ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

ブロンゴの日常を配信してみんとする也。-オフショット。

ぎるうぉにトラベログ。Guildwars2 - 2016/4/19 PatchNote 日本語翻訳 2/2

2016/05/04 07:15 投稿

  • タグ:
  • GW2
  • Guildwars2
  • PCゲーム
  • WvW
  • MMO
  • 基本無料
  • オンラインゲーム
  • 2016/4/19パッチノート
  • 攻城戦

※Twitchへ夜逃げしました。URLはこちら。
https://www.twitch.tv/shrike_k/profile


もうだめぽ・・・

ゲイのオフェラーリかな?



「あなたはイかされました。」

ということで後半戦です。

後半のClassごとのスキルの欄とか、見やすくするために
置換したり文字消したりする作業でゲロはきそうだったから
数値とか逆になってるかも。使わないクラスのことは知らんのよね、サーセン。

でも、各クラスごとの冒頭文でおおよそ行った修正のサマリーが書いてあるから
まぁなんとなくどんな調整したかがわかるよねってことでね。テヘペロ。

つかれた!えらいと思ったらSteamとかG2Aでゲームおごるといいよ!
ちなみにウォッチオーバーとかほしいな^^^^^たぶんちょっと触って積みそうだけど

◆◆◆レイド戦◆◆◆

◆◆レイドロビー◆◆

RAIDをやりやすくし、Verdant Brinkの人口密集を防止するため、
フォート・マリナー内にライオンアーチ飛行場へいけるRAIDロビーを追加しました。
プレイヤーはロビー内で以下のものを利用できます。

・Spirit ValeとSalvation Passに行けるレイドポータル
・Bank access
・Trading Post access
・A repair anvil
・A laurel vendor
・A basic magnetite vendor who sells boxes of ascended gear
・特殊部隊専用の訓練場(要はDPSチェック用などの試射場みたいなトコ)へのポータル

◆特殊部隊専用の訓練場について◆

プレイヤーは自分のクラスと、DPS出力についての詳細を知ることができるよう、
以下の調整を行うことができるRAIDロビーからアクセス可能なインスタンスを構築しました:

・DPSトレーニングゴーレムを追加または削除できます。
これらのゴーレムは、体力の20%が減少するごとに個々のプレイヤーのDPSを報告、
ならびにプレイヤーが最初にゴーレムを攻撃してから経過した時間と合計ダメージを報告します。

・自分自身にバフ効果や、特定の職業固有の効果を追加または削除できます。
・生成されたDPSトレーニングゴーレムに任意の条件を追加または削除します。
・クールダウンタイムをリセットできます。
 また、パーティーリーダーは、以下の調整も行うことができるようになります:
 →自分のパーティ全体へのバフおよび特定の職業固有の効果の追加または削除。
 →パーティ全体のクールダウンタイムもリセットできます。
 →付近の全てのプレイヤーに毎秒2%の総ダメージを与えるパルス被害フィールドのオンまたはオフ。


◆◆◆Scribing◆◆◆

根底として、スクライビングのコストを下げ、スクライブのレベリング行程を改善しています。
多くのスクライブレシピを簡略化し、材料消費を低減させることと、
レアな材料アイテムのドロップ率をあげ供給を増加させることで調整を行っています。
ビルドにかかる時間も大幅に削減されており、 Resonating Sliversの新しいソースが追加されました。

具体的には以下の変更が行われています

・Ascalonian Lumber Cores, Alpine Lumber Cores, Krytan Lumber Cores,
 Coastal Lumber Cores, and Arid Lumber Cores のドロップ率調整。
・Modniir Battle Hymnsは一部条件で確定ドロップです。
 (※プレイヤーがUzolan’s Mechanical Orchestra collectionを持ってる場合。)

・Resonating Sliversはすべてのデイリーからドロップし、また
ギルドホールでとWVWで鉱石リソースノードからドロップするチャンスがあります。
つまりギルドミッションは、複数のResonating Sliversと20シルバー以上のおかねがもらえます

・高い階層のResonatingアイテム(コア、ロードストーン等)の代わりに
Resonating Sliversを使用するように、すべてのWvW schematicsを調整しました。

・すべてのsandpaperを10piles of coarse sandで作成できるよう調整しました。
・すべてのインクセット作成時、インクセットの前の層を必要としません。
・紙のシートを作成コストを低減 … 5pulp →1pulp
・すべてのblotting powders作成時、高い階層のResonatingアイテム(コア、ロードストーン等)の代わりに、Sliversを必要とします。
・finishing kitのコストが削減されました。それは今だけ仕上げキットを作成するために、アマニ油と1サンドペーパーの1バイアルが必要になります。
・いくつかのdecorationsの必要材料を減らしました。

