さえきあさぎさんのブロマガ

超会議3の感想文 若しくは、裏方さんへの感謝

2014/05/05 19:00 投稿

  • タグ:
  • ニコニコ超会議
  • ニコニコ超会議3
  • 超乗合馬車
3年ニコニコ組 さえき あさぎ

わたしは、4月26日27日に行われた「ニコニコ超会議3」に「超乗合馬車」のメイドさんとして参加しました。しかし、前日準備から関わっていたため、25日からずっと幕張メッセにいました。

---ここから本文---

今回は、3年間で一番遊びに行かなかった超会議でした。企業ブースは音うるさいし、混んでるし、並ばなきゃ楽しめないモノ多いしっていうのがその理由でした。あと単純に疲れていました。

ニコニコ超会議というイベントの事や超乗合馬車の事は他の方が書いているので、自分は割愛してところで@nojiri_hせんせーはいつになったら乗合馬車の記事を書くのでしょうか?、運営さんが頑張ってくれたお話でもしてみようかと思います。
普段Twitterなどでさんざん運営を罵っているので、たまには褒めるのです。褒めれば、使いやすいニコニコ動画ができるはず・・・!

超乗合馬車というコンテンツは、「まるなげひろば」内にありながら、保安上や手間の問題で運営がいないと成り立たないという謎なコンテンツでした。
乗合馬車のスタッフ内訳はこーんなかんじ。
プロ運営<スタッフパス技術部<一般入場技術部<プロ(グラマ)運営 
細かい数字出していいのか、わからないのでこんなかんじで。
プロ運営というのは、イベント会社さん?です。ドワンゴ関係の会社じゃなさそうなプロフェッショナルなひとたち。本当はドワンゴの人なのかもしれないけど、よくわからん。混雑時に馬車の運行可否や、ルート変更等の指示をくれました。
スタッフパス技術部は、馬車のテクニカルスタッフやメイドさんたちです。前日準備に関わる人たち。
一般入場技術部は遊びに来た筈なのに、手伝ってくれる優しい部員たちです。
プロ(グラマ)運営は
「俺は昼11時出社を実現するために都内のイケイケな会社に入社したのに、なんで大切なGWにメッセに超早朝から集合しなきゃいけないんだ!」
って思ってる人たちです(偏見)。この方々について、少し書きます。

周知の事実かもしれませんが、超会議はドワンゴ社員総出のイベントです。会長も総務も営業も企画もプログラマもみんな幕張メッセに集まります。みんなで心を1つにして、やったこともない列整理をするイベントです。

そんな彼らが文句1つ言わずに2日間働いてくれました。
まず、馬になってくれました。
運営を馬車馬のように働かせる快感を得られるのは、乗合馬車だけでした。

↓参考動画


次に人避けをしてくれました。
人避けは、馬車の前後を歩き「馬車とおりまーす!」「右側によってくださーい!」と大声をだすという、大変過酷なお仕事です。何が過酷かイメージのつかない人は来年一緒にやりましょう!まじ辛い。
歩きスマホしてる人は馬車が傍に来るまで気づいてくれないし、午後になると自分の足が痛くなってくるし、大声だしまくってるから喉の調子もおかしくなってくる。
楽しいけどね!

多分馬車担当の運営がする仕事じゃなかったんですが、隣でやってたカラ鉄 ニコニコ超会議店のための誘導なんかも彼らのお仕事でした。あれは、まるなげ担当か、カラ鉄担当のお仕事だと思うんだけどなぁ。

歩かなきゃいけない、声も出さなきゃいけない、今年は無料コーヒーももらえないという三重苦の中、本当に頑張ってくれました。技術部員も頑張りました。

仕事だからやって当然という見方はあると思いますが、仕事でもなんでもやってくれてるならお礼はいいたいなぁと。

だって、私仕事でこんなことやりたくないですしwお金もらわないなら気楽だけど、お金もらったらいろんな義務が発生するからイヤンw

当たり前だけど、普段使ってるniconicoのサービスもたくさんの運営が頑張ってくれてるから月540円で楽しめていて、超会議も参加者が楽しもうって気持ちを持ってきて、運営が裏方さんとして頑張ってくれるから、大きな事故もなく(これ本当にすごい事)ニコニコできるのです。運営信者になる必要はないのだけど、たまには感謝しとくかーって事で本エントリを書いました。イベントでもプロダクトでも作ってる人がいなければ、楽しむ事すらできなしね。



「感謝の気持ちは適度にださないと、だすのが苦手になってだせなくなる」という持論からこのエントリを書きました。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事