ぽんこつによる『世迷言日記』

【コラム】独りで映画館に行ったらスゲー切ないからやめとけって話(時と場合による)

2015/08/30 21:02 投稿

コメント:10

  • タグ:
  • コラム


どうもぽんこつです。
久しぶりに日常コラムを一つ。

本日、先週土曜出勤があった反動のせいか、2日目の休みにして特に用事がなく暇を持て余していました。さすがに朝から競馬したり、漫画喫茶行ってジャンプ一気読みするにはなんだか勿体なかったため、久しぶりに映画館に行ってきました。




作品は細田守監督の新作アニメーション『バケモノの子』
そうです、7月11日に公開したにも関わらず、まだ観に行っていませんでした。。日頃アニメを見ない会社の先輩ですら彼女さんと観に行くといったリア充イベントを発生しているにもかかわらず、私は観に行っていませんでした。ちなみに細田守作品を映画館で見るのはこれで2回目。前回はおおかみこどもを男友達とみてなんだかシュールな気持ちになりました。あれ絶対男同士で見る作品じゃないよな?(笑)


ということでずっと観ずにほったらかしにしていたけど、地元の友達が面白い・役所広司の演技がヤバいと言っていたので、以前よりも興味を持ったのでついに観に行く決心を固めました。でもどうせ人気作品だから混んでる時行くよりも、すいてるとき行った方がゆったりと楽しめるだろうと浅はかな気持ちがあったのは事実。。まあいずれにしても遅いけどね。

劇場内の様子は夏休み最後?ということもあって子供連れや学生同士で見に来ているグループが多く、見ていてなんだか微笑ましかったです。またカップルもちらほらいて、少し嫉妬心も生まれたけど、まあそこは私の大人かつ真摯な気持ちでうまく落ち着かせましたよ。それでもあたりをよーく見渡すと。。
独りで見に来ているのが私ぐらいでした

いつもなら細田守好き&アニメ好きのソロプレーな同士っぽいのがちらほらいるはずなのに。。さすがに上映して1か月半たったもんな。。まあいいさ、私も学生のころは複数人グループでよく行ったものだ・・・でも一人で観に行くのも特に抵抗なかったなと一人思い出に浸りながら席を探したところ



見つけた私の席が
ちょうどカップルの隣でした


映画館でカップルの隣、私自身は一人で見に来ているのでなんというかすげー気まずかった。。しかも周りある程度席空いているんだよ?スタッフも少しは気を遣えよ。。
しかもしかもなんで席順が・・・

通路側→ぽんこつ→カップル①(彼女)→カップル②(彼氏)→空席
なんだよ

私は異性とろくなおつきあいをしていないから不思議に思うんだけど、普通上記のカップル①の方、いわゆる私の隣に彼氏が座るもんじゃないの?なんで彼女さん間挟める!?
ひざポジとれねーじゃねーか!!!!(そこかよ)
とりあえず微妙に右側の上体腰を浮かした状態で自身のポジションを確保しようとしたところちょうど彼女さんが席を外す動作を取り、彼氏側に進まず、通路側の私側に進み
私の目の前を私にお尻を向けて席を外されました。

あの~、良いんだけどさ、笑顔で「失礼しまーす^^」と言われたから何も考えず足元の鞄だけどかしたけどさ・・・。
めっちゃ気をつかうわ(笑)


さすがに彼氏がいるとはいえきれいな女性のお尻を目の前に通ると、頭の中が真っ白になるね。。もちろん流石に少し目線はずらしましたよ。てか非モテな男性にとってこの展開はもはや事故だから。。全国のお尻愛好家の皆さんの気持ちもわかりますわ。と思いつつ、一応彼氏側をちらっとみたところ、これがまた何事もなかったようにスマホをいじくっていてなんかこう「お前は少しは気をつかえよ!!!」と一人心の中で突っ込んでいたところ彼女が到着。やっぱりなぜか私側から進む模様。このカップルなんなの?汗

とりあえず私もさすがに同じことを繰り返したくなかったのですぐさま席をたち「どうぞ」と一言伝えて先に座ってもらうことに。彼女さんも笑顔で答えてくれたし私の人生の中でもなかなか紳士な行動を取ったと今でも自負してます。

ということで冒頭今更バケモノの子の感想レビューかよと思わせるコラムでしたが、残念ながら男独りで映画館に行くと色々と気を遣う(主にカップルに)という話でした。休みぐらいゆっくり映画みさせてくれよ・・・w

とりあえず言いたいのは、男独りで映画館に行くときは
・作品的に寂しくならないか
・上映開始時期からどのくらい立っているか
・カップルが行く比率
の3点を気をつけよう。



でももっと言いたいのは

私も女の子と映画見に行きてえええよおおおおおおおお!!!!!泣
多分だけど『心が叫びたがってるんだ。』も同じ現象になるのかな。。
一緒に見に行ってくれる心優しい女性募集してます←


ちなみにバケモノの子はかなり面白かったです。
熊徹と九太のやり取りがコミカルに描かれていて師匠の真似をするパートは思わず声出して笑っちゃいました。また「胸の中の剣」の件がネタではなく重要な伏線だったことに思わず鳥肌ものでしたよ。ぽっかり空いた心の闇を埋めるというニュアンスもなかなか好きです。あと役所広司さんの演技やばすぎでしょ。。あんな熊徹のような師匠に稽古されたいわ。個人的にはリリーフランキーさんの百秋坊、大泉洋さんの多々良と津川雅彦さんの宗師ね。演技面で個性的な俳優、しぶい俳優好きにはもってこいの作品でしたわ。BD出たら買おうかな。


P/S あまりにも偏ったコラムなので少しタイトル変更しました(笑)

コメント

ぽんこつ (著者)
No.8 (2015/08/31 12:46)
>>5
一人で上映を待つ時間がたまらなくせつないです・・・w
たっピー
No.9 (2015/09/01 22:29)
作品自体は面白いはずなのに、変なところで気を使うというか・・・。
気まずくて純粋に楽しめない状況なのが痛いのはありましたね。
@tekumi
No.10 (2015/10/05 18:06)
初見ですが他のコラムも見たくなりました
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事