鮎滝 渉のブロマガ

自称中級者のMinecraft日記 part.161 二の丸建築編(25) 外装飾3.8周目・ 茶室前庭園(露地)

2016/04/13 19:35 投稿

  • タグ:
  • Minecraft
  • マインクラフト
  • マイクラ
  • 二の丸御殿
二の丸御殿庭園造りの最後は、茶室前の庭です。
茶室から厠がチラチラと見えるのは、やはりいい感じがしないため移設します。


分かり難いスクリーンショットになりましたが、御用所西の厠を北に移設するべく、御用所北側の敷地を拡張しています。


Part.150 で設置した厠を・・・


御用所の北に移設しました。


台所の廊下も西にずらして、茶室前に葉ブロックで区切った空間を確保しました。花見でもしようかと桜を植えていましたが、露地っぽくしようと思い直しました。

露地というのは、茶室に付随する和風庭園です。茶庭とも呼びます。
茶室への通路として発展した庭で、露地を通ることで心の塵を払い去り、主人と客人との一期一会の席に臨む準備をする道程として整えられました。形としては、客人が伝い歩くための飛石、口をすすぐための手水鉢と役石からなる蹲踞(つくばい)、主人からの迎えを待つ腰掛、灯火をともすための石燈籠などが置かれます。

桜を伐って、土に替えます。



試行錯誤しながらなので、制作過程はカット・・・

こんな感じの露地になりました。台所前の勝手門から始まります。




茶室から庭を見たところです。

御殿の中に作る茶室に面した庭ですし、露地である必要は無かったと思います。そもそも、露地は茶室から眺める庭でもありませんしね。しかし、茶室、茶室前の庭、台所前の勝手の配置から改めて考えを深めて、「藩主が、玄関を飛ばして、茶に人を呼ぶことがあっても良いな」と思い、露地にしました。

では、続きはPart.162で

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事