・新しいレシピを追加しました:
Globe of Whispers
Boxes of scribing supplies that can only be crafted once:
 →Box of Initiate Scribing Supplies
 →Box of Apprentice Scribing Supplies
 →Box of Journeyman Scribing Supplies
 →Box of Adept Scribing Supplies
 →Box of Master Scribing Supplies

・スクライブ素材タブ内にギルドトレーダーのメニューを追加しました。
・すべての基本的なdecorationsが、ギルドワークショップで作られたCullenからすぐに入手可能です。
 →ギルド市場におけるdecorationsベンダーは現在、すべての装飾を24シルバーで販売しています。
・すべての組立時間は、スーパーアドベンチャーボックスの装飾を除いて、30秒に短縮されました。
 →Resonanceベンダーは削除されました。
 →ギルドミッションでresonanceを得ることはできなくなりました。
 →Shards of Crystallized Resonanceはベンダーに売却することができるようになっています。
・Linseed Oilを精製するためのクラフトレベルの要件は、現在400から0まで低下しています。

◆WvWについて

◆WVW-WORLDの別サーバー間マッチングについて(ベータ版)◆◆

WvWにおいて、よりバランスの取れた組み合わせを達成するために、
人気サーバーとそうでないサーバーを組み合わせてWVWの戦場を供にします。
これは金曜日リセットで始まり、ペア先のサーバーにWvWを介して移動することなどはできません。
あくまでWVWエリアでプレーする時だけの統合と考えてください。
ペアリングされているサーバーはWVWパネルでサーバー名の右側にあるプラス記号で表示されます。
また、プレイヤーは一方の仲間のサーバーが現在そのチームの一部であるかを確認するために、
サーバー名の上にマウスを合わせることができるようになります。

我々は既存のチームのメンバーシップを大幅に揺さぶり、混乱を招く可能性があるため、
しばしばサーバーの組み合わせに関するデータをリセットすることがあること、ご了承ください。
これは、おそらく今後数週間の対戦で、より多くのバリエーションがあることを意味します。
また、新しいさーばーのグループ分けは、必ずしも永続的ではないことも注目のひとつです。
私たちは、みなさんがが時間をかけてシフトとして一緒に異なるサーバーをリンクするためのオプションを持っています。
我々はβテストとして、ライブサーバー上でテストするためにWVWコミュニティを求めてサーバーを解放しています。

◆WVWのReward TRACKSについて(ベータ版)◆

Reward TrackはWvWに追加されました。これらは、既存のRewardとほぼ同じです
いくつかのRewardはWVWのプレイヤーを対象するように調整されていることを除いて、
あなたはPvP Reward Trackの恩恵をWvWで享受できるようになります。
また、Trackの中には、プレイヤーに新しいWVW専用アーマーセットを得る機会を提供しています!

また、いったんRewardTrackがWvWで追えるベータテストを備えるにあたり
Battle legendary crafting componentのギフトはベンダーから購入できなくなり
独自のReward Trackを介して獲得されます。

試合の終わりに進行となるPvP Reward Trackとは異なり、WVW Reward Trackは、各得点ティックの最後に進行となります。
WvW Reward Trackの進行は15分間隔で起こります。Reward Trackの進行する量は、あなたの参加レベルによって決定されます。
プレイヤーたちは自分のサーバーの勝利に向かって支援をすることで、彼らの参加レベルを増加させ、
各スコアリング間隔でより多くのReward Trackの進行状況を獲得することができます。

最後に、例えば哨戒や防衛役のような、Rewardをえることが難しい役割についてです。。

組織的なギルドでは、哨戒や防衛役のプレイヤーに対し、私的にお金をキックバックしているのが一般的になっています。。
我々開発チームは、この問題を解決するためにチームのシステムを活用してきました。

あなたの司令官はチーム内のうち5人のために、チームの参加を共有する1人を割り当てることができるようになります。
これらのプレーヤーは、自分自身の活躍に関する諸権利をを獲得しませんが、代わりに分隊メンバーのアクションに基づき
参加権を獲得することができます。これは、目的の防御や、敵の探し出し、また重要であるが参加権のない他の任意の仕事
などなどを実行するためにそれらを解放し、彼らはその部隊における参加者となり、Rewardを稼ぐための支援をしています。

◆WVW-PROVISIONS MASTER◆

この新しいWvWアビリティは、Permanent Portable Provisionerを介してお金(やトークン)を払って買い物をしたり
プレイヤーの能力を向上させる様々なことができるようになります。
Provisions MasterI:プレイヤーが任意のWVWのoutfitterからPermanent Portable Provisionerを購入することができます。
          これら商品は、WVWのどこからでも攻城兵器の設計図を購入することができます。
Provisions MasterII:Permanent Portable Provisionerで買えるものが増えます。トリックやトラップを購入することができます。
Provisions MasterIII:Permanent Portable Provisionerで買えるものがさらに増えます。食品やユーティリティ消耗品を購入することができます。
Provisions MasterIV:敵が落とした戦利品を自動でピックアップするようになります。
Provisions MasterV:敵を倒した時のBadges of Honorの量を増加させます。

