ぽんこつによる『世迷言日記』

【ネタバレ注意】ドキドキ!プリキュア 46話~キングジコチュー誕生の全貌が明らかに!!~

2014/01/05 17:31 投稿

  • タグ:
  • ドキドキ!プリキュア


ドキドキ!プリキュア 46話

今回は前回、三種の神器であるエターナルゴールデンクラウンを手にした亜久里によって明かされた自身と宿敵レジーナの正体がアン王女の光と闇についての説明が回想シーンとともに描かれました。正直、キングジコチューの正体や亜久里やレジーナが何かしらの関連性があるとは思っていましたが、まさかの内容だったので、幼女置いてきぼりかつ大きいお友達が奮い立つ展開だったように思えます。もうプリキュアは幼女だけのアニメじゃないね。素晴らしいシナリオでした。

回想シーンでは主にキングジコチュー誕生のきっかけが描かれました。アン王女が生まれた際に自身の妻を亡くしてしまった国王は妻の分もアン王女に対して愛情を注ぎ、幸せな親子関係を築いていました。さらに自身の国王としての責任も果たし、トランプ王国も発展していきました。この回想での幼少期の王女様は可愛かったですね(やはりBBAはダメだな)
しかし幸せな時は過ぎていき、アン王女は過去のプリキュアたちがエターナルゴールデンクラウンによって封印した強大なジコチューを封じていた隙間から出たジコチューの呪いをきっかけに謎の病になります。それにより国王はアン王女を助けたいという想いから、全ての知識を得ると言われていたエターナルゴールデンクラウンを使用し、その代わりにジコチューの力を開放してしまいます。いわゆる娘の命か国か?といった苦渋の選択を迫られた国王にとってこの決断はかなりきつかったと思います。

そして国王の心のすきを付け込んだジコチューの力の源はアン王女を救った国王に取り憑き、そのまま国王の心をもとにキングジコチューを誕生させてしまいました…!!!また、以前にも描かれましたが、アン王女がキングジコチューにとどめを刺さずに封印してしまった理由はキングジコチューが自身の父親だったということが原因だったと思われ、その心の弱みにベールが付け込みアン王女の心を黒いプシュケーで染めようとします。しかし、アン王女は自身がジコチュー化する前に心を二つにし、一つは国のために戦ったアン王女の想いであり、もう一つがジコチュー化してまで自身を病から救ってくれた父親の愛情が詰まった黒いプシュケーでした。その心をもとに国への愛が亜久里を生み出し、父親への愛がレジーナを生み出し、抜け殻となったアン王女がアイちゃんを誕生させたようです。


二人の誕生にそういうきっかけがあったことで亜久里が正義感に溢れているところや、レジーナがファザコンな理由がようやくわかりましたね。またアン王女の抜け殻がアイちゃんという面で亜久里がアイちゃんの力でアン王女そっくりなキュアダイヤモンドに変身できる点も理解できます。
また自身の生まれた理由が分かったレジーナは父親への愛情が高まり涙を流します。そしてジコチューな想いから一変して父親のもとで戦いたいという感情を抱き、それが間違った方向としてキングジコチューのもとについてしまいます。しかしこれこそ純粋な想いから生まれた行動ですから仕方ない気もしますね。

そしてキングジコチューはレジーナの愛を受け取ったかのように力を復活させ、人間界へ侵略しに行きます。





レジーナと亜久里が戦わず、ジコチューによって心が黒く染まった国王や心が善と悪で別れてしまったアン王女を復元するためにプリキュアたちは最後の対決としてキングジコチューに立ち向かいます…!!この熱い展開、一気に面白くなってきましたね…!!最終回も目前のため、今後も見逃せません!!

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事