ポケモンする時間無いから仕事辞めます…バンビのブロマガ♪

【ORASシングルレートS17】バンビさんとエフィブラリザードン

2016/09/13 20:51 投稿

  • タグ:
  • ポケモン
  • ORAS
  • S17
みなさん、シーズン17お疲れ様でした。
6世代最後のシーズン、それぞれいろんな思いで潜ったシーズンだったのではないかと思います。

私自身に関しましても、締めくくりという意味で、ぜひとも自己ベストを更新したいという思いを持って臨んだシーズンでした。
(なにせ1500~1600台をうろうろするのがいつもの事だからw)


≪使用構築・最終レート≫





≪個体解説≫

◆メガリザードンY

 153-×-98-211(252)-136(4)-167(252)【臆病/メガストーン】
 オーバーヒート 火炎放射 ソーラービーム めざめるパワー(氷)
構築のエース。
遅いガルーラをオーバーヒートで葬り去ったり、初手で対面したボーマンダをめざ氷で倒したりと、100属以下の相手にはめっぽう強かった。
道連れ持ちゲンガーや不意打ちガルーラと対面したときに、身代わりの欲しい場面も正直あったが、外せる技も無く、フルアタでの採用。


◆マリルリ

 204(228)-112(252)-101(4)-×-101(4)-73(20)【意地っ張り/オボンの実】
 アクアジェット じゃれつく はたきおとす はらだいこ
リザードンが相手をしたくないガブリアス、バシャーモあたりのケアの為採用。
単純にはらだいこからの抜き性能も高く、非常に使いやすい子だった。


◆キノガッサ

 135-200(252)-100-×-81(4)-122(252)【意地っ張り/きあいの襷】 
 ※実際は非理想個体使用←
 マッハパンチ タネマシンガン 岩石封じ きのこの胞子
対面性能の鬼。選出すれば取り合えずは何か仕事をしてくれた。
(構築記事を書くときに気付いたが、対戦を始めたばかりの頃に育成した個体を使用していたため非理想個体の努力値振りも間違っている個体を使用していたwww)


◆ドサイドン

 207(132)-209(236)-151(4)-×-92(132)-61(4)
 ロックブラスト じしん 冷凍パンチ つのドリル【いじっぱり/突撃チョッキ】
相手のボルトロス、サンダー、ヒートロトム等への回答として採用。
しかし今シーズンはカバルドンが増えたためか、草結び持ちが多く感じ、ボルトロスへの受け出しに関しては慎重に行った。
実際にはゲンガーやボーマンダ、クレセリア等を見るためにも選出していたので、チョッキも相まって多少の無理は効くポケモンだと感じた。
突破困難な相手には容赦なくドリルをぶち込んでいった。


エーフィとブラッキーに関しては、実況者のカビパラさんの記事を参考にさせて頂きました。
技構成に関しては、自分のプレイングのクセや、パーティに合わせて多少カスタムしてます。
ご本人に了承頂きましたのでリンクを貼らせて頂きます。
(カビパラさんありがとうございます^^)

冴えないパーティの育て方
【ポケモンORAS】エーフィのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!【S10・最終2103】


◆エーフィ

 167(212)-×-81(4)-150-127(92)-170(196)【臆病/食べ残し】
 サイコショック 草結び めいそう 朝の陽ざし
対受けループとの対戦では、相手のラッキーを起点にしてサイクルを崩壊させることが出来、第6世代通じて苦手だった受けループ相手にほぼ全試合で勝利を収めることが出来た。
アタッカーの多いパーティだったので、アクセントを加えること出来る貴重なポケモンだった。
(カビパラさんの育成論では「めざ炎個体のため、最速にしていない」にも関わらず、通常個体で同じ努力値振りにしてしまった事を、これまた記事を書きながら気づきました・・・。)


◆ブラッキー

 202(252)-×-177(244)-×-150-87(12)【ずぶとい/ゴツゴツメット】
 イカサマ あくび つきのひかり 癒しの鈴
グロパン、ひみつのちからガルーラも多く、キツイ事もあったが、ガッサのマッパ圏内まで削りを入れることが出来たり、あくびで裏のサポートを行ったりと、物理受けだけでなくいろんな動きが出来た。


≪総括≫
シーズン終了2週間前にメインROMを1709に乗せることが出来ましたが、そこからはレートを溶かすのが怖くて、パーティを別ROMに移し、そこから再度潜って最高レート更新を目指すというチキンプレイを行ってました()
しかしながら、最終日も深夜2時~午前8時59分までみっちり潜りましたが(深夜に52試合するってヤバない?w)結局1685までで力尽きました・・・。

ただ、結果として自己最高の成績を大好きなリザードンとともに記録する事が出来、満足のいくシーズンとなりました。

もうすぐ、サン&ムーンの発売、そして第7世代レート環境もスタートしますので、今後も少しずつ実力を上げていく事が出来るように頑張っていきたいと思います。

最後に、今シーズン対戦して頂いたみなさんありがとうございました。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事