◆◆WVW、Borderlands(デザートボーダーランズ)について◆◆

マップのレイアウトは大きくテコ入れしました。
特に3つの砦の周辺や、ナビゲーションを改善し、戦争をするための空間づくりにこだわりました

はじめに
・バリケードは完全に削除されました。
・特定の場所に、落下ダメージを打ち消す、干し草の俵を追加しました。

Fire Keep

・砦その周辺の火砲塔の数を減少させました。
・ボス部屋は溶岩に覆われ、橋がかかっている構造にしました。
・溶岩を減らし、砦外の経路を拡大しました。
・砦につながる新しいルートを開きました。
・いくつかの障壁の撤廃により、砦の外側へのアクセスが簡単になりました。
・砦の上にあった砂丘のうち、半分は削除されました。これに伴い、一部、生物の配置を変更しました。

Air Keep

・砦とその周辺の砲塔の数を減少させました。
・ジャンプパッドを介してアクセスする場所の多くを傾斜や階段に変更しました。
・ボス部屋に至るまでの追加の階段を追加しました。
・防御が困難であった特定の壁のレイアウトを改善しました。
・砦外の橋の多くを拡大しました。
・砦につながる新しいルートを開きました。
・いくつかの障壁の撤廃により、砦の外側へのアクセスが簡単になりました。
・南キープの竹の橋エリアが簡素化され、地形が変更されています。

Earth Keep

・ボス部屋に至るまでの追加の階段を追加しました。
・砦外の峡谷を拡大しました。
・峡谷にあったテレポーターの多くを削除しました。

◆◆WVW-スキルバランス◆◆

次の変更は、主にWVWのバランスを改善するために行われました。
これらの変更について、各クラスの変更の項で重複して書かれることをご了承ください。

■Stability■(※この項目訳し方わからん!)

Stability:制御効果によって除去することができる安定頻度は0.05秒→0.75秒に増加しました。
      安定性制御を介して除去されたときに簡単な効果は、現在の文字に再生されます。

この変更は、恩恵が持続時間を積み重ねたときにそれがあったように(ミドルグラウンドでオンまたはオフ)
バイナリとなることを除き、制御するために、免疫の最小持続時間があることが保証されます。
この変更は、主にWVWを対象としていますが、同様にPvPとPvEにも適用したいと考えています。
我々は、このの有効性を監視し適切に対処していきます。


■プレーヤーの壁やヒットキャップ■

壁をはるスキルがWVWのような大規模な戦闘においてゲームプレイの停滞を引き起こし、
現在、スキル使用者の人数が多いシチュエーションであまりにも効果的に機能しすぎています。
このアップデートでは、我々は壁系スキルが強い安定性を保っている状況を打破するため
影響を与えることができるターゲットの数を減らすことにし、以下のターゲット・キャップ変更を行っています。

エレメンタリスト:
Static Field:敵を気絶させる対象の数が10になりました。
Unsteady Ground:持続時間を4秒に増加。敵をノックバックさせる対象の数が10になりました。

ガーディアン:
Ring of Warding:敵をノックバックさせる対象の数が10になりました。
Line of Warding:敵をノックバックさせる対象の数が10になりました。
Hunter’s Ward:4発目の攻撃に打たれている場合にのみ、敵に障壁を作成する変更を行っています。
        このスキルによって作成された障壁は、4発目の攻撃によってマークされている敵を停止します。
        また、4発目の攻撃ダメージが33%増加しています。攻撃範囲の持続時間は5秒に、このスキルのクールダウンは40秒に短縮されました。
        敵の範囲攻撃と判別がつくよう、赤いリングを追加しました。
Test of Faith:トラップの対象上限を10とし、10の対象にヒットした場合トラップが消えます、また、ダメージが7%削減しました。

ネクロマンサー:
Spectral Wall:敵に恐怖を与える対象の数が10になります。


■ダメージ変更■

AoEスパイクダメージをにより、十分な反撃することができなかった状況を打破するため
これらのダメージを減少させました。
我々はAoEスパイクダメージについて、WvWシナリオで実行可能な戦闘の範囲でありながら
それがオープンフィールド戦闘における最良の選択肢にしたくないと考えていますので
今後も様子をみながら調整を続けます。

True Shot:ダメージが20%低減
Gun Frame:PrimalBurstの物理ダメージが20%減少。また、バーストが2回ヒットしていた問題を修正。
      貫通しないAoE攻撃になっています。

