ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

惰性で生きるくわマンのブロマガ

伝説の軌跡を辿る

2017/06/18 16:06 投稿

  • タグ:
  • ドラゴンクエスト

某百貨店で開催中の『ドラゴンクエストミュージアム セレクションズ』に行ってきたよ。

※ネタバレあります

こちらはドラクエ30周年を記念して開催され、東京・大阪で大好評だったらしい『ドラゴンクエストミュージアム』のいいとこ取りをした展示会。同時に、コラボカフェやミュージアムショップ(グッズショップ)も展開されていたよ。今回は展示のみ楽しんだ。

展示構成は2部構成。ロトシリーズと天空シリーズ。

ロトシリーズは、作品内時系列(Ⅲ→Ⅰ→Ⅱ)でストーリー仕立ての展示。
まず最初に、1/1スケールのロト装備と堀井雄二氏・鳥山明氏・すぎやまこういち氏の挨拶文があったよ。ロト装備かっちょええ。
あとは、大きめの絵画と「語り」がセットになって、一緒に冒険していくスタイル。絵画の下に、原作(FC版)のゲーム画面が出ていたのが良かったね。やっぱゾーマ戦の絵が一番迫力あったよ。あとは、サマルトリアの王子がイケメン過ぎた。今回の展示の絵を描いた方の名前が知りたい。
途中、堀井氏の開発資料、鳥山氏のモンスターデザイン画、すぎやま氏の楽譜も展示してあって、そっちの方が興味深かったよ。

お次は天空シリーズ。
こちらはナンバリング順で、各作品の名場面をピックアップし、ジオラマで再現されていた。ジオラマの写真撮影は許可されていたので、全部撮ったよ。
ピサロとダークドレアムがいたけど、ミルドラースもエスタークもいなかったよ。それはそうかw
Vの、ボロンゴ(ボロンゴ派)を仲間にする場面のジオラマ、主人公が例のリボンを差し出しているのだが、やっぱり少し間抜けなシーンだよなーと。個人的には、デモンズタワーのジャミ戦があっても良かったような気がしたけど、嫁さんの関係で断念したのか。
Ⅵのムドー戦、燃えさかる火炎のリアリティが素晴らしい。

最後に、天空城のジオラマもあったよ。

1200円はちょいと高いかなw


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事