鮎滝 渉のブロマガ

天皇陛下の「お気持ち」表明を受けて(2) そもそも天皇とは何なのか? 日本の権威を担う天皇

2016/08/11 17:20 投稿

  • タグ:
  • 政治
  • 天皇
  • 天皇陛下
  • 選挙
  • 言論
< 目 次 >
(1) 天皇陛下から国民への御相談にどう答えるか?
(2) そもそも天皇とは何なのか? 日本の権威を担う天皇 ←いまココ
(3) そもそも天皇とは何なのか? 祈りを捧げる天皇
(4) かつては戦争も引き起こした天皇の譲位
(5)’ 嫡出子継承を守る英国、男系継承を守る日本 [9/10改訂]
(了) 伊藤博文たちが考えた天皇の譲位問題と、最後に私見
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

日本国憲法が定める天皇

天皇の法的な側面は、日本国憲法で次のように定められています。

日本国憲法
第三条 天皇の国事に関するすべての行為には、内閣の助言と承認を必要とし、内閣が、その責任を負ふ。

第四条 天皇は、この憲法の定める国事に関する行為のみを行ひ、国政に関する権能を有しない。
2 天皇は、法律の定めるところにより、その国事に関する行為を委任することができる。

第五条 皇室典範の定めるところにより摂政を置くときは、摂政は、天皇の名でその国事に関する行為を行ふ。
この場合には、前条第一項の規定を準用する。

第六条 天皇は、国会の指名に基いて、内閣総理大臣を任命する。
2 天皇は、内閣の指名に基いて、最高裁判所の長たる裁判官を任命する。

第七条 天皇は、内閣の助言と承認により、国民のために、左の国事に関する行為を行ふ。
一 憲法改正、法律、政令及び条約を公布すること。
二 国会を召集すること。
三 衆議院を解散すること。
四 国会議員の総選挙の施行を公示すること。
五 国務大臣及び法律の定めるその他の官吏の任免並びに全権委任状及び大使及び公使の信任状を認証すること。
六 大赦、特赦、減刑、刑の執行の免除及び復権を認証すること。
七 栄典を授与すること。
八 批准書及び法律の定めるその他の外交文書を認証すること。
九 外国の大使及び公使を接受すること。
十 儀式を行ふこと。

第七条に天皇の国事行為が列挙されていますが、すべては内閣の助言と承認に拠るため、天皇が行うのは行為の部分だけです。

第四条にあるように、天皇は国政に関する権能を持っていません。
したがって、国会で成立した法律に対して、天皇陛下が「国会はそう言うが、私はこうした方がいいと思う」と変更を加えることは出来ませんし、「こんな法律を公布するわけにはいかない」と公布を拒否することも出来ない訳です。

仮に、「天皇制廃止」を掲げて選挙で大勝した政党の党首が、国会で内閣総理大臣に指名されたとしても、天皇は粛々とその内閣総理大臣を任命することになります。

権威による裏付けを行う天皇

「そんな天皇は、ただの飾りじゃないか? わざわざ天皇を置いて、天皇が国事行為をやる必要あるのか?」というのが、よくある天皇廃止論の始まりです。しかし、それは天皇が行っている「権威による裏付け」を見落としています。

権威というと、権威主義など否定的なイメージがつきまとい、「権威なら、なおさら天皇は要らないだろう」という話になるかもしれません。私も、科学研究における合理的な証明、企業経営における経済合理性に沿った議論といった場では、権威主義は捨てるべきだと思います。

しかし、合理的に決まるとは限らない政治に関しては、権威による裏付けは必要です

政治を担う権力者の地位は、権力闘争で奪い合うことが出来ます。
では、権力闘争を勝ち抜いた者を、そのまま正統な権力者として周囲が認めるかと言うと、そうとは限りません。しばしば、権力闘争を勝ち抜いた者は、周囲に認められずに権力者を僭称する「自称権力者」に陥ることがあります。

国家という規模を、自称権力者で治めることは不可能です。
自称権力者が法を定めようとしてもそれに従わない民が続出しますし、「お前が権力者だと言うなら、オレも権力者だ」と自称権力者が乱立することもあるでしょう。戦国大名たちが暴れ回ったかつての戦国時代は、まさに自称権力者の乱立した時代でした。

そうした混乱に一定の秩序を生み出すのが、権威による裏付け、という補完システムです。

戦国時代は、天皇などお構いなしに大名たちが斬り合いをしていたように見えますが、実は大名たちは強く天皇の権威を求めてもいました。

天皇家を滅ぼすつもりだったと噂される織田信長でさえ、安土城に正親町天皇の行幸を得ようと、本丸御殿に「御幸の間」を作っています。信長の後継となって天下統一を果たした豊臣秀吉は、公家の最高位である関白に就き、聚楽第に後陽成天皇の行幸を得ています。その豊臣家を滅ぼして幕府を開いた徳川家康も、朝廷から征夷大将軍への任命を受けて、実権は幕府・権威は朝廷という仕組みを利用しています。

いずれも、当時、最大最強の軍団を率いていた権力者でした。
そんな彼らでも、自称権力者に陥ることを避け、天皇から権威による裏付けを得た権力者になるように手を打っています。周囲に自称権力者が溢れている中で必要な差別化を図っただけとも説明できますが、彼らは自称権力者の脆弱性を痛感していたのだと思います。

そして現代日本。
天皇は変わることなく、国会で過半数の賛成を得た指名とはいえ賛否両論を抱えた内閣総理大臣へ、権威による裏付けを与えています。国会を牛耳っただけの自称内閣総理大臣ではなく、天皇に任命された内閣総理大臣であるからこそ、国家を治める重さがある訳です。

権威の担い手は天皇でなければならないのか?