◆◆WVW-GENERAL◆◆

・経験値は、WVWで得られなくなりました。
 →代わりに、WVWでChest of Mistsの報酬として、Tome Of Knowledge(レベル上げるアイテム)が含まれる
  新たなWVW Reward Trackが追加されています。(※トメナリジあげるからそれでLVあげてね。)

・Outfitter商人はバッジと金の組み合わせで購入できる、新しい18スロットと20スロットのバッグを販売しています。
 (※神調整やんけ!)
 →Pillagers Packは、標準的なバッグです。
 →Siegemasters Satchelは、攻城兵器の設計図のような消耗品に優先順位を付けたバッグです。
・種族装備ベンダーも各マップに追加されました。
 →これらのベンダーは、バッジと金の組み合わせで種族装備を販売しています。
・ギルドアップグレードTacticsの待機時間を10分に増加しました。
・緊急ウェイポイントと飛行船爆撃の待機時間は30分に増加しています。
・他のすべてのTacticsも待機時間を20分に増加しました。
・Objectiveアップグレードダイアログは現在チームがどのくらい時間。所有しているが表示されます。
・Proofs of Heroicは通貨に換算され、soulboundアイテムではなくなりました
・WvWの目標物はマップマーカーに自分のアップグレード階層を表示します。これらは、アイコン上に0~3シルバーで表示されます。
・砦のウェイポイントは、占有しているチームが自動的に利用可能な形になりました。
・waypoint Outfittersは砦占有後に自動で出現するようになっています。
・シールドジェネレータースキルの再充電時間がわずかに増加してきました。
 →フォースボール のクールダウンタイムを5秒に増加しました。
 →フォースウォールのクールダウンタイムを15秒に増加しました。
 →フォースドーム のクールダウンタイムを25秒に増加しました。
・目的のボスの最大のHPスケーリングを40%上限に減少させました。
・WvWにおいて、すべてのキャラ(プレイヤー、NPC両方)に同じ蘇生ルールを適用することにしました。
 →蘇生は1人に対し5プレイヤーまでが試みることができます。
 →蘇生を行うには戦闘外でなければなりません。


◆◆Profession Skillsの調整について◆◆

◆総論◆

・ゲームのグラフィックスオプションに効果LODと呼ばれる新しいオプションが追加されました。
これにより、同盟プレイヤーのスキル効果の詳細を制限します。このオプションはデフォルトでオンになっています。
 →オンに切り替えた場合、同盟国からのスキルは、簡易版エフェクトになります。
  また、味方のヒットエフェクトや特定の味方のスキルキャスト中などのエフェクトが無効になります。
 →オフに切り替えた場合は、通常バージョンのエフェクトになります。
  仲間へのキャスト効果だけでなく、敵の同盟国にもにヒット効果が表示されます。

・各Professionは、新しいレティクルエフェクトに差し替えられます。

(※このあと、いろいろ書いてあるけど要はレティクルエフェクト差し替え、追加に関する話なので略)

・ゲーム内のすべてのコンボフィールドは、戦闘中にそれらをより明確にするよう
 視覚的な更新を与えられています。具体的には以下のものです。
---------------------------------------------------
Dark Field Combo Finishers
Projectile
 →Whirl

Necromancer
 →Vampiric

Revenant
 →Enchanted Daggers
 →Assassin’s Annihilation
 →Focused Siphoning

Thief
 →Leeching Venoms

Runes
 →Rune of Vampirism
 →Rune of Scavenging

Sigils
 →Sigil of Blood
 →Sigil of Leeching

Consumables
 →ランダムでライフスティールするすべての消耗品
---------------------------------------------------


Vampirismルーン:ライフスティールはPower依存で適切にスケーリングするようにしました。


・不適切にライフスティールをしていた消耗品について、上昇上限を10に設定しました。
Stability:制御効果によって除去することができる安定頻度は0.75秒、0.05秒から増加しました。
     安定性制御を介して除去されたときに簡単な効果は、現在のキャラに適用されます。(※訳せないのでそのまま)

・Quickness/Slow:
 →速度の増減に関する計算式が変更されています。
  Slow状態ときはQuicknessの効果が低減されつつも、以前と同じように適用される正規化がされています。
  しかし、式変化により、Slow中のQuicknessの効果が落ちることになります。
  以下の表は、この変更がどのように機能するかを示しています。

スキルキャストが10秒の時の例

旧計算式
 クイックネス状態:6.66秒
 スロウ状態:20秒
 両適用:10秒

新計算式
 クイックネス状態:6.66秒
 スロウ状態:15秒
 両適用:11.66秒

旧計算では、我々が所望のものより強くなるために引き起こされるようなこの変化は、より流動性を可能にします。
追加の利点として、我々は攻撃速度を変更する任意の形質の有効性を低減していないので、
これらの特性は、所定の速度でブーストが表示されます。
(※ここ訳わからないけど、上記で具体的な数値かいてあるからいいよねw)


