動画も観ていないのに…

テロリストと国家は紙一重

2015/02/01 10:41 投稿

  • タグ:
  • テロリスト
  • 国家
  • イスラム国
  • 主権国家体制
えらく久しぶりの更新が物騒な話題で申し訳ございません。

タイトルからお察しのとおり、いわゆる「イスラム国」の話です。
このイスラム国関連(一旦はISILでもなんでもいいですが)の報道を観ていますと、ひとつ強い違和感があります。

それは、しばしば「イスラム国」がテロリストなのに、「国家化」しているとして、これを異常な事態と認知し、取り上げていること。
もちろん、これには「正式な国家としては承認しないぞ」という国際社会の対応とも連動した姿勢でしょうけども、とはいえメディア側には、もう少し別の観点があってもいいはずです。

私の知る限り、世界に現存する諸国家の中で、その起点を「テロ」とか「反乱」におかないもの(つまりは旧体制に対する〝犯罪〟によらないもの)は、ほとんどありません。

たとえば、極東の某島国が帝国として再出発するまでの過程などは、典型的な例でしょう。
それは、テロリスト集団が政府要人を暗殺しまくり、はては既定路線になりつつあった旧政権との妥協による政権再編案をクーデターまがいの方法で全否定することで出発しました。
ですから、新政府の要人は、大体が元テロリストです。
その国で、後に初代総理大臣となった人物など、かつて一テロリストとして暗殺に趣いた時の話を得意ネタとし、ときには外国の要人にまで話して驚かれるほどでした(そりゃ隣に座ってる外国の首脳が「おれ、むかし人殺したことあるんだー」と話し始めたらビビりますわな)。
最後は自分もテロリストに殺されるあたり、歴史のダイナミズムといえましょうか。

では、某島国とイスラム国の違いはどこでしょうか。
実はたった一つ、ほかの国が承認するかどうか、これだけです。
某島国の場合も、旧権力者の将軍様(タイクーン)が最後まで外交権(つまりは対外的に国を代表する権利)だけは手放さなかったのは、これが理由。
そういえば、某島国の元テロリスト新政府は、自分たちが正当な国家であることを認めてもらうことには成功したものの、その後輩たちは数十年後、近くの大陸 に新国家を作ろうとして列強から認めてもらえず、21世紀現在でも「偽国家」をでっち上げようとした国として汚名をかぶり続けているとか。

要するに国家を単なる暴力機構とわけるものは、ほかの暴力機構仲間からの承認の有無しかない。教科書的な主権国家の要素をそろえても、他国に認めてもらわないと国家たりえないわけです。
大昔の帝国が頂点の地域世界秩序でしたら、挨拶に行って、いくらか貢ぎ物をしたら一方的に「国」と認めてくれたりもしたんですけどね(金印とかお土産とかくれてね)、主権国家同士は平等という原則がありますから相互承認ということになる。
そう考えたらテロリストと承認されている国家というのは、結構紙一重だということがわかります、

ついでにもうひとつ、主権国家は領域内部の人を従わせないといけません。権力行使を効率よくやるためには、どうしてもそれが必要です。
そのためには当然福祉のようなこともやります。
とくに近代国家には、多かれ少なかれ「福祉国家」としての側面があるのは、このためです。
このあたり、生存権の問題などをふくめて考えていけば、もっと複雑で面白い話になるんですが、今回は割愛。
要するに、イスラム国が福祉をやっているということを、意外視する報道がありますが、全く意外ではありません。セオリー通りです。

その意味で、好悪は一切おくとして、イスラム国は順調に国家への道を歩んでいるといえます。もちろん一番大事な国家間承認は当分無理でしょう。
しかし、考えてみれば、アメリカは、最近になってようやくキューバとの国交交渉をはじめました。
今更ながら、彼の地を国家として認めるための手続きに入ったわけです。

とすれば、何十年か後には、

「アメリカ、イスラム国と国交交渉に入る」

というようなニュースを目にすることもあるかもしれません。

イスラム国をはじめとする「非承認国家」を考える際には、一方で上記のような少し俯瞰した見方も必要ではないかと思います。
当たり前ですが、イスラム国やテロが正当だといいたいのではないのです。
彼らの行動や組織形態がある国家の草創期として十分にありえるものと認識した上で、どのように対峙するかを考えたほうがいいのではないか、言いたいことはここにつきます。
上記のような視点をかくしても(たとえばこの記事のように)なんら意味はない気がします。むしろ起こっている問題の重要性を隠すだけです。
念の為にいっておきますが、上記の話は何もかも同じだという話ではありませんよ。
他国に対するテロからというのは、現代特有でしょうし。

さて、思いつくままに書いたので、いつも以上に読みにくい文章ですが、朝から某ニュース番組をみていたら、どうしても気になったのでツッコミを入れるつもりで、書いてしまいました。さして斬新な意見でも、新情報でもなくてすいません。
もちろん、テロリストの一般的イメージからすれば、そこに意外性があるのはわかるんですが、せめてメディアには、もう少し大きな世界観、大げさにいえば歴史観にたった、視野の広がる報道もしてほしいなぁと思う次第です。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事