ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

阿修羅姫のブロマガ

魔女の家をクリアしました!

2013/07/16 04:06 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • 魔女の家
  • 阿修羅姫

随分前にSCFH DSFをダウンロードをしまして、全く使っていなくて、これを使うと生放送中にゲーム放送できると聞きました。
せっかくダウンロードしたのに使わないのはもったいないので使う事にしました。
テスト配信や容量を開けるなどの作業をしまして、7月9日火曜日から生放送で初めてゲーム実況を始めました。
一番最初に始めたのは興味があった『魔女の家』でした。
そして7月16日火曜日深夜1時5分の枠で
『魔女の家』をクリアしました!
何回か詰みまして諦めそうになりましたが、助言やヒントを頂いて約1週間かかりましたが無事クリアする事ができました。
それでブロマガが作成できるという事をつい最近知りまして、せっかくなので使おうと思い、今に至ります。
それではゲームの感想を書きますがネタバレを含むのでネタバレが嫌いな人は見ないで下さい。

ホラーゲームなので、脅かし要素はありました。
具体的に言うと急に物が落ちたり割れたり動いたり声が出たりですね。
かなり驚いたのは『笑い話』という本を読んだ時に全てを読み終えると笑い声が聞こえるんですが、悲鳴を上げてしまいました。
あとは初見殺しが多かったです。
ゲーム開始早々で1度ゲームオーバーになりました。
選択肢によって左右される事も多々ありました。
ですが、アイテムの使い道やドアの開ける為にする指示はわかりやすかったです。
ホラーゲームは青鬼と操(こちらは高校生の時にリア友がやっているのを見た事があります)しかやった事がありませんが、凄くやりやすかったです。

それでエンディングは3つのうち2つ見ました。
エンディングの前に操作しているキャラクター、ヴィオラが紫色の髪の女の子(魔女かな?)に追いかけられて逃げている事を前提に話します。
1つ目は追いかけられている時に真っ直ぐ外に通じるドアに行くと見れました。
魔女の家から出て、ゲーム開始時にヴィオラが起きた場所にお父さんの手紙の前半部分が落ちています。
それを拾って読むとヴィオラとエレンは友達同士であった事、エレンの家は森の奥の近くにある事が書いてありました。
可愛い小瓶を使って、薔薇を枯らせ、進むとヴィオラのお父さんと遭遇します。
そしてヴィオラの後ろから紫色の髪の女の子が追いかけてきます。
ヴィオラのお父さんが紫色の髪の女の子を猟師の銃で撃ち、消えました。
ヴィオラとヴィオラのお父さんが帰って、終わりました。
2つ目は追いかけられている時に1階の右上の部屋のタンスの中にあるエレンズナイフを手に入れてから外に通じるドアに行くと見れました。
お父さんの手紙の前半部分の内容と可愛い小瓶を使って薔薇を枯れさせるのは変わりませんでした。
一本道を進んでいましたら後ろから紫色の髪の女の子が来ました。
近付いて「しつこいな。」と言ってエレンズナイフで刺しました。
その後のヴィオラの発言で全てがわかりました。
ヴィオラと紫色の髪の女の子は中身が入れ替わっていました。
病気で体が動かない紫色の髪の女の子の事が可哀想になって、紫色の髪の女の子の魔法で入れ替わりました。
いつ入れ替わったかと言いますと「1日だけ?…ふふっ、そんな約束、したかなぁ。」という事から考えるとゲームが始まる前、2人が友達になって少しした時に入れ替わったんだと思います。
「私の家だよ?私が殺されるわけないじゃない。」という発言に「いや、あたし何回か殺されたぞ!」と突っ込んでしまいました。
そしてヴィオラはお父さんとの2人暮らしで、自分が死んだ後のお父さんが気がかりで死ねない入れ替わったヴィオラ。
入れ替わった紫色の髪の女の子がヴィオラの分までお父さんを愛し、ヴィオラの分まで愛されると言った後にヴィオラのお父さんが来ました。
そして入れ替わったヴィオラはお父さんに「お父さん、助けて。」と助けを求めながら近付きますが、たった1人の家族であるお父さんに撃たれて入れ替わったヴィオラは死んでしまいました。

という感じでした。
1つ目のエンディングだけでしたらヴィオラが無事脱出できてよかった、とハッピーエンドになりますが、2つ目のエンディングを見ると辛いです。
魔女の家を探索している時に古い新聞記事を読んだ限りだと、紫色の髪の女の子はエレンだと思います。
そう考えると魔女=エレン、という事ですかね?
病気で体が動かなくて健康な体が欲しいエレンの気持ちがわかりますし、お父さんと2人暮らしだからお父さんが心配で死ねない気持ちもわかります。
あたしは家庭事情はヴィオラ側で体の状態はエレン(程ではないですが)側なのでどちらの気持ちもわかるんですよ。
いくら健康な体が欲しいからと言って他人を犠牲にするのは、よくないと思います。
他にも蛙が嫌がっているのにヘビに食べさせたり、花を殺したりなど罪悪感が残るような事もたくさんありました。
何だか救われない真実でした。
それで最後の魔女の日記で「私は病気で死ぬ。だから彼女の体をもらうことにした。彼女の体で生きる事にした。いいよね。だって私たち"友達"だから。私に体くれるよね。"友達"だから。だから今日も遊びに来てくれたんでしょ?ねえ、ヴィオラちゃん。」と書いてあるんですよ。
この日記だけじゃなくて「彼女は病気から救ってくれる。だから友達になろうと思った。」とか書いてあった所から見ると、エレンは『友達だったら体をくれる。相手だって、きっと体をくれる。だって友達だから。』と思っていたという事ですよね。
本当の友達、って何か思わされるゲームでした。

それで『魔女の家』にはもう1つエンディングがあるそうなんですよ。
もう1つはノーセーブでクリアすると見れるそうなんですが、おまけみたいなものだそうです。
放送中でやる事はないですが、もし出来るなら裏の方でやって、3つ目のエンディングが出ましたら録画して見せられたら見せたいと思っています。

コメント

ぬこ
No.1 (2016/08/10 04:53)
魔女(エレン)は両親から愛されず歪んでしまって両親殺害するなど狂っている。
本当のヴィオラは良い子だったのだけど裏切られたと知って復讐に駆られ、身体を取り戻そうとしている。
それと同時にこのような非道(エレンが両親殺したり自分(ヴィオラ)の身体乗っ取ったり)をする悪魔のような魔女を
入れ替わったと同時に退治したい。(←これもかなり狂ってきてる感じ、というのも体の記憶も持っているため引きずられた?)

最後は元エレンは体を乗っ取るのに成功してあくどい笑顔を浮かべて計画通り。
自分のお父さんに殺されて、助けを求めているのかはたまた今後の父親の身を案じてなのか
「お父さん」と呼び掛けて無念の死亡。

普通に胸糞悪い
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事