◆エレメンタリスト◆

エレメンタリストと新スペシャライゼーションのテンペストについて、
使用頻度の低い部分の改善を行うことに焦点を当てています。

このアップデートにおいて、我々はセプターとダガーの武器スキルに焦点をあてて強化します。
セプターの変更は、両方の物理ダメージおよびコンディションダメージの向上と呪文によるダメージ増加などの強化です。
短剣は、両手短剣およびオフハンドでの火力をあげる調整を行っています。

Glyph of Storms:新しいアイコンにしました。
Glyph of Elemental Power:新しいアイコンにしました。
Glyph of Elemental Harmony:新しいアイコンにしました。
Glyph of Renewal:新しいアイコンにしました。
Flamestrike:キャストまでの時間が0.2秒短縮され、キャスト後発生時間が0.38秒短縮されました。
Ice Shards:ダメージが33%増加しています。
Shatterstone:ダメージが22%増加しています。
Water Trident:スキルレベルごとのHealing Contributionは27%増加しています。
Arc Lightning:スキルダメージが33%増加しています。
Rock Barrier-Hurl:敵に当たると8秒間、出血が1スタック適用されます。
Dust Devil:キャストまでの時間が0.15秒短縮され、キャスト後発生時間が0.3秒短縮されました。
Lightning Touch:ダメージが66%増加しました。
Churning Earth:ダメージが7%増加しました。
Fire Grab:クールダウンタイムを30秒に短縮。
Frozen Burst:クールダウンタイムを12秒に短縮。
Fireball:スキルの効果を以前のものに状態に戻しました。また、ダメージが17%増加しました。
Gust:クールダウンタイム25秒に短縮。
Windborne Speed:クールダウンタイムを25秒短縮。
Static Field:敵を気絶させる上限数が10になりました。
Unsteady Ground:敵をノックバックさせる上限数が10に、効果時間が4秒に増加しました。
「Eye of Storm!」:戦闘中でないNPCに対して、スタン解除のためにスキルを使用することはできません。


◆エンジニア◆

この四半期の目標として
複数の武器やユーティリティスキルの性能変化を通し、ベースとなるエンジニアを更新しながら
スクラッパーの生存能力を少しだけ落とすことでした。

これらの変更は、ピストルのための物理的およびコンディションダメージ増加が基礎であり
ハイブリッドオプションとして、その生存能力を助けるために、
ユーティリティ面からは、十分に活用されていないスキルのダメージとクールダウンを調整しています。
特にスリックシューズについてはスキル起動1回につき、1人1回だけスキル効果を受けるという大きな調整をしています。

Fragmentation Shot:このスキルのダメージが14%増加しています。
Static Shot:混乱時間を4秒に増加。混乱のスタック数を3に増加、リチャージが12秒に短縮。
Blowtorch:クールダウンタイムを12秒に短縮。
Bomb Kit:バグ修正。
Toss Elixir C:クールダウンタイムを20秒に短縮。
Toss Elixir R:クールダウンタイムを90秒に短縮。
Toss Elixir S:クールダウンタイムを45秒短縮。
Elixir U:クールダウンタイムを45秒に短縮。
Healing Turret:キャスト時間を0.75秒に増加。
Throw Mine:クールダウンタイムを15秒に短縮。ダメージが20%増加。
Rocket Kick:クールダウンタイムを15秒に短縮。ダメージが33%増加。
Launch Personal Battering Ram:ツールベルト硬直時間を6秒に増加。
Slick Shoes:スキル発動1回、各敵につき1回のノックダウンに限定しました。対象にとれる敵の数は変わりません。また、クールダウンタイムを40秒に短縮。
Rocket Charge:3回跳躍できるようにしました。また、角度の変更はできなくなりました。
Equalizing Blow:mightとvulnerabilityスタックが1~3間になりました。
Sneak Gyro:0.75秒のキャストタイムを新設しています。
Rapid Regeneration:このTraitについて、superspeed中およびSwiftnessが5~25の間の時の、Base Healingを20~150間に減少。
レベル上昇によるHealing量は、superspeed中と同じようにスケーリングします。また、Swiftnessのレベルによるスケーリングを20%増加。
Shredder Gyro:このスキルによるダメージ増加上限を600%に変更、持続時間50%減少。初弾を削除。


◆ガーディアン◆

ガーディアンへの調整の大部分は、流行していたWvWでのdragonhunterの集団によるAoEスパイクダメージによる殺傷能力の減少です。
皆さまのおっしゃるように、高いダメージを与え、競技レベルでも有用なdragonhunterを維持したいところなのですが
私たち開発としては瞬間火力を落としたいと考えています。
また、base vatuesにおけるクールダウンの削減および、壁系スキルの対象上限の修正の影響を受けることになるでしょう。

