ぽんこつによる『世迷言日記』

【進撃×とある】台湾で制作されたパロディ映像『進撃の超電磁砲』が公開!!さっそく視聴してみた!

2013/11/27 21:48 投稿

  • タグ:
  • 進撃の巨人
  • とある科学の超電磁砲


【進撃×とある】台湾で制作されたパロディ映像『進撃の電磁砲』の予告が公開!!クオリティがヤバいwwwwwww

以前、この記事でも紹介したアニメ『進撃の巨人』『とある科学の超電磁砲』がコラボしたパロディ映像が25日に公開され、現在Youtubeより配信中です!
https://www.youtube.com/watch?v=DSBhPU-XmGE

内容↓

その「進撃の電磁砲」本編がついに完成! ストーリーもさながら、まさかの日本語音声という力の入れようで、ネットユーザーから「やはり神作だった」と賞賛されているのだ!

動画については、制作者自身が「みんなの心の中にある“中2ファンタジー”」と説明している。ストーリーはひょんなことから、『進撃』のミカサと『超電磁砲』の御坂美琴(みさか みこと)が出会い共闘するというものだ。
http://rocketnews24.com/2013/11/26/390899/

ネットでは評価が高いようで
「いいね!」
「なるほど、それでミカサとミサカが一緒にいるわけか」
「作品への愛があれば何でもできる!」
「超面白かった!! なんでこんなに短いの~?」
「面白かった!台湾の創作分野のポテンシャルは高いと感じたよ。次回作にも期待」
「ありがとう。やっぱり神作だったわ」
と結構良い感想が多かったです。




なので興味本位で見てみましたけど…。


なんで日本語がメインで字幕が中国語なんだ!?

台湾人がカタコトでセリフを話すためか、そっちの方が気になり、ストーリーに集中できませんでしたwwwwwいや、日本語を使ってくれるのは嬉しいよ!でも字幕でも大丈夫ですって!汗
あと、黒子の能力がうまく利用されていて、ミカサとミサカを出会わす流れに自然と持ってこれたのは良かったです。あと立体機動と巨人のクオリティは素人にしては素晴らしい出来だったと思います。

ちなみにソース元の記事によると、この映像制作グループは10月に設立されたばかりで、今作が第1作目だったようです!!1作目にしてはクオリティが高いな…。次作も楽しみです。




コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事