鮎滝 渉のブロマガ

自称中級者のMinecraft日記 part.155 二の丸建築編(19) 襖のテクスチャを変更する

2016/04/05 18:56 投稿

  • タグ:
  • Minecraft
  • マインクラフト
  • マイクラ
  • 二の丸御殿
先行して襖を入れた対面所でテストをしながら、襖絵を変えていきます。


まずは素直に、お気に入りのテクスチャ集である 黒テクスチャ の襖絵を適用してみます。


黒テクスチャの襖絵も良いのですが、画像のように襖が12枚とか並ぶ場所だと、もっと装飾の少ない襖絵の方がいい気もします。

なので、こうしてみました。

黒テクスチャの羊毛ブロック(白)を貼りあわせて下地となるpngファイルを作り、RGBバランスを調整。その上のレイヤーに襖の木枠だけを描いたpngファイルを重ねて、両者を結合して作った襖テクスチャです。やはり、黒テクスチャの格子柄は良いですね。

と、近景はいい風合いになるのですが、離れて見ると簡素になり過ぎます。

下地のpngファイルと木枠のpngファイルの間に、Minecraftの草ブロックや葉ブロックのシルエット画像を入れてみたりしたのですが、やはり12枚並ぶとうるさい画になります。

そこで、内側の二枚だけに絵を入れて、その脇には今の無地の襖を使うことにしました。絵を入れる襖には、襖と同じ挙動をする雨戸を使いたいと思います。


襖絵には、花のイラスト『百花繚乱』 からお借りした、No.326『笹の葉・和風』を使ってみました。



うん、これぐらいが良いですね。結果、襖絵に使う画像の入れ替えが楽になる工程を作れましたし、気が向いた時に襖絵を変えていくのもいいかもしれません。

では、続きはPart.156で

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事