ぽんこつによる『世迷言日記』

WHITE ALBUM2 6話~冬馬が一歩リード!!春希作詞曲の登場で修羅場突入か!?~

2013/11/10 11:20 投稿

  • タグ:
  • WHITE_ALBUM2


WHITE ALBUM2 6話

今回は前回熱で倒れた冬馬を看病する春希といった二人のいちゃつきっぷりが描かれました(笑)冬馬も熱でダウンし、母親に必要とされなかったトラウマが蘇り悲しみに包まれていたためか、いつも以上に春希の言動が心に染みて、思わず自身の心境を告げてしまうところは良かったですね。ほんと、冬馬はデレると可愛いな~!!しかし、春希が作ったおかゆを文句を言いつつ平らげるところは可愛かったですが、春希のギターの練習場所に布団を持ってきて見続けるのはやり過ぎな気がしますがねwwwwでも可愛いから許す!←

二人がいちゃつく中、学校では文化祭での発表会のリハが行われ、独りぼっちとなった小木曽が歌えない心境に陥っていました。しかし翌日には春希のイケメン言動に小木曽を学校から連れ出し、そのまま改めて冬馬の家で練習をすることに…!!もう春希さんイケメンすぎますわ!!www小木曽を連れ出し、しかも大正コスプレをした状態の小木曽を連れ出したため、学校、電車内ではみんなの目線が釘付…!!そして小木曽はヒロインチックに春希の背中にしがみつく…!!
もうだれか壁もってこい!!!




しかしこんないちゃいちゃもずっと続くわけではなく、ついに冬馬宅で修羅場が起きます!!なんと春希・冬馬は小木曽と最後の練習をする前に新曲を用意し、しかもその曲の作詞が春希執筆で作曲が冬馬だったのです。しかも、とどめを刺すかのようにその曲のタイトルが『届かない想い』であり、春希が二人とこんなに仲良くなる前から書いていたもので、時系列的にはずっととなりの席であった冬馬のことを想いながら執筆したものだと考えれば、完全に小木曽が蚊帳の外なのです…!!それを皮肉にもボーカルの小木曽が歌うことになるとは。。
それでも小木曽は堪え、唇をかみしめながら笑顔で引き受けるところは辛かったですね。小木曽以外の二人は深い想いはそこまでないのですが、色々考えると意味深なタイトルなので、今後のこの曲のタイトルのような出来事が起きなければいいなと感じちゃいます(まあ、無理だけど…w)

次回は文化祭ですかね!?ついに3人による演奏が描かれるのでしょうか。すごく楽しみです…!!

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事