Virtue of Justice:クールダウンタイムが20秒に短縮。
Virtue of Resolve:クールダウンタイムが45秒に短縮。
Virtue of Courage:クールダウンタイムが60秒に短縮。戦闘中でないのNPCのスタン解除ができなくなりました。
Ring of Warding:敵をノックバックさせる対象の数が10になりました。
Line of Warding:敵をノックバックさせる対象の数が10になりました。
「Save Yourselves!」:クールダウンタイムが50秒に短縮。
「Hold Line!」:クールダウンタイムが30秒に短縮。
「Retreat!」:クールダウンタイムが30秒に短縮。
「"Stand Your Ground!」:このスキルが適用されるStabilityの持続時間は6秒に増加しました。
True Shot:ダメージが20%低減。
Deflecting Shot:基本ダメージが17%増加。
Symbol of Energy:ダメージが25%増加。
Hunter’s Ward:4発目の攻撃に打たれている場合にのみ、敵に障壁を作成する変更を行っています。
        このスキルによって作成された障壁は、4発目の攻撃によってマークされている敵を停止します。
        また、4発目の攻撃ダメージが33%増加しています。攻撃範囲の持続時間は5秒に、このスキルのクールダウンは40秒に短縮されました。
        敵の範囲攻撃と判別がつくよう、赤いリングを追加しました。
Test of Faith:トラップの対象上限を10とし、10の対象にヒットした場合トラップが消えます、また、ダメージが7%削減しました。

◆メスマー◆

この四半期はScepterに少し注目していて、ハイブリッドで多様性を持たせる方向で押し出していきます。。
全体的なダメージ増加および、いくつかのアニメーションの変更とクールダウンタイムの削減が行われています。
また、Malicious Sorceryはさらに高い攻撃速度ボーナスを提供します(ただし、ツールチップの値は変更されません)。
chronomancerはクールダウンタイム削減、個人の乗り気へのアクセスの改善と、いくつかの変更がありました。
(※乗り気ってなんだよ!訳せないYo!)

Feedback:このスキルのためのコンボringのスキル表示問題を修正しました。
Ether Bolt:キャスト後発生時間を0.16秒削減。
Ether Blasty:キャスト後発生時間を0.28秒削減。
Ether Clone:キャスト後発生時間を0.45秒削減。また、直接攻撃のみとなります。
CounterSpell:クールダウンを8秒に短縮。攻撃がブロックされたときのダメージが50%増加。攻撃の活性化時間を0.2秒短縮。キャスト後発生時間が0.24秒短縮。
Confusing Images:ダメージ20%増加。
Illusionary Riposite:クールダウンタイムが12秒に削減。攻撃の活性化時間は、0.4秒に短縮。 キャスト後の発生時間が1秒短縮。
Restorative Mantras:効果範囲がわかるように、青い円周が出るようになりました。
Well of Actions:クールダウンタイムが25秒に短縮。
Well of Precognition:クールダウンタイムが30秒に短縮。
Well of Recall:クールダウンタイムが35秒に短縮。
Flow of Time:この特性による乗り気は、illusion shattered一人につき1秒になりました。


◆ネクロマンサー◆

ネクロマンサーは遠く広く、ゲーム全体に輝かしい道を示してきました。
みなさんがおっしゃる通り、特にChillのアプリケーションと生存能力について、
私たちはバランスをとる必要があると感じています。

このアップデートでは、それら基本性能を落とすことにより、ネクロマンサーChillの持続時間を減少させることになります。
機能は同じままになりますけどね。また、プレイヤーはInfusing Terrorの持続時間の確認ができるようになります。
武装に関しては、オフハンド武器のクールダウン削減をしています。

Well of Corruptionは地面から破裂しているような視覚効果に見合うよう、音声を変更しました。

すべてのBon Fiend 発射スキルは弾丸のように聞こえるように音声を変更しました。

Lich Form-Mark of Horror:敵1人がMarkを発動した場合にもAoEが適正に発動されるようにしました。
Spectral Wall:敵に恐怖を与える対象数が10になりました。
Reapers Touch:クールダウンタイムが15秒に短縮。
Spinal Shivers:2boon除去時のダメージを25%、3boon除去時のダメージを40%、増加しました。
Deathly Swarm:ミサイル速度を100%増加。キャストタイムを0.2秒増加。
Well of Power:クールダウンタイムが40秒に短縮。
Well of Darkness:クールダウンタイムを45秒に短縮。
Well of Blood:クールダウンタイムを35秒に短縮。
Ritual of Life:クールダウンタイムを35秒に短縮。
Infusing Terror:このスキルの有効期間を5秒に削減。クールダウンタイムを25秒に増加しました。
Soul Spiral:6発にヒット数を減らしました。
Executioners Scythe:冷凍フィールド展開時間が4秒に減少。
「Chilling to the Bone!」:冷却持続時間を4秒に短縮。
Chilling Nova:冷却持続時間は1.5秒に短縮。
Shivers of Dread:冷却持続時間は2秒に短縮。
Deathly Chill:ダメージを与えるためにChillが起因せず、敵にChillを適用するたびに8秒の出血が付加されます。

