよ。
あと個人的に思ったのが、「高橋は自己中」っていうセリフで、
むしろエースっていうのは少しくらい自己中なくらいじゃないと務まらないよなぁと。
周りに気を遣うようなタイプじゃなくて、ちょっと我儘で自己中で激情家な人間。そして、キャプテンじゃない。ちょうど『ダイヤのA』の成宮みたいな人間のが、エースの器なんじゃないかなーと。
だから、オレはエースでキャプテンって好きじゃない。
もちろん、全てのエースがそうあるべきってことじゃない。キャプテンでエース張ってるチームでも強いチームは現実にたくさんいるし。
ただ、「向いてる人間」として個人的に考えてる人物像。

俳優陣。
中井貴一って、いい演技するねー。
全体的に、すごーい現実味を帯びてて、日常味にあふれている。
会話と会話の微妙な「間」とか、娘を前にした時の固さ、落ち着いた雰囲気を持ちながら情熱家(感情的)な部分も見せたり。
ていうか、EDでモノ凄いクレジットを見たぞw
「高橋慶彦」「角盈男」
ガチの人じゃねーか!w

脚本。
後半部分の脚本がちょっとね。。
オッサン達の昔を懐かしむシーン、喧嘩するシーンの流れは自然で良かったけど、
マネージャーが登場してからがなぁ。。全部コイツのせいじゃね?w

おススメです。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事