惰性で生きるくわマンのブロマガ

野球愛

2015/02/04 15:52 投稿

  • タグ:
  • 映画
  • KANO~1931海の向こうの甲子園~
  • 台湾
  • 甲子園
『KANO~1931海の向こうの甲子園~』っていう映画を観てきた。

素晴らしかった。感動。

観に行く前は、上映時間3時間ってのを見て「なげぇw」とか思ってたけど、それを感じさせないほどにあっという間に時間が過ぎた。3年生が引退の時によく言う「あっという間の2年半だった」と同じ感覚で、いつの間にかもう甲子園決勝。

演出上の問題は、CGの拙さ、演技の棒読み具合、台湾人キャストの日本語の聞き取りづらさ等々細かい部分がある。しかし、それらを全編通して伝わってくる野球への情熱が補ってくれる。
特に、球児たちの純粋な野球に対する思い、人種の壁を越えた仲間意識。青春だなぁと。
また、近藤監督のアツい指導。グラウンドへ入る前の挨拶等の礼儀作法を教えるシーン。練習での指導シーンなんかは、「あ、ガチで野球やってる」と思った。
個人的には、監督が夜に一人でグラウンドの小石を拾うシーン、決勝前夜にメンバーの布団を掛け直すシーンが好き。小石拾いなんかは、野球部あるあるじゃない?w

何というか、野球部のリアルさってのがすごい丁寧に描かれているんだよね。さっき挙げたシーンも勿論なんだけど、
球児たちの坊主頭、焼けた上半身、程よく筋肉がついて締まった身体、、、、うん、野球部だねぇ。。。
とにかく、スタッフの野球愛が伝わってくる。

おススメです。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事