嗤うより哭きたい時に

人間ド失格_沼を見失い

2019/10/01 04:34 投稿

  • タグ:
  • 人間ド失格
  • 不安
  • 孤独
  • 人格
  • 八つ当たり
  • 雑記
  • 日記
  • パニック障害

自分という存在とか人格に満足できる人であったのは随分昔。

もうほとほと信じられないくらいに腐りきってしまうほどに、今は自分のことが嫌いだ。だって、笑えない。心底笑ったりなんかできない。なんで、だ。いつからだ。



だからって逆に、凄く怒ってるとかとても悲しんでるとかじゃない。憎しみや恨みや妬み…、ほどほどにあるようだけれど、ここがこう、どこがどうって明確に説明はできない程度で時々チクっとするだけ。これが厄介なのかな。

朝起きると、瞬時になんだか、ただただ孤独で不安

そして、気になってること、やらなきゃなんないこととか浮かんでくると同時にイライラも浮き上がってくる。確かに、私は病んでるけれども。2年前のある事件からどうしようもなく様々なことにもやもやとしたものを感じるようになってしまい、パニックが頻繁に起こるようになってしまった。気圧とかね、年齢とかね、仕事とか、理由はあるんだろうけれどもね、自身には明確な理由が見つからない状態が続いていて、あろうことか八つ当たり的に人と言い合うような事が起きた。

私は八つ当たる人間が嫌いだ。イライラを伝染させる人を心から軽蔑してきた。だから、「そんなつもりはないけれど八つ当たりしちゃった?」なんてことはないしなかった、はずだ。そもそも、「そんなつもりはないんだけどってなんだ?」と思ってる人なので、それこそ自身が気づかない内に誰かを怒らせることなどなかった、ない、はずだ。

これは、はずだっただけなんだな、と今になって確信を許してしまう。

SNSとかで、割とマジに「あー、もう死にたい!」とか「友達整理します!」とか「え?どうした?なんかあった?」って言えよーって催促されることも大嫌いだったから、自身はかまってちゃんにはなりたくないと心底思っていたのに、今こうしてこんな記事を書いてるのだから腐ろうとしているに違いない。

なりたくない自分になる、なんてありきたりな現実に向き合うことになるとは…、調子狂う

沼を見つけられないようになったら終わるんだな、生きがいとか楽しみとかなくなるんだな、沼って大事だったんだな、沼で溺れそうになって困った困ったって言ってる内は、

まだ生きてるんだな、

そう思う。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事