嗤うより哭きたい時に

ロケハン_板橋区散策_東京大仏浄蓮寺周辺

2019/10/05 00:00 投稿

  • タグ:
  • 板橋区
  • 赤塚大仏
  • 東京大仏
  • 浄蓮寺
  • 日本で3番めに大きい大仏
  • 兵庫大仏
  • 阿弥陀如来
  • 日本三大大仏
  • 雑記
  • 日記
今日もロケハン、と言っても約2時間のあっと言う間のささっと散策。板橋区の埼玉より、東武東上線下赤塚駅から出発したんですよ。最近、板橋区の知名度や認知度がかなり低いことを知りロケハンにはぴったりなのでは?と思って。



そう言えば結局なんの撮影だったのかわからなかったけれど「すZ」ちゃんが赤塚で撮影してたっけ。しかも、そこは超地元民でなければ通らない道で、私はよく通るのでその撮影1ヶ月前に地元民らしくない方がウロウロしてたことを思い出し、あーアレはロケハンだったんだなーと妙に納得してました。都内でロケなんて珍しくないでしょうけれども、赤塚って、赤塚って…とちょっと不思議だったーのよ。

Themeは【庭園・緑地・公園】、実はこのThemeは2度目。前回は本当に名もなき公園めぐりでした。今回は赤塚大仏=東京大仏のある『乗蓮寺(じょうれんじ)』、東京都板橋区赤塚五丁目にある浄土宗の寺院周辺で見廻組してきました。

『八代将軍・徳川吉宗の鷹狩の際の休憩所・お膳所としても使われた【浄蓮寺】 より抜粋 らしく、あちらこちらにあの名台詞で翳される『葵の御紋』が。直ぐに徳川と所縁のあるお寺様とわかります。私は徳川吉宗の鷹狩…と言えば激アツ演出を思い出してしまうー。はは、あはははは。

東京大仏、俗に赤塚大仏と言われるこちらの大仏は、1977年に関東大震災や東京大空襲などの悲惨な震災や戦災が再び起きないよう願いを込めて建立されたらしいです。『阿弥陀如来坐像』であらっしゃって、青銅製の鋳造大仏では、奈良鎌倉に次ぐ日本で3番目の大きさ座高8.2メートルの計12.5メートルで、大きいと言えば大きいけれども、奈良の大仏さんを思うと…大きさの差が極端に感じられましたね。

そう言えば私、日本三大大仏(奈良大仏/鎌倉大仏が2尊とされていて3尊目からは変動している)の一つでもあった『兵庫大仏』も見たことがあって、もっと大きかったですね、大きさで言えば。金属類回収令で解体されたらしく、『再建時にその金属片を混入したものを使用している【兵庫大仏】 より抜粋 
とあるので、赤塚大仏側からは比較対象にしていないのですね。鎌倉大仏より大きいと言うのに…。はは、あはははは。

浄蓮寺については、こちら様のサイト様【伝統の日本紀行】にて、シンプルに整った画像など置いておられます。

いやーなかなかに素敵なお寺様でした!ありきたりに、こんなところにこんな素敵な空間があったんだーとこれまたありきたりな口調で言ってしまいました。大仏様の大きさとかそんなの気にならないようになり、それよりも、こじんまりしてるのにスッコーーーンと空気が変わる、身が清められるような感覚になるムード。近くに住んでいたら毎日通いそうです
。つか、絶対また行く。

坂道が多く、短い時間だった割に足腰にはしっかりと負担の痕跡が…。それでもね、駐車場もありましたが近隣には名所も多く、お散歩で訪れることをオススメするよっ。あ!それからね、下赤塚駅1′のところにあの「のとや」があるのだよー。知人に教えてもらったんだけどもー、へ?ココは名所なの?と思ったけどもー、まぁ、取材も多いらしいし、「のとや」近隣はドラマ「ハローネズミ」のロケ地でもあったしね、名所扱いOK。

赤塚、ナニゲしゅげーよ。しゅげーしゅげー。


は。

ロケハンは?



コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事