ゲームの感想

美少女戦士セーラームーン(SFC)はキャラクソゲーなのか

2017/05/18 20:15 投稿

  • タグ:
  • SFC
1993年に発売されたベルトアクションゲーム。
中身はいわゆるファイナルファイト系で、雑魚敵を捌きつつ
奥に待ち構えるボスを目指し進んでいくゲームとなっている。



プレイヤーとして選べる初代セーラー戦士の5人。
ハメを持つムーンマーキュリー、脚を使ったリーチの長い通常技が頼もしいマーズ
一度も使ったことがないのでよく知らないがパワーに長けているらしいジュピター
5キャラ中最長のリーチを誇るヴィーナス
どのキャラも固有の必殺技を持ち、単なるキャラの水増しでないのがいいところ。

おすすめキャラはマーズムーンマーキュリーは脱出不可能なハメこそ持っているが
技のリーチに乏しく、どうしても縦軸からの攻めやジャンプ攻撃に頼ることが多くなるため、
敵の間合い外からガンガン殴りに行けるマーズは初心者にも扱いやすいと言えるだろう。
とはいえどのキャラを使ってもクリア出来るような程よいバランスになっているため、
思い入れのあるキャラを選ぶのが一番かも。



ステージ開始前には、アニメでおなじみのアイキャッチが入る。




 
 ゲーム画面はこんな感じ。
 一応原作に出てくる舞台がステージになっており、
 ドットも93年だということを考えると悪くない出来。
 
 


少し残念なのが、キャラ固有のギガクラッシュと溜め必殺技が空気すぎること。
特にギガクラッシュは雑魚敵のHPすらろくに削れないという酷い性能なので、
体力を犠牲にしてまで撃つ局面はほぼ皆無だと言っていい。

また、敵の種類が少なすぎるのも気になった。
どこへ行っても見かけた顔ばかり出てくるので、またこいつかよ感が漂ってくる。
容量の壁は仕方ないとしても、もう少し頑張ってほしかったところだ。


色々と問題点を書いたが、決してファイナルファイトの亜流というわけではない。
初心者にも配慮された適度な難易度、4面前半などの耳に残る良質なサウンド、
キャラゲーとしてもアクションゲームとしても十分な出来だと思う。
まだプレイしてない人は是非やってみてほしい。おすすめのゲーム。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事