嗤うより哭きたい時に

人間ド失格_ぬるっと媚びる

2019/10/26 00:00 投稿

  • タグ:
  • 日記
  • 雑記
  • 人間ド失格
  • 威風堂々
  • 支配者
  • ネット民
  • 媚び
  • 札束
威風堂々かぁ…他人事な言語、妙な発音もなんかチャラい字の雰囲気も嫌いだ。全くもって自分には無関係な4字だがすぐ、側に、いつもある。

対義語ではないけれど、『媚』という文字はどうだと対にしてみる。常に側にあることもチャラい雰囲気も同じだが決して他人事とは言えない意味が、チクチク刺してくる、こやつ、なかなかの刺客だ。

だが好きだ。



認めている、ああ、私は媚びるということに慣れ、親しんでいると。いや、私の生そのものだと受け入れている。確かに、時には受け入れがたくなることもあり、自分の邪苦点だと感じるともうどうしようもなく惨めで哀れになってしまうけれど。

だがどうだ。

皆、媚びなければ生きていけないのだぞ。認めるべきだ。即刻、直ちに、

=媚ビ生カサレ幸セデス=

と感謝すべきだ、それこそ威風堂々と創造主へ伝えるべきだと言い切ってしまいたい。

こんなことを云ってるくせに何故惨めになってしまったり哀れになってしまうのかと言うと、それは『媚』の仕様が悪いからなんだ、知っている。

背を丸めて頭を垂れ、両手をこすり合わせ、何度も何度も礼を繰り返しては目の挙動が焦点を選ばない……ような。つまりは、視線を合わせないでいること、合わせようとしてもそれが続かず瞬きや考え事をするふりをシて宙へ視線を逃してしまうからなんだ。

何故かって、例えば、相手の言い分に納得がいかないとか明らかに不信を感じている、または理解へは達するが同意はできない、そしてそれを見破られなくない、と感じている時だからだ。

実はこんなシーンは当然で自然で至極日常的なことであると誰もが認めているはずなのにナゼダカこれはそうはっきりと伝えるべきでないとされている、ナゼ?

ナゼもクソも、言っちゃダメなんだぞ、ワタシハソウハオモワナイ、なんて。ならぬことはならぬものなのです。そう、ならぬまでが日常茶飯事なわけで、ワタシハソウハオモワナイと告げることは非日常になってしまう、そういうこと、そういうことにしたんだ先人達が。

そういうことにしたことを破った人達は、世界を変えたり後に人の役にたったとしても、リアルタイムでは弾かれるんだよ、そうしたんだ先人達が。

だからね、人は賢いね、偉いね、ぬるっと媚びる方法を学んだんだね。

なるべく弾かれないように、なるべく日常茶飯事に収まるように、媚びなければ生きていけないなんて認めなくて済むように、ぬるっと、ぬるぬるっと、ね。

ねぇ、みてよ。

今の時代に、真の偉人は存在しない。繋がることで統治されているのに気づかない媚類の蔓延する架空の伝説しかない。

億の時代は古い、札束見せつけられなくする支配に、ぬるっと媚びなければ今のネット民を従えることはできなくなるんだろうね。


私の『媚』は、誰のモノになるんだろう……か。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事