突然ですが、内閣総理大臣、何年前まで遡って名前と顔を一致させられますか?
「30年前の総理大臣は誰か?」と聞かれて、すっと答えられる人はなかなか居ないのではないでしょうか?ちなみに、正解は中曽根康弘です。

内閣総理大臣は国権の最高機関である国会で首班指名されていますが、平均で2年2カ月、最短で2カ月で交代するような人物です。正当な手続きを踏んでその地位に立った以上、内閣総理大臣は、時の権力者としての権力を振るうことができます。しかし、「そういえば今の総理大臣って、誰だっけ?」と思われる人物では、”国家の権威”を担うには役者不足です

一方、天皇はどうでしょうか?

今上天皇陛下は昭和64年に即位されて以来、27年と7カ月の間ずっと天皇です。先の昭和天皇は、62年と13日、足掛け64年という間、天皇で居続けました。総理大臣は知らない人でも、天皇陛下はほとんどの人が知っているはずです。この「え、誰?」と聞かれないという知名度は、権威の担い手としてとても重要なことです。

世間には天皇制廃止を叫ぶ声もありますし、特にネットでは天皇への個人攻撃をする声もあります。しかしながら、結局、それらの声が日本を埋め尽くすことはなく、天皇家は続いています。日本では、フランス革命のような王権打倒は起きていません。

「結果的に変えられなかった」というのは重要なことで、積極的にしろ、消極的にしろ、無関心にしろ、圧倒的多数の日本人は天皇を否定してきませんでした。天皇家は、「打倒されなかった歴史」を神武天皇の即位から数えて既に2676年間、神話が歴史に変わる時代から積み重ねてきた家系なのです

