アークエンジェルの記憶

川魚

2017/06/11 20:14 投稿

  • タグ:
  • 鹿児島
  • 写真
  • X100F
  • フィルムシミュレーション
  • PROVIA
  • 鯉の洗い
  • 鱒の塩焼き
  • Neg.Std


FUJIFILM X100F + PROVIA

鯉の洗いです。コリコリしてておいしかった。
奈良時代などでは「魚がいちばん、鳥はそのつぎ。」「川魚が上、海の魚は下。」
「魚のなかではコイがいちばん、スズキがこれにつぐ。」と言われていたそうです。
海の幸を新鮮に持ち帰る技術がまだなかった時代ですが、
現代においても分かる気がします。






FUJIFILM X100F + PROVIA

鱒(ます)の塩焼きです。ふっくらしてておいしかった。
鱒の皮に油を塗り、まんべんなく多めに塩をふって20分前後待ち、
そのあと強火で一気に焼くそうです。
多少ドリップに火が燃え移ろうとも抗わず、
デンっとかまえ待つのがふっくらと仕上げるコツであることから、
「餅は乞食に焼かせろ。魚は大名に焼かせろ。」と昔から言われてるそうです(^^)






FUJIFILM X100F + PRO Neg.std





ペットのおうち




コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事