ぽんこつによる『世迷言日記』

【ネタバレ注意】世界征服 謀略のズヴィズダー 4話~ウドの汎用性高すぎwww意味深な伏線回だったな~

2014/02/02 10:37 投稿

  • タグ:
  • 世界征服~謀略のズヴィズダー~


世界征服 謀略のズヴィズダー 4話

今回はズヴィズダーの基地動力源となるウド畑が枯れてしまい、それの対策としてウドの元となるウドの大木の様子を見に行くといったちょっとしたRPGみたいな内容でした。まさか動力源がロボ子の食糧であるウドだったことには驚きでしたねwwwしかも基地の動力源のウド畑の源が地下奥底に存在するウドの大木からきており、地下自体が1万と2000年の歴史を繰り返す超古代ウド川文明がなりたっている設定には衝撃的でしたwwwwwこれには団員も驚いて思わずMMRのようなシーンをパロディが描かれるのですからギャグなのかガチなのかの判断がマヒしてしまいます…汗 あと地下での描写でドラクエチックなところやウドのおしべとめしべでピーさせるといった意味深発言など、ツッコミどころが満載だったように思えます。若干アクエリオンネタをぶっこんだのも思わず吹いてしまいました…w




メインとしては科学者のナターシャとロボ子が活躍し、これでズヴィズダーの団員がある程度スポットを浴びたのかなと思います。ナターシャの過去が回想として描かれ、ロシアで両親に連れられ地下をさまよっていた際にロボ子に救われ、さらにケイトと出会い、地下から出る際にはいつの間にか今の所在地となる立川にいるのですからおとぎ話のような演出を見せました。しかもナターシャが幼少期に連れられた地下が今回の舞台となったウド川文明っぽい描写を見せて、ウドを迫る黒い影にナターシャの思い出の手作りロボや両親の腕を見せるところは意味深でしたね。トラウマといった心理描写なのか?それともズヴィズダーの謎なのか?今後この描写が伏線になるのか気になるところです。



日常回でありながらちょっとした伏線描写を見せた今回の話はなかなか面白かったです。今まで団員がケイトと出会うシーンが描かれる際にケイトだけがずっと今も変わらず幼女の姿を維持している点もやはり宇宙からの侵略者だから年を取らないのかな?みたいな想像も膨らみ今後の征服活動や過去の描写も見逃せないところです。
また最後に大量に発生したウドを世間で売り始めるといったさりげなく日常を侵食するところにも期待です(笑)







コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事