日本に、天皇・天皇家以上の権威を生み出すことは難しいでしょう。

天皇の国事行為を具体化すると

話が抽象化してしまったため、宮内庁のホームページから天皇陛下、皇后陛下がこなされた先月(平成28年7月)のスケジュールを見てみましょう。

1日(金)
 天皇皇后両陛下 ご会釈(勤労奉仕団)(御所)
 天皇陛下 お茶(退職認証官)(御所)
4日(月)
 天皇皇后両陛下 午餐
   (在京外国大使夫妻(ブルガリア,キューバ,トンガ,リトアニア))(宮殿)
 天皇皇后両陛下 ご覧
   (日韓国交正常化50周年記念 特別展「ほほえみの御仏―二つの半跏思惟像―」)
   (東京国立博物館(台東区))
5日(火)
 天皇皇后両陛下 お茶(新任外国大使夫妻(タイ,南アフリカ共和国,オランダ))(御所)
 天皇陛下 ご執務(御所)
6日(水)
 天皇陛下 拝謁(赴任大使)(御所)
 天皇皇后両陛下 お茶
   (赴任大使夫妻(ブルガリア,コンゴ民主共和国,ルクセンブルク,モルディブ))(御所)
 天皇皇后両陛下 ご説明(スポーツ庁長官(障害者スポーツの振興について))(御所)
 天皇皇后両陛下 ご出席(小児がん征圧キャンペーン20周年チャリティーコンサート
   「生きる2016~小児がんなど病気と闘う子どもたちとともに~」(後半))
   (Bunkamuraオーチャードホール(渋谷区))
7日(木)
 天皇陛下 お茶(退職認証官)(御所)
 皇后陛下 ご鑑賞(徳永二男楽壇生活50周年記念演奏会「魂の協奏曲」(後半))
   (サントリーホール(港区))
8日(金)
 天皇皇后両陛下 健康診断(定例ご検査)(宮内庁病院)
9日(土)
 天皇皇后両陛下 ご引見(離任ハンガリー大使夫妻)(御所)
 天皇皇后両陛下 ご鑑賞
   (日本フィルハーモニー交響楽団 創立60周年記念 第682回東京定期演奏会(後半))
   (サントリーホール(港区))
10日(日)
 天皇皇后両陛下 健康診断(定例ご検査)(東京大学医学部附属病院(文京区))
11日(月) ~ 14日(木) 葉山御用邸ご滞在
   11日(月)
     天皇皇后両陛下 皇居御発 葉山御用邸御着
   12日(火)
     天皇陛下 ご執務(葉山御用邸)
   14日(木)
     天皇皇后両陛下 葉山御用邸御発 皇居御着
15日(金)
 天皇陛下 ご執務(御所)
 天皇皇后両陛下 ご説明(宮内庁総務課長(地方行幸啓について))(御所)
18日(月)
 天皇皇后両陛下 ご昼餐(パラオ大統領閣下)(御所)
19日(火)
 天皇皇后両陛下 ご懇談(皇太子明仁親王奨学金奨学生(日米2名))(御所)
 天皇陛下 認証官任命式(大使等7名)(宮殿)
20日(水)
 天皇陛下 信任状捧呈式(チャド,モンテネグロ)(宮殿)
 天皇皇后両陛下 拝謁(人事異動者)(御所)
 天皇皇后両陛下 ご昼餐(新旧外務省総合外交政策局長)(御所)
 皇后陛下 ご覧(国際子ども図書館リニューアル記念展
   「現実へのまなざし,夢へのつばさ:現代翻訳児童文学の半世紀」)
   (国立国会図書館国際子ども図書館(台東区))
 天皇皇后両陛下 天蚕(ヤママユ)の収繭ご作業(吹上西通り野蚕室)
21日(木)
 天皇陛下 信任状捧呈式(バハマ,キプロス)(宮殿)
 天皇陛下 ご進講(外務省総合外交政策局長)(御所)
 皇后陛下 ご進講(外務省総合外交政策局長)(御所)
 天皇陛下 内奏(総務大臣)(御所)
22日(金)
 天皇皇后両陛下 健康診断(定例ご検査)(宮内庁病院)
25日(月) ~ 28日(木) 那須御用邸ご滞在
   25日(月)
     天皇皇后両陛下 皇居御発
     天皇皇后両陛下 ご挨拶,少時ご歓談
       (栃木県知事,県議会議長,県警察本部長)(那須御用邸)
     天皇皇后両陛下 栃木県知事より県勢概要ご聴取(那須御用邸)
   26日(火)
     天皇皇后両陛下 ご訪問(酪農・和牛繁殖農家(ご視察並びに生産者等ご懇談))
       (那須塩原市)
     天皇陛下 ご執務(那須御用邸)
   27日(水)
     天皇皇后両陛下 ご散策(那須平成の森)(那須町)
   28日(木)
     天皇皇后両陛下 ご挨拶,少時ご歓談
       (栃木県副知事,県議会議長,県警察本部長)(那須町)
     天皇皇后両陛下 皇居御着
29日(金)
 天皇皇后両陛下 ご説明(宮内庁総務課長(地方行幸啓について))(御所)
 天皇陛下 ご執務(御所)
 天皇陛下 認証官任命式(高等裁判所長官1名)(宮殿)
30日(土)
 天皇陛下 明治天皇例祭の儀(皇霊殿)
 皇后陛下 明治天皇例祭に当たりご遙拝・お慎み(御所)
31日(日)
 皇后陛下 ご鑑賞(日野原重明プロデュース「奇跡の歌声に乗せて愛と生きる力をあなたに」
   ベー・チェチョルコンサート(後半))(東京オペラシティコンサートホール(新宿区))

天皇陛下がこなされる一カ月のご公務の量は、こんな感じになります。御用邸ではご静養されているものだと思っていましたが、結局、あちらでもご執務があるのですね。

19日に、「認証官任命式(大使等7名)」という権威による裏付けを行うご公務もあります。

外国大使を招いての午餐(昼食会)やお茶会が頻繁にありますが、これらも大事なご公務です。日本国憲法 第七条にも「九 外国の大使及び公使を接受すること。」とあります。

外国から派遣されてくる大使は、母国の元首から信任状を受け取って日本へ来ますから、日本も元首級の人物で応対する必要があります。お互いに国家の誇りが懸かっている話であり、格下の人物を当てたりすると、「侮辱された」と戦争の火種を作りかねません。
元首級で国際標準のおもてなしが出来る人物となると、日本では自然と天皇陛下、皇后陛下に決まってきます。

内閣総理大臣は内閣総理大臣で政治の実務に追われていますし、総理大臣とは別に、国家の権威を天皇が担っている現状は、国家として理想的な形ではないでしょうか?

(つづく)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
織田信長は本能寺の変で討たれたため、本当に天皇家を滅ぼすつもりでいたのかは不明です。しかし、天皇家を打倒する手段として、流血沙汰は考えてなかったはずです。

信長も朝廷から右近衛大将に任じられており、天皇は主君にあたります。朝廷は毛利輝元や上杉謙信にも官位を与えていますし、信長子飼いの武将たちも朝廷から官位をもらっている立場です。単純な武力による打倒に出れば、毛利や上杉などによる外からの圧力だけでなく、織田家内部からも造反者を出しかねない危険性は計算できていたはずです。

信長が考えていた手段は、おそらく天皇位を信長に禅譲させること。信長が政治的実権を握った状態で天皇を手元に置き、天皇位継承への関与などで天皇の権威を形骸化させ、天皇から信長への譲位を自発的に引き出すことができれば、大義名分を他に与えることなく日本で唯一の帝王になれます。

もし、信長に権威をこれぐらい慎重に扱う意思が無かったならば、安土城に御幸の間など作らず、さっさと御所を焼き払っていたでしょう。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事