蟹玉のブロマガ

アイカツ武道館を終えての乱文感想

2018/03/02 00:36 投稿

  • タグ:
  • アイカツ!
  • アイカツ武道館
かにたまです、約半年ちょいぶりの雑な文章です。
まず、STAR☆ANISの皆さん、AIKATSU☆STARS!の皆さん、マスカレードのお二人、
そして多くのアイカツに関わる方々に伝えても伝えきれないほどの感謝を。
本当にありがとうございました!


今回は武道館2daysを終えての感想です。ざらざらっと書いてきます。
割と信者的観点から書いていきます、ご了承ください。

今までライブに行くことは多々あったんですけど、ここまで泣きに泣いたのは初めてでした。
もちろんこれまでのライブでも感動することはあったし、思わず涙してしまうところはありました(ミリオン3rdのアイルとかは今でも本当に良かったと思ってます)
ただ、全編通して胸が痛くなって目頭が熱くなったのは今まで無かったんです。

マスカレードから始まって美月からいちごちゃんへ、いちごちゃんからあかりちゃんへ、そして更にひめ先輩からゆめちゃんへと続いていくバトンの軌跡にどうしてここまで魅せられてしまったんだろうと今でも不思議です。
ちょっと前から何故アイカツ!にここまでハマってしまったんだろう?と考えたりはしていました。まぁ、それが分かると布教するときに的確にポイントを突けるかなと思ったのが始まりだったんですが....。

武道館の話に戻します。
ピックアップして感想を書いていきます。
・スタージェット!
せなちゃんソロを見たのは久々だったので嬉しかったですね。
去年のMFから今日までだとほとんどやってなかったような....?(記憶違いかも)
今ほど歌詞が刺さるタイミングはないかなと思ってました。去年の今頃はパシフィコで初めての大舞台、そこから1年でせなちゃんは大きく成長していたと思います。
来年の今頃、せなちゃんはどんな景色を見つめているのか....。それもまた楽しみです。

・硝子ドール
ゴシック三連打からの作品の垣根を超えたコラボ!圧巻でした。
各々の歌唱力を存分に引き出したステージは会場のボルテージ急上昇って感じだったのではないでしょうか。出てきた瞬間にゲージMAXみたいな。
熱気といえば炎が噴き出る演出も凄かったですね。1日目はアリーナだったのですが、相当な熱さを感じたので演者さん(特にれみさん)は超熱かったんじゃないでしょうか……。

・The only sun light
この曲はツアーでも何度か見させてもらっていたのですが、りさ様の最強歌唱力にただただシビれました。凄いパフォーマンスだったと思います。
まるでエルザが踊っているような錯覚を(後ろの映像も含めて)感じました。
会場が赤のサイリウムで埋まっているのも相まって太陽の強烈な炎で焼きにきているような(?)感覚でした。

・START DASH SENSATION
まさか1日目に来るとは思ってなくてですね。
映像付き、しかも2番に入ってからの映像が去年に見たのと一緒。
この時点でこれはるかさんのリベンジなんだと確信して、絶対に見届けたいという想いだけになってました。
リベンジというのは去年のパシフィコでのSDSのことなんですが、それについてMF2017後にるかさんがブログで言及してたんです。
本文読んでもらえたら分かるかなとは思いますが、るかさんにとってとても大事な曲で、パシフィコの時はあかりちゃんの成長の軌跡を見てリハの時でも泣いて歌えなかったと。
当時僕は会場にいて、泣いて止まってしまった歌を他のアイカツフアンの人と一緒に歌ってました。普段こういうことはやってこなかったんですが、この時は自然に声が出てしまってましたね....。
MF2017のSDSはそんな感じだったんですが、やはり演者としては歌を聴きに来てくれているフアンの人を前にして歌えないということは本当は避けたかったのかな、と僕は考えてます。
そして1年後、武道館で見事るかさんは笑顔で歌い切ってくれました。
2番の中盤くらいから僕はずっと手を合わせて泣きながらステージを見てたんですが、歌い切った時はこっちまで達成感のようなものが押し寄せてきたのを覚えてます。
でもMCの時にやっぱり泣いちゃって、こっちまでまた泣かされてもう何がなんだかって感じでしたけど、会場の人にはあかりちゃんの成長と元気がきちんと伝わっていたと確信してます。

・カレンダーガール
アンコール初っ端がGood morning my dreamだったんですが、その時点で予感はしていた曲です。
アニメのアイカツ!全話中でも125話が自分でも引くくらい泣いてしまうんでアレなんですけど、グッドモーニングの後カレンダーガールとか来たら死ぬ~とか言ってたら本当に来てしまいました。
125話ではソレイユがツアー出発する回でしたが、ある意味スタアニ、アイスタのメンバーの方たちの長い旅の出発という意味では外せないのかなと。
曲単体でも思い入れの深すぎて最早語る言葉が見当たらないくらいですが、メンバーの方のいつもの景色が変わって嬉しい予感に溢れてることを切に願っていたい、そう思わせてくれた楽曲でした。

・Growing for a dream
アイカツ1stシーズンでも特に好きなこの曲が武道館で聴けて本当に嬉しかったです。
聴き慣れないイントロから入る演出もカッコよくてすっごい高まって。
ヒラリ/ヒトリ/キラリとかもそうですけど弱い自分を認めながら強く夢に向かっていくみたいなのが力強く歌われているのがとても自分の心に響いているなと。
わかさまのピンクステージコーデがここでもかわいかったです。プロポーションがすごいきれいなんですよね、本当にDCDからいちごちゃんが出てきたみたいな.....。


