ぽんこつによる『世迷言日記』

【ネタバレ注意】ラブライブ! 第2期 10話~みんなで叶える物語!!いざ本選へ!!!~

2014/06/09 21:15 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • ラブライブ!


ラブライブ! 第2期 10話

今回は前回まで描かれたラブライブ地区予選編が終わり、年越しをかねての一休み回でした。見事前回優勝グループのアライズを超えて、本選に進むこととなったμ'sですが、特に気持ちの変化はなくいつも通りみんなで仲良く年越しを迎えました。私服がスカートとなった凛ちゃんや晴れ着姿の真姫、さらに意外と巫女姿が似合うにこと、メンバーの珍しい衣装を満喫できて、真姫とにこにいたっては新たなユニットが組めそうな勢いでしたwwwしかしそんな中でも月日の流れで絵里・希・にこの3年生がそろそろ卒業となる現実や3年生が隠す絵里の意味深発言といったシリアス描写も垣間見れたので本選に向けて不安なところも感じます。




そんな中、今回描かれたのがアイドルグループでは欠かせない
μ'sのキャッチフレーズを考える内容でした。キャッチフレーズとはまさにグループをぴったり表す言葉であり、意外にも自身ではわからないものです。そういった面で相変わらず頭を抱える穂乃果ですが、アライズのリーダーが目の前に現れて、μ'sの原動力は何か?といったさらなる疑問をぶつけられ、試行錯誤に陥ってしまいます。しかし、そんな中で、餅つきをするのを忘れたということで急に餅つき大会を開き、穂乃果ならではの発想力&行動力に驚かされる一面もありました。そこで気晴らしになったのか、メンバーはおろか家族や学校の友達を巻き込み、みんなが自分たちを支え応援してくれる姿を感じつつ、さらに練習中に神社に飾ってあった数々の絵馬にμ'sの応援メッセージが描かれ、自分たちが周りの応援で頑張ってこれたことを再認識します。




みんなの応援があってこそのμ'sということを知ったメンバー一同はキャッチフレーズに『みんなで叶える物語』とします。みんながいたからこそ頑張れた、ラブライブ!そのものが自分たちだけでなくみんなの想いが詰まっているということがよくわかるフレーズだと思います。改めて『ラブライブ!』が視聴者が一丸となってメンバーを応援していくアニメなのかなと改めて感じました。この物語が今後どのような展開を生み出すのか楽しみです。

コメント

shibainu
No.1 (2014/06/15 01:24)
アライズ・・・新曲を作ってもらえなかったばっかりにライブシーンさえ・・・
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事