ナルのブロマガ

windowsにPHP導入

2019/06/09 21:24 投稿

  • タグ:
  • 登録タグはありません
  • タグ:
  • 登録タグはありません

windows用のPHPバイナリはVisual Studio 2017でビルドされている。
ここに沿ってランタイムを入れる。

PHPの公式ページから最新版のWindows downloads→Thread Safeを選択してダウンロード。
sql使うので念のためスレッドセーフにした。
わかりやすい場所に解凍。置くだけで中の実行ファイルは触らない。

php.ini-developmentをphp.iniに名前を変える。本来は開発用と2つわけてつくる。

・php.iniの書き換え
PHP拡張モジュールの Windows へのインストール参照。
マルチバイト文字列とソケット通信を使うので
extention=mbstringとextention=socketsからセミコロンを外す。
ついでにタイムゾーンも合わせる。
date.timezone = "Asia/Tokyo"
エラー表示したいとき/したくないとき
error_reporting = E_ALL / E_NOTICE

コントロールパネル→システムとセキュリティ→システム→システムの詳細設定→環境変数
win8までなら;C:\phpのようにフォルダパスを追記。win10ならリストになってるのでC:\phpを追加。

コマンドプロンプトで「php -v」してphpが入ってること確認。
extention=mbstringが読み込めているか「php -r print_r(mb_get_info());」で確認。

ローカルでPHPを動かしたいだけならXAMPPPHPdesktopの方がわかりやすいかも。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事