・輝きのエチュード
Wake up my musicからのPreciousの時点で予想はしてたんですけどやっぱり来ましたね、輝きのエチュード。
ラジカツの方で言及してたのでどこかで来るかなとは思ってましたが、Preciousが出てきた時点で次だと覚悟を決めざるを得ませんでした。
これも去年のMF2017の話になりますが、リラフェアリーコーデがその時の新ドレスで、エチュードやるのかな?と思ったらその時はやらなかったんですね。(確かエチュード自体は2016とかでやってたような)
で、今回ついにそれが叶ったと。劇場版のあのステージが本当に目の前にあるような、そんな感じでステージを見つめていました。
スモークの演出も相まって幻想的で、その中で歌いあげられる輝きのエチュードの歌詞が心に刺さるようで、覚悟決めたはずなのにやっぱり泣いていました。
で、その後のMCであのわかさまが(あのわかさまが!)泣いているのを見て、こっちまでもう感情ぐっちゃぐちゃにされてどうしたらいいのか分からなくなっていました。
いつもは本当にいちごちゃんみたいに輝いて、とても元気な姿を見せてくれて、アイスタスタアニのメンバーにも気を配って....と本当にスゴい人です。わかさまは。
そんな人が.....って思っただけでも涙出てきますね。これ書いてるだけでも半泣きになってます。

・MUSIC of DREAM!!!
1日目はせなちゃんのソロはスタージェット!でしたが、2日目はこちらもやはりと言うべきかMUSIC of DREAM!!!でした。
去年と比べても格段に上手になってるせなちゃん、その集大成といった感じでした。
最初は優しく、サビに入って力強くなる歌声にはトップアイドルとなるゆめちゃんの風格が宿っているような印象を受けました。
まるで巨大な感情の塊をぶつけられたような感覚に陥って、少しクラっときたのを今でも覚えてます。アレはてっぺんにいるべきアイドルの圧でした。
また2番辺りから微妙に声が安定しなくなって涙ぐんでるのが分かってしまうと、観客席のこちらもやはり我慢できず....自分でもこんな涙脆かったかと思うくらいこの二日間では目頭が熱くなった回数が多かったです。
もうすぐアニメのスターズも終わりますが、最後までしっかりと彼女たちの勇姿を見届けたいですね。

・ドラマチックガール
今回のツアー全体を通して一番印象に残っている楽曲です。
スタアニ・アイスタメンバー勢ぞろいで歌うこの楽曲はアイカツ!シリーズの未来と彼女たちメンバーの未来が明るいものだと信じさせてくれるステージでした。
ドラマチックガールの『未来に約束』のフレーズはまさに今回のアイカツ武道館を象徴する言葉だと思います。

・アイドル活動!
1日目は初っ端、2日目はアンコールラストの楽曲でした。
アイドル活動!に始まりアイドル活動!に終わる、最高の2日間だったと思います。
まさかこの曲で泣く日が来るとは....2日目ラストのこの曲を聴いてるとき、どうしてもこれが最後という想いが溢れてきて良く分からない感情のままただただ泣いて(本当は笑顔で終わらせたかった)楽曲が終わった時にまともに前が見えなかったです。
何だろう、アイドル活動!のキュートな曲調のなかで時節ちょっと寂しげ?だったり、でも盛り上がる時は元気に、そんなこの曲がアイカツ!の看板曲で本当に良かったと思います。
わかさまがピンクステージコーデで出てきてくれたのもまた....(上はTシャツだけど)


・まとめ?
まとまるかなあ(え?)
もうすぐ4月から新たにアイカツフレンズ!が始まり、歌唱担当は声優さんへとバトンを渡されました。
アイカツ!武道館はゴールであり終わりじゃないので、これからもそれぞれの(アイドル達もそうだし、スタアニ・アイスタのメンバーもだし)アイカツ!を続けていくんだと思います。
歌唱担当の方も、フアンの人も、これからの自分のアイカツ!とこれまでの自分のアイカツ!、どちらも大切にしていってほしいなと。切に願ってます。

正直このライブが終わった後に電車が何本か止まるんじゃないかとかちょっと考えてたりもしたんですけど(不謹慎)、みんな卒業で寂しい気持ちが心を埋め尽くす中で一生懸命前を向こうとしてるみたいで。
アイカツ!が伝えてくれたメッセージをみんなしっかり受け止めているんだなと何となく感じてます。
僕もうかうかしてると過ぎ去る時間に取り残されるわけにはいかないので()先を信じて生きていきたいです。スターズ!も見届けないといけないし、フレンズ!も見ないと.....。

まとまってませんが(?)最後に、ここまで未来に向かって、夢に向かって走ることの大事さを教えてくれたアイカツ!という作品と、その作品に多くの色を彩ってくれた歌唱担当の方と制作スタッフの方々に感謝してもしきれないくらいの感謝を。


P.S.
Mia REGINA(わかさま、ふうりさん、りすこ氏の3人で結成されたボーカルグループ)の新譜「Dear Teardrop」(アニメcitrusのED)がつい最近出たのでこれを機にミアレジも知ってくれると嬉しいです。作詞こだまさおり氏です。
ミアレジ曲良いの多いです。THAT'S A FACTとかハバネロとか好き。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事