アルテイシアの相談室

彼女いない歴=年齢を卒業できた理由「失敗してもいいや、カッコ悪くてもしかたない」28歳で脱童貞したオタクの場合③

2014/08/10 13:14 投稿

コメント:6

  • タグ:
  • アルテイシア
  • オクテ
  • モタク
  • 恋愛
  • セックス
  • 男子
  • 女子
  • 出会い
  • 婚活
  • 結婚

「みんなどうやって恋愛してるの?」
「オクテ男子が脱童貞したキッカケは?」

恋愛やセックスについて、男同士で話す機会は少ないもの。
オクテ男子の声はメディアにもあまり出てきません。

「女子と話せない」「一生彼女できないんじゃ」と悩んでいた男子たちが、どのように悩みと向き合い、克服してきたか?
そんなリアルな声を聞いていくシリーズ。

1人目のゲストは、拙書『モタク~モテるオタクになる恋愛ガイド~』にも登場するYくん(33歳)

28歳まで恋愛に縁がなかったのが、私のスパルタ指導を受けて彼女を作り、結婚に至った男子です。

社会人になっても「他人とコミュニケーションできなかった」という彼。
そんな彼がじょじょにコミュ力を上げていき、進化していった過程がコチラ↓

「高校時代にこじらせて、女子と話せなくなりました①」

「こんな俺でも性的対象として見てくれる女性がいるんだ②」

今回は奥さんとの出会いと葛藤、恋愛成功の秘訣について語ります!

■初コンパで「やっぱ俺はダメだな」ヘコみました

アル:奥さんとの出会いはコンパだよね。
コンパに誘われた経緯を話してくだされ。

Y:バーに行きだしたのがキッカケで、人と会話できるようになってきて、職場でも周りと話すようになったんです。
おまけに髪型や服装も変わったから、周りに「雰囲気変わったね」とか言われるようになって。

で、アルさんから「彼女がほしいと公言せよ」とアドバイスされてたので、「彼女がほしくて頑張ってる」と正直に話したんです。
それまでは「恋愛なんて興味ない」ってポーズをとってたんですけど。

そしたら男の同僚が「コンパに来るか?」と誘ってくれたんですよ。

アル:「彼女がほしい」と公言するのが第一の秘訣だね。
それによって紹介やコンパの声がかかるから。

<初体験の相手と出会ったキッカケ>の1位は<友人や先輩の紹介>で、<結婚相手と出会ったキッカケ>の1位も<友人の紹介>なんですわ(※2位は仕事関係)

「彼女がほしくて真剣に出会いを求めてる」と表明することで、一気にチャンスが増えるんですな。

Y:色んな人と話すのも大事だと思います。
昔の僕はオタク友達しかいなかったから、紹介やコンパなんて縁がなかったんですよ。そいつらも女子と接点がないから。

アル:うん、女子と接点の多い男子とも話しましょう。リア充にもいい奴はいるから(笑)
彼らを観察することでコミュニケーションの勉強にもなるし。

で、コンパに誘われたわけですが、本番前は超ナーバスになってましたな。

Y:それまでは、アルさんというセコンドがついてたじゃないですか。
でもそのコンパは初のソロデビューだったので。

アル:丹下段平がいないからね。で、打たれて帰ってきたと。

Y:はい。緊張してあまり話せなかったし、同僚が話を振ってくれてもうまく返せなくて。
「やっぱ俺はダメだな」とヘコみました。

ただ「またみんなで飲み会しよう」って話になって、同僚が「次はおまえ幹事やれよ」と振ってくれたんです。僕が女子と連絡するキッカケを作ろうとしてくれて。

アル:同僚、いい奴だなあ!

Y:ほんとリア充のイケメンにもいい奴はいますね(笑)。
彼の協力のお陰で、女性側の幹事だった奥さんとメールするようになって。

奥さんは学生時代に書店員のバイトをしていて、本や漫画が好きなんですよ。歴史モノも大好きで。
そのへんで話が合って、毎日メールしてましたね。

アル:楽しかったでしょ?

Y:めっちゃ楽しかったです!
昔は僕も「恋愛なんて面倒くさい、毎日メールするとかウゼー」とひねくれた発言をしてましたけど(笑)実際はこんなに楽しいものかと。

アル:それが相性のよさだよね。恋愛は相性とタイミングが決め手だから。
だから目指すべきは、モテよりもマッチング。そしてタイミングを逃さないこと。
…という話は大事なので後でします。続きをどーぞ。

■脅されなきゃ告白できなかった

Y:歴史ネタつながりで<あそこの寺の紅葉が有名だ>っていうメールを送ったんです。
そしたら返信に<今度また行きましょう>とさらっと書いてあって。

「これって社交辞令?コンパのみんなで行くってこと?2人で行くってこと?」とグルグルグルグル考えまくって…

アル:思考が迷子に。

Y:迷子になったけど、最終的には2人で行こうと誘いました。
昔の僕なら「勘違いすんじゃねーよキモオタ」と思われるのが怖くて、誘えなかったと思います。

アル:成功体験がないとそうなっちゃうよね。

Y:成功体験どころか、拒絶された体験しかなかったから。
だから「傷つくのを恐れるな」と言われても無理なんですよ。

ドラクエで喩えると「マダンテを放ってマホステでかき消されたら?マホカンタで返されたら?俺は死んでしまうのでは?」と恐ろしくて…

アル:大変なダメージなんやな。でも、なんでその時は誘えたの?

 

ここから先は有料になります

ニコニコポイントで購入する

チャンネルに入会して購読する

  • この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント

libra
No.4 (2014/08/19 19:21)
Yさんの話が気になって仕方なかったので入会してみました。

自分もYさんみたいに、いい出会いがあるといいのですが・・・・

まずは自分を変えることを頑張ってみようと思いました!

女友達なんていないし、どこで見つけたらいいのかもわかりませんがね

次回も楽しみにしています
アルテイシア (著者)
No.5 (2014/08/20 11:30)
libraさん

ありがとうございます(*^▽^*)!!
続きは今週末に更新する予定なので、ぜひ読んでくださいませ~♪
マグナカルタ
No.7 (2014/08/28 07:05)
アルテイシアさんこんにちは、
いつも楽しく読ませていただいてます!

そして当時のYさんと同じような立場にいる人間としては
とても勇気を貰っています!

「「チャラい遊び人はイヤ、不器用でマジメな方が好き」って女子もいるけど、
そういう声はメディアに出てこない」というのは驚きました

チャラい男はイヤ、と皆言いますが結局チャラい男に惹かれる子が多いような気がするのでorz

Yさんのこれからの展開が今から気になります♪
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

アルテイシアの相談室

アルテイシアの相談室

月額
¥110  (税込)
このチャンネルの詳細