◆レンジャー◆

沈黙を守っておりましたが、一つの発表ができることを喜ばしく思っています。
それは、プレイヤーが制御しづらくて人気のない、メイン剣でのオートアタックについて、
新しいアニメーションを適用するということです。

それに加えて、レンジャーの利用されていない武器のいくつかのスキルを更新します。
ショートボウは、物理ダメージの向上だけでなく、様々なスキルにいくつかの改良された二次的な影響を受けています。
メイン斧はcondition 改善の動作、オフハンドで範囲攻撃のアニメーションについて変更がありました。
また、「Search and Rescue!」はよく使われていますがちょっと強すぎる気がしています。
私たちはリチャージタイムの増加とシャウト範囲の減少により、戦略に基づくチョイスがされるようにしました。

我々は、標準的なシャウト範囲に、その範囲を削減し、その充電時間を増加させることにより、
このより戦術的な選択をすることになります。

Sublime Conversion:スキル発動のためのコンボリングが敵に見えてしまっていた問題を修正しました。
Viper’s Nest::オフセット時に表示するためのコンボリングが敵に見えてしまっていた問題を修正しました。
Kick (剣コンボ2):スキル名を「Crippling Thrust」に変更。アニメーション変更。スキルを発動しながら移動できるようになります。
Reap (剣コンボ3):スキル名を「Precision Swipe」に変更。アニメーション変更。スキルを発動しながら移動できるようになります。
Poison Volley:適用される毒ダメージの持続時間を5秒に増加。攻撃一発あたりの物理ダメージを150%増加。
Quick Shot:Swiftnessの持続時間を9秒に増加。ダメージが20%増加。この効果は、Swiftness増加はショットごとに一度しか発動しません。
      (以前TraitのLight on Your Feetを使用中の場合は複数回トリガしてました)。
Crippling Shot:クリップル時間を4秒に増加。ベースダメージを100%増加。ペット出血持続時間は12秒に増加。
Concussion Shot:スタンとdaze持続時間を2秒に増加。
Ricochet:持続時間は5秒に増加している可能性があります。0.1秒キャストポイントを増加。キャスト後発動時間を0.16秒短縮。
Winters Bite:冷却持続時間は4秒に増加し、3スタック、出血5秒の効果はそのままです。 キャスト後発動時間は0.32秒短縮。
Path of Scars:位置指定スキルになったため、最大値よりも短い距離で発動することができます。
Whirling Defense:speedが50%増加し、Quikenessにスケーリングします。攻撃あたりのダメージが100%増加。
「Search and Rescue!」:シャウト半径を正規化しました。範囲が600になります。また、クールダウンを60秒に増加。
Fortifying Bond:ペットに適用される怒りの持続時間は5秒に増加。保護期間は3秒増加。再生時間は6秒に増加。Swiftness時間は6秒も増加。Quickness時間は2.5秒に増加。Stability時間は5秒に増加。
「Protect Me!」:戦闘中でないNPCのスタン解除をしないように調整。

◆レヴナント◆

この四半期のバランスの変更はシーフスタンスの守備性能の若干の低下と、
Ventaris Tabletおよびオフハンド剣の性能向上に重点を置いています。
シーフスタンスはとらえどころがなく、全体的に生存能力が高かったことが予想されます。

Protective Solace:、このスキルのためのコンボリングが目に見えてしまっていた問題を修正しました。
Riposting Shadows:能力を25に減少。
Precision Strike:クールダウンタイム5秒に増加。スキル範囲を450に減少。
Duelists Preparation -Shackling Wave:固定化時間は2.5秒に増加。このスキルはデュエリストの準備の過程で自然に利用できるようになりました。
     攻撃をブロックすると、ブロッキングの持続時間を超えたスキルの可用性を拡張します。
Grasping Shadow:攻撃が当たったとき、レヴナント本体に6秒のfuryを付加し、敵に3秒のChillを付与します。
Enchanted Daggers:短剣からのHealingが5%削減。
Project Tranquility:スキルコストが5エネルギーに減少。
Ventaris Will:瞬時発動になりました。クールダウンタイムが4秒に増加。
Natural Harmony:ヒール発動時間が1秒に削減。 Healing Powerの影響量を33%増加。
Energy Expulsion:瞬時発動ですが、発動に1秒の遅延があります。

