鵬程万里

自転車四国一周 ―徳島~高松編―

2014/11/29 02:21 投稿

  • タグ:
  • 自転車旅
  • 四国一周
  • 徳島
  • 高松
しがない大学生です。自転車で四国を(約)一周しました。

 ―8月21日―
ライブの後、2回目のネカフェ泊をキメた夜。
駅地下のロッカーに荷物を預けたら、駅地下が閉館時間を過ぎて荷物を取り出せず、
ネカフェでは空調が効き過ぎて、かつブランケットがないという事態で安眠もできず、
一苦労しながらも朝を迎えてこの日もスタートしました。
ちなみに朝のネカフェ内で誰かの携帯から○qua ○imezの曲がアラームで永遠と鳴り響いて
寝起きも悪かったです。何年前の曲だよって憤慨してました。

8月21日のルート

阿波街道で海沿いへ出た所で、水平線の向こうに陸地を発見。
当初は再び本州にお目にかかったかな?と思ったのですが、恐らくは小豆島と思われます。
それでも本州だと思ってた自分は、
またあちらの方へ戻っていくのだなと感慨に耽っていました。
さすがに少し寂しい気持ちです。



と思っていたらうどん県に突入。

さすがに道路沿いもうどんの店ばかりである。
お腹も空いたところでうどんを食べることに。
昨日2食徳島ラーメンで麺類だっただけにやや抵抗があったものの、
うどん県に入ればうどんに従えとも言うので(言わない)
うどん屋を探しつつポタリング。
通りかかった道の駅へ。
しかし、道の駅の方へ横断待ちをしようとして地面に足をつけようとしたその時。
何故か足を踏み外して横転しかけてしまいました……。
反対の道路にいるチャリダーの人に笑われてしまった……。
気を取り直して、道の駅の方へ渡り、駐輪をしてうどん屋へ。
うどん+牛丼セットを頼み、テーブルの方へ向かおうとしたその時。
今度はお盆がふらついてうどんの汁がこぼれて手にかかってしまいました……。
熱々の汁でさすがに苦痛の表情に。
そこで確信しました。
寝不足だ。



うどん+ミニ丼セット
う~ん、普通。
前の記事でも書きましたが、イオンのうどんの方がおいしかったですね。
ここで敢えて麺類を回避し、牛丼単品も考えましたし、逆にうどん単品も考えましたが、
優柔不断に悩みぬいた結果、どちらも取るという体たらく。

さて、腹も満たされたものの、寝不足で意識がはっきりしない不安は残ったままです。
ということでお昼寝場所を捜索。
ちょうど地元のおじさま方が昼寝している場所が!
特大のベンチ(?)みたいなところで、屋外でかつ屋根も着いていて昼寝にピッタリ。
一時間ほどの仮眠を入れておきました。
睡眠は本当に大事ですので皆様油断なさらずに。

11号へ戻り、ひた走るとすぐに高松駅へ。


○松駅
工事中だったようです。

何故かサイコンアプリのログが残っていなかったのですが、なんでか思い出せない……。
高松駅周辺でブラブラしながら今夜の路上ライブを待つことに。
香川は夏場になると水が不足するといううわさがあり、(よくうどん作れるな)
高松駅にある池も海から海水を引いているようです。
その海水池で釣竿を構えている少年が。
周りはホテルや駅など、無機質な風景が広がる中、釣竿を構えるその少年の姿は
この巨大な物質文明社会に抗っているかのようにも見えました(見えない)
と暖かい目で見守っていたら魚が釣りあがって、さすがに私たちも声を上げてしまいました。
そんなこんなで暇をもてあましておりました。



この状況は押すべきかな?



そうこうしているうちに夜が近づく。


ハヤシケイさんの路上ライブ in 高松へと続く。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事