◆シーフ◆

シーフは、様々な変化をうけてきたクラスのひとつです。
また、短剣と剣を、ピストルとのバランスをとり自然に良いお供にしていく方向で改良を加えました。
Survivabilityは少し強くなり、Traitsとスキルによっては
治癒スキルや、Condition解除、活力、そしてHealingを提供するようになりました。
Larcenous StrikeとBountifil Theftは追加のboonを削除するという大きな修正を享受しました。
私たちは、この修正の有効性を監視し、必要に応じてそれに応じて調整していきます。

Vital Shot:キャスト後発動時間を0.6秒削減。
Body Shot:キャスト後発動時間を0.16秒削減。
Unload:敵に当たったとき、8秒間のmightを1スタック付与します。
Heartseeker:現在、QuicknessおよびSlowによる影響を受けることになります。
Weakening Charge:QuicknessとSlowの影響を受けることになります。
Dust Strike:1ヒットあたりのvulnerabilityを5スタック適用します。また、このスキルが複数回攻撃するバグを修正。
Larcenous Strike:このスキルによって盗めるブーンズの数が2に増加、イニシアチブのコストが2に増加。
Withdraw:他の除去に加えて、tormentを取り除きます。
Hide in Shadows:他の除去に加えて、混乱を削除します。 再生の持続時間を6秒に増加。
Skelk Venom:毒攻撃のための基本治癒量が40%増加しました。両方の初期癒し、毒攻撃のためのHealingの寄与は50%増加。
Expeditious Dodger:Swiftnessの持続時間が6秒に増加。
Pain Response:クールダウンが16秒に短縮。
Vigorous Recovery:このTraitsの活力の持続時間が10秒に増加。
Swindlers Equilibrium:剣を振り回すダメージが7%に増加しました。
Lead Attacks:このTraitは作り直され、15秒間費やしてイニシアチブごとに1%のダメージやConditionダメージが
       付与されています。この効果は、15%の最大値を有します。
Bountiful Theft:盗まれたboonの数が3に増加し、追加でVigorを適用します。
Consume Plasma:この盗まれた能力は現在2.5秒の耐性を付与するが、Quicknessは適用されません。スキルの内容説明を更新。
Throw Gunk:位置指定スキルになりました。内容説明に半径を追加。コンボフィールドのエフェクトと敵に見えるリングのエフェクトを追加。

◆ウォーリアー◆

ウォーリアーの攻撃とダメージの可能性には概ね満足していますが
対人戦で防衛戦における生存性能と耐久性が不足していると考えています。
私たちは、ウォーリアーが拠点防衛力の特化も可能にできる方向性も模索しています。
Stability付与のユーティリティについて焦点を当て、新しいStabilityクールダウンおよび
ライン防衛での有意義な増加を得ています。
Adrenal Healthは、アドレナリンを維持するためだけの地味なスキルではなくなり
着陸時に強いHealing効果のバーストをするアビリティになっています

Dual Shot:ダメージが33%増加。
Fan of Fire:燃焼持続時間を3秒に増加。物理ダメージが10%増加。
Smoldering Arrow:クールダウンタイムが12秒に短縮。
Pin Down:ダメージが10%増加。
Eviscerate:運動妨害の影響を受けないようにしました。
Gun Flame:物理ダメージを20%削減。敵に2回ヒットしていた問題を修正。非貫通のAoE効果攻撃になります。
      バーストマスタリーTrait使用中の、ツールチップの表示ダメージが少なかった問題を修正。
Dolyak Signet:クールダウンが40秒に短縮。
Balanced Stance:Swiftnessおよび、3秒間隔のStabilityが2スタック、あわせて2種類の強化が適用されます。
Throw Bolas:クールダウンは16秒に短縮。
Kick:クールダウンは12秒に短縮。
Bull's Charge:ノックダウン効果時間を3秒に増加。
stomp:位置指定スキルになりました。移動距離を450に変更。Stability独自の初期スタックに加え、攻撃がヒットした人数につき5秒間のStabilityを1スタック付与します。クールダウンは40秒に短縮。
Thick Skin:Healthしきい値が75%からに減少。増加するToughnessの最大値が180に増加。
Dogged March:再生時間は6秒に増加。
Cull the Weak:弱点アプリケーションのためのHealthしきい値を33%に増加。
Defy Pain:Endure Painを起動するためのHealthしきい値が50%に増加。
Quick Breathing:warhornスキル使用によるでCondition解除の数を2つに増加。
Adrenal Health:内容変更されています。消費したアドレナリンのレベルごとに、15秒間にわたって回復するAdrenal Health独自ののインスタンスを得ます。この効果は3回までスタックします。


その他BALANCE、バグ修正、AND POLISH

(※アイテムの細かい修